ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

交通違反取り締まりでサインしないとどうなる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

身に覚えがないのに取り締まりで交通違反キップを切られたとき、どのように対処するのが正しいでしょう。まず納得がいかないときはサイン拒否することは可能。その後は裁判所などで身の潔白を主張していくことになります。交通違反取り締まりでサイン拒否したときの流れを見ていきましょう。

交通違反に不服なら潔白を主張

納得の行かない交通違反取り締まりで違反キップを切られたとき、どうすればよいのでしょう。警察から「サインしないと裁判で面倒なことになるよ」とパトカー内などでいわれたら、とりあえずサインをしてしまう人がほとんどでしょう。

サインをしない場合、交通違反が青キップなのか赤キップなのかでその後の流れが異なります。否認すれば不起訴率が高いといわれる青キップの場合、キップに署名をすると当然、違反を認めたこと同じこと。そのまま反則金の仮納付書を渡されます。

ここで交通違反の取り締まりに不服ならサインを拒否することは可能です。この場合は、交通裁判所にて潔白を主張して行くことになります。

交通違反取り締まりでサイン拒否

一方の赤キップの場合も、不服ならサインを拒否することは可能です。後日、検察庁へ出頭要請が来るので出頭します。ここで略式裁判に応じるようにいわれても、正式裁判に持ち込む意志を伝えることが大切です。

するとそのまま帰され、後日の呼び出しを示唆されるといわれています。その後、半年以上出頭要請が来なければ不起訴の可能性もあるのです。

要するに、交通違反取り締まりのサインは違反を認めたことを意味します。納得がいかないなら拒否してもよいのです。もちろん、交通違反をしたと認識したときは、素直に取り締まりに従いましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP