ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【滋賀】雨の日でも楽しめるおでかけスポット15選!デートや観光にもおすすめ♪

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【滋賀】雨の日でも楽しめるおでかけスポット15選!デートや観光にもおすすめ♪ 滋賀雨の日

京都や奈良からもアクセスが良く、パワースポット琵琶湖がある滋賀。

そんな滋賀の「雨の日でも楽しくおでかけできるおすすめ観光スポット」をご紹介!

デートにもおすすめです♪

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

キリンビール 滋賀工場

キリンビール 滋賀工場出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179632/photo/

キリンビールの工場見学ができます!ビール・発泡酒の製造工程(仕込~パッケージング工程)をブルワリーツアーガイドがご案内付き、見学後はゲストホールにて、できたてのビールの試飲ができます。また、ゲストホールにはノベルティ・酵母食品・グループ会社製品(小岩井乳製品)などの販売コーナーもあります。参加は無料、事前に予約が必要です。

\口コミ ピックアップ/

ビールを作る過程をガイドさん付きで見学することが出来ます。樽もとても大きく、実際ビールが作られているところを見るのはとても楽しいし、キリンさんのこだわりも伝わってきてファンになりました。

見学の後はジュースやビールが試飲出来ます。ビールはビールサーバーから入れて頂けて、本格的な生ビールでとても美味しいです。

勉強も出来て美味しい試飲も出来て、とても楽しい工場見学でした。

(行った時期:2016年8月) キリンビール 滋賀工場

住所/滋賀県犬上郡多賀町敏満寺1600

「キリンビール 滋賀工場」の詳細はこちら

ミシガンクルーズ(琵琶湖汽船)

ミシガンクルーズ(琵琶湖汽船)出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000181454/photo/

ミシガンクルーズのコースは3つ。昼間の雄大なびわ湖の景色と食事、陽気なクルーズイベントを楽しむ80分コース<ミシガン80>、昼さがりのびわ湖を気軽に楽しむ60分コース<ミシガン60>、美しい夕景・夜景のびわ湖と食事、陽気なクルーズイベントを楽しむ<ミシガンナイト>からお選びいただけます。

「におの浜観光港」、「柳が崎湖畔公園港」からもご乗船いただけますので、ぜひご利用下さい。

ミシガンが定期点検に入る期間(1/中旬~3月上旬の内、約半月程度)は、ビアンカ等が代船運航する場合がございます。また、1/16~2/21の期間中の火水はミシガン運休につき、高速船を運航します。詳しくは琵琶湖汽船予約センター(077-524-5000)までお問い合わせください。

\口コミ ピックアップ/

琵琶湖をクルーズできます。船で巡ると琵琶湖の広さが実感できますよ。船からの眺めはとても美しいですよ。

(行った時期:2017年9月)

琵琶湖をまた違った角度から見られて、眺めは最高です!食事もできますし、イベントも頻繁に開催されてるのでぜひ!

(行った時期:2017年5月) ミシガンクルーズ(琵琶湖汽船)

住所/滋賀県大津市浜大津5-1-1

「ミシガンクルーズ(琵琶湖汽船)」の詳細はこちら

琵琶湖博物館

琵琶湖博物館出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25206cc3290032726/photo/

「湖と人間」をテーマに数百万年にわたる琵琶湖の歴史や湖と人との関わりを、見て、触って、体験できる感動いっぱいの博物館です。日本最大級の淡水魚類展示もあります。

\口コミ ピックアップ/

魚たちがとても幻想的でとても美しかったです。 子供達も大喜びでした 。また家族で行きたいです。おすすめスポットです

(行った時期:2016年8月)

規模はそんなに大きくないので、小さな子ども連れでも気軽に連れて行くことができます。琵琶湖に生息する淡水魚が色々見れたり、子どもが遊べるスペースがあったり喜んでいました。

(行った時期:2017年1月) 琵琶湖博物館

住所/滋賀県草津市下物町1091

「琵琶湖博物館」の詳細はこちら

三井アウトレットパーク 滋賀竜王

三井アウトレットパーク 滋賀竜王出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178511/photo/

全店舗数が約240店入った三井アウトレットモール。京滋エリアでは初のアウトレット、規模的には近畿最大級の施設規模。高速道路竜王ICからのアクセスも良く、7000台の無料駐車場もある。

\口コミ ピックアップ/

アウトレットの中でもかなり広い方だと思います。沢山のお店が入っていて1日では回りきれないくらいです。フードコートや屋台などがあり食事には困りませんでした。

(行った時期:2015年9月)

沢山の専門店があって、食事をするところもいろいろあって、1日かけてゆっくりショッピングしたいです。駐車場も広くて余裕があります。

(行った時期:2017年10月) 三井アウトレットパーク 滋賀竜王

住所/滋賀県蒲生郡竜王町大字薬師字砂山1178-694

「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」の詳細はこちら

彦根城

彦根城出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25202af2120008909/photo/

国宝に指定された天守のうちの一つ。別名「金亀城」。白亜三層の天守は今もなお気高い雄姿を誇り、城内には国宝の天守のほか、天秤櫓や太鼓門櫓など重要文化財が現存し、桜、新緑、紅葉、雪景色など四季折々の情緒を感じさせる。井伊直政の子直継・直孝が慶長9年(1604)築城に着手、7ケ国12大名の手伝い普請で20年の歳月をかけて完成。以後、井伊氏歴代の居城となった。幸い取り壊しを免れたため、三層三重の天守をはじめ多くの遺構を今に残している。堀には琵琶湖の水を巧みに利用し、井伊家で舟遊びなどに使われていた。平山城。

2017年は、築城から410年を記念して「国宝・彦根城築城410年祭(H29.3.18~H29.12.10)」が彦根城を中心に開催中

\口コミ ピックアップ/

たまたま行った時間にひこにゃんとの御対面タイムがあって癒されました。

数メートルの距離はあるものの動き、姿に癒されて可愛かったね~と子供たちも喜んでいました。

映画のロケにも使われることがあると聞いたので、いつか遭遇してみたいです♪

また遊びに行きたいです。

(行った時期:2017年5月)

国宝彦根城だけあって、歴史を感じることができるお城です。姫路城のように大きくはありませんが、小高い山からの見晴らしは最高。訪ねた日はあいにくの雨でしたが、晴れていたら琵琶湖の対岸までも臨むことができるでしょう。

(行った時期:2017年10月) 彦根城

住所/滋賀県彦根市金亀町1-1

「彦根城」の詳細はこちら

MIHO MUSEUM

MIHO MUSEUM出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25367cc3300151705/photo/

I.M.Pei 設計の美術館。古代エジプト,ギリシャ・ローマ,アジア等世界の優品と日本美術の優品を展示

\口コミ ピックアップ/

不便な場所にあるが着いたらその疲れも吹っ飛びそうなところ。展示も満足できるしその風景にお金を払ってもいいくらい。

(行った時期:2017年6月)

なかなか行けなかったのですが、やっと!想像以上の素晴らしさ。建物もお庭も展示も、すべて堪能しました。遠いけど、是非また違う季節に訪れたいです。

(行った時期:2016年10月) MIHO MUSEUM

住所/滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300

「MIHO MUSEUM」の詳細はこちら

安土城考古博物館

安土城考古博物館出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25381cc3290032828/photo/

\口コミ ピックアップ/

古墳時代の近江の企画展に行きました。滋賀県各地の古墳の出土物や発掘調査が紹介されています。ゆったりと見学でき、安土城をはじめ滋賀県の城の解説展示もあり見ごたえがあります。

(行った時期:2016年8月28日)

まず、建物がとてもいい雰囲気です。中庭みたいなのがあって出土物の取扱いなんかの説明がしてある回廊があり、実際に働いてる人を見ることができます。

展示も三部屋ほどあり、どれも見応えがありました。

(行った時期:2016年8月) 安土城考古博物館

住所/滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6678

「安土城考古博物館」の詳細はこちら

道の駅 あいとうマーガレットステーション

道の駅 あいとうマーガレットステーション出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25421cc3360048928/photo/

「道の駅」としてつくられた施設で、ドライブの休憩スポット、地域の情報発信基地として大勢の来訪者で賑わっている。田園生活館はドライフラワーやハーブ関連の小物、リラクゼーショングッズも多数販売している。また、地元の農産物を使った料理が楽しめるレストランもある。

休日には行列が出来るフルーツ&ハーブ工房のイタリアンジェラートは、地元の新鮮生乳をベースに野菜、果実を100%使った味が自慢。花摘み、イチゴ狩り、フリーマーケットやコンテストなど四季折々のさまざまなイベントも行われている。

\口コミ ピックアップ/

朝行けば沢山の野菜もあり、お弁当も結構あります。行くと必ず食べるのはジェラートです。フルーツ系はフルーツそのもの感がありとっても美味しいです。

(行った時期:2016年3月)

滋賀県に訪れる度に利用しています。お洒落な雑貨屋や花屋さんのようなので、女性が喜ぶ道の駅だと思います。レストランも近江牛のメニューがあり、美味しいです。時期によっては、畑で季節の花を摘んで花束にできるので、お花好きの人には喜ばれるスポットだと思います。

(行った時期:2014年3月22日) 道の駅 あいとうマーガレットステーション

住所/滋賀県東近江市妹町184-1

「道の駅 あいとうマーガレットステーション」の詳細はこちら

滋賀農業公園ブルーメの丘

滋賀農業公園ブルーメの丘出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25383ah3330044431/photo/

農業と観光そしてドイツ・バイエルン地方の文化を融合させた観光施設。

\口コミ ピックアップ/

家族3世代で行きました。

セグウェイ体験や巨大迷路など小さい子供からシニアまで楽しめました。

食事もおいしかったです。

カップル、友人とでも楽しめる場所だと思いました。

また行きます。

(行った時期:2016年10月9日) 滋賀農業公園ブルーメの丘

住所/滋賀県蒲生郡日野町西大路864-5

「滋賀農業公園ブルーメの丘」の詳細はこちら

長浜城歴史博物館

長浜城歴史博物館出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25203cc3290033111/photo/

昭和58年に復元された白壁の長浜城の内部が、歴史博物館として公開されている。湖北、長浜の歴史と文化を展示し、曳山まつりなどを、ビデオで再現している。5階のパノラマ展望台からの眺めは、琵琶湖と市内が一望できてすばらしい。

\口コミ ピックアップ/

豊公園の中にある歴史博物館になっているお城です。天守閣に登ると琵琶湖が臨めます。歴史資料館と言うだけあって資料はたくさん展示されています。

(行った時期:2016年10月2日)

長浜城歴史博物館では天下統一を果たした秀吉の出世城といわれる長浜城の歴史や展示内容、刊行物、入館案内等を紹介しています。

(行った時期:2016年5月) 長浜城歴史博物館

住所/滋賀県長浜市公園町10-10

「長浜城歴史博物館」の詳細はこちら

滋賀県立近代美術館

滋賀県立近代美術館出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25201cc3300034097/photo/

国内外美術品(主に郷土美術、近代日本画、米・日現代美術)を収集・保管し、常設展示室において、展示替えを行いながら収蔵作品を紹介。特に郷土出身の女流画家・小倉遊亀の作品はコーナーを設けて展示しています。様々な企画展やイベントが開催され、レファランスルームでは美術館系図書やビデオを自由に閲覧することができます。

\口コミ ピックアップ/

「これもあるの」「あれもあるの」と有名な作品も所蔵されており見応え十分です!

今回はあまり時間を取れませんでしたが、お好きな方には多くの滞在時間が必要かも。

(行った時期:2016年9月)

こんなに静かで充実して、大きな文化スペースがあるのはとてもうらやましいです。駐車しながら回ったところ、桜も紅葉も美しそうです。静かにウォーキングするかたがあったり、勉強している方があったり、良い雰囲気でした。広い図書館も感動で、検索機能も便利でした。美術品も入れ替えがありそうで、近隣の方がとてもうらやましいです。

(行った時期:2014年8月) 滋賀県立近代美術館

住所/滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1(文化ゾーン内)

「滋賀県立近代美術館」の詳細はこちら

佐川美術館

佐川美術館出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25207cc3300033839/photo/

日本画の平山郁夫氏と現代彫刻の佐藤忠良氏、陶芸の樂吉左衛門氏らの作品を中心に集めた美術館。 水に浮かぶ美術館として称される。外観も一見の価値あり。

\口コミ ピックアップ/

とてもきれいな現代美術館です。何度か伺いましたが、いつ行っても異空間というか、新鮮な気分になります。また行きたいです。

(行った時期:2017年9月) 佐川美術館

住所/滋賀県守山市水保町北川2891

「佐川美術館」の詳細はこちら

おごと温泉

おごと温泉出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25201cd2110077260/photo/

伝教大師・最澄により開湯されたと伝えられている湖国随一の温泉郷。琵琶湖の大観を一望し、近江富士と呼ばれる対岸の三上山が美しく眺められ、素晴らしい眺望と多彩な味覚にあふれた湖畔の保養地として四季を通して多くの人々に親しまれています。また冬は名物の鴨すきの賞味が格別です。

\口コミ ピックアップ/

琵琶湖に面して何軒物もの旅館が立ち並んでいます。湖だといわれなかったら、海の目の前といった感じです。琵琶湖随一の温泉街です。

(行った時期:2015年6月)

阪神間から高速で1時間程度で行ける身近な温泉だと思います。四季ごとに温泉に浸かり、お祭りも多いので立地条件としても使い勝手の良い温泉ですね。

(行った時期:2016年7月) おごと温泉

住所/滋賀県大津市雄琴1丁目

「おごと温泉」の詳細はこちら

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25201cb3542097718/photo/

大津市びわ湖湖畔の温浴施設。天然源泉の露天風呂やつぼ湯、全国でも珍しいサウナでのロウリュサービスなどのほか、マッサージチェアなどが追加料金なしで楽しめます。

館内には和食そば処・フレンチダイニングバー・イタリア料理・焼肉割烹の計4店舗のレストラン、カットサロンやリラクゼーションなどの専門店、カラオケコーナーなど充実の施設をご用意。

ゆっくりお風呂に浸かった後には、当館自慢のびわ湖が一望できるリクライニングチェアーで一休みもでき、1万冊以上のライブラリーコーナーやインターネットコーナーで趣味の時間に没頭することもできます。

敷地内には宿泊施設やフットサルコーナー、バーベキューコーナー(春季から夏季のみ)もありさまざまな楽しみ方ができます。

\口コミ ピックアップ/

滋賀県の雄琴にある温泉施設が、スパリゾート雄琴あがりゃんせで、館内には大浴場をはじめ、露天風呂やロウリュサウナ、寝ころび湯などたくさんの温泉もあり、びわ湖を眺めながらくつろげる休憩室もレストランもあり、一日中ゆっくり出来る温泉ですね!

(行った時期:2016年9月)

昼前に館内に入ったら夜までいます。

お風呂の充実。珍しいのですが、男風呂がとても良いです。釣り船や釣り人から丸見えですが、琵琶湖を望む素晴らしいお風呂です

館内は色んなジャンルのレストランがあり、館内着で食事できるためお気楽です。味はどのレストランも本格的で美味しいです。イタリアンが美味です。安くてハーフバイキングですけど、ピザも何種類も食べ放題でついつい食べすぎます。

お腹がいっぱいになったら漫画本が半端なくあるので、読みふけます。読む所も琵琶湖一望のリクライニングで癒されます

(行った時期:2017年2月) スパリゾート雄琴 あがりゃんせ

住所/滋賀県大津市苗鹿3丁目9-5

「スパリゾート雄琴 あがりゃんせ」の詳細はこちら

道の駅 藤樹の里あどがわ

道の駅 藤樹の里あどがわ出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25212cc3362024921/photo/

県内最大面積・高島市の観光案内と特産品販売を中心に、地場産業の扇子づくりの体験づくりの体験工房なども備えて、多くの観光客の方にお楽しみいただける施設として営業しています。

\口コミ ピックアップ/

針江の生水を見学したあと、帰りに立ち寄りました。お土産もたくさんあるし、レストランもあってよかったですが、わたしの目を引いたのは、高島扇骨の展示です。歴史がよくわかりおもしろかったです。

(行った時期:2016年6月)

物販のコーナーはとても広く、野菜・惣菜・菓子・手作り工芸品など、クオリティーの高い商品がたくさん販売されていました。アドベリーという果実の加工品に力を入れているみたいです。道の駅の中にあるレストラン「うおさい」を利用したのですが、味・ボリューム・コストパフォーマンス等とても良かったです。ソフトクリームを食べている方も多かったです。

(行った時期:2015年5月) 道の駅 藤樹の里あどがわ

住所/滋賀県高島市安曇川町青柳1162-1

「道の駅 藤樹の里あどがわ」の詳細はこちら

※この記事は2017年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

全国の「観光列車」最新情報!2017年デビューの注目株6選をチェック!
ハマった看板3000!マニア塩谷朋之が選んだ、旅してハメたい『全国ご当地顔ハメ』40選・東西対決
海×夕日絶景にご当地ランチ!掛川・御前崎のおすすめスポット【静岡】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。