ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雨の日もアクティブにおでかけ!今回は東京エリアの雨の日でも楽しめるおすすめスポット20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の最先端が集まるビックシティ東京!行きたい所たくさんで、どこに行こうか迷っちゃう人も多いはず!

今回はカップルから家族連れまで「ココに行けば雨の日でも楽しめる東京のおすすめスポット!」20選をご紹介します!

雨の日でもアクティブに!有名どころを押さえてバッチリ東京を楽しもう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

キッザニア東京

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178057/photo/

キッザニアは楽しみながら社会のしくみが学べる「こどもが主役の街」です。全天候型の施設で入場制限を行っていますので、安心してご来場いただけます。銀行、警察署など約60のパビリオンがあり、消防車や救急車も走っています。ユニフォームを着たら、いよいよ仕事体験のはじまり!

\口コミ ピックアップ/

子供にとっては最高の場所でしょう!

混み合うことが多いですが、いい思い出になること間違いなしですよ。

(行った時期:2015年9月)

とにかくすごい!

わが子が焼いてくれたPIZZAをその場でいただける

うまいでしょ そりゃ!

他のもこどもたちがワクワクするものばかり

こどもの自主性を考えている所なので大人は成長していくわが子を見守りましょう!

ホント楽しいところでした

(行った時期:2009年9月21日) キッザニア東京

住所/東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲NORTH PORT3F

「キッザニア東京」の詳細はこちら

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13204cc3302011245/photo/

三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)は、日本初のアニメーション美術館として、徳間書店スタジオジブリ事業部(当時)と三鷹市の美術館構想の一致によって平成13(2001)年にオープンした。企画原案は世界的なアニメーション監督である宮崎駿氏。建物自体が1本の映画のようでありたいと考えられており、館内は重層的で迷路のような建物になっている。

外観は曲線で構成され、外壁は赤や黄などカラフルな土塀の個性的な建物ながら、時間の経過とともに井の頭公園の松林となじんできた。「迷子になろうよ、いっしょに。」のキャッチコピーのとおり、来館者は館内を好きな順番で迷子になりながら見学できるようになっている。

展示内容は「映画の生まれる場所」と呼ばれるアニメーションスタジオ風の展示室や、子どもたちが乗れる「ネコバス」まで多岐にわたる。見るだけでなく、体験する展示であることが、子どものみならず大人の来館者の心もつかんでいる。

映像展示室「土星座」では美術館のオリジナル短編映画を上映しており、作品は時期により入れ替わる。外国人の入場者も多く、ジブリ人気の高さをうかがわせる。展示室のほかにも、入口天井に描かれた美しいフレスコ画やジブリ作品が描かれたステンドグラス、意外なところに出られる通路など、施設全体に発見がちりばめられている。まさに大人も子どもも迷子になるのが楽しい美術館である。

\口コミ ピックアップ/

子供はもちろんですが、大人も童心に帰ってたのしむことが出来ます。フードもさながらラベルがジブリデザインの風の谷ビールがなんといっても一押しです。ビンはお土産に持ち帰ることもできます。

(行った時期:2014年3月23日)

ジブリがすきなので、2度目の訪問。

チケットは事前に予約しておきました。2度目でしたが、最新映画の情報が増えていたり、ミニシアターの作品も前回と違ったので、充分楽しめました!

(行った時期:2013年11月) 三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

住所/東京都三鷹市下連雀1-1-83

「三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)」の詳細はこちら

羽田空港(東京国際空港)

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13111ae2190023048/photo/

平成5年(1993年)9月に新ターミナル・ビッグバードが誕生した羽田空港。平成16年(2004年)12月には東旅客ターミナルビルオープン。平成22年(2010年)10月21日、再国際化に伴い新国際線ターミナルが開業した。

\口コミ ピックアップ/

空港内にはお土産屋さんからレストラン、カフェまで、たくさんのお店が揃っています。

旅行の前にはくつろげるのでよく利用します。

お土産は羽田限定の商品もたくさんあります。

(行った時期:2016年10月)

国際空港としても非常に便利になりましたが、風情のある日本的なおみやげを買えるお店が多いので、遊びに行くだけでも楽しいですし、都心に近いのでお見送りに行きつつ、そのまま自分も楽しめると思います。

(行った時期:2015年3月) 羽田空港(東京国際空港)

住所/東京都大田区羽田空港3-3-2

「羽田空港(東京国際空港)」の詳細はこちら

東京タワー大展望台

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13103ad3350046722/photo/

地上150mの大展望台・250mの特別展望台からは、晴天の日には遠く富士山・三浦半島・房総半島まで一望できる。

\口コミ ピックアップ/

いろいろな名所はあるが、やっぱり東京タワーと思う。今回夜に訪れてがタワーのライトアップと都内の夜景。よかった

(行った時期:2013年5月)

スカイツリーができた後でも何度でも行けるスポット。夜はカフェがお洒落なバーになったりと本当に素敵で何度も行ってしまいます。

(行った時期:2014年4月10日) 東京タワー大展望台

住所/東京都港区芝公園4-2-8

「東京タワー大展望台」の詳細はこちら

国立科学博物館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13106cc3290032252/photo/

日本で唯一の総合科学博物館。館内には「日本館」と「地球館」の2つの常設展示場があり、「日本館」では、フタバスズキリュウの実物化石標本や忠犬ハチ公で有名なハチ公の剥製標本や南極観測犬のジロの剥製標本が展示されています。「地球館」では、世界で最も保存が良いと言われているトリケラトプスの実物化石標本や大型の哺乳類や鳥類のはく製が数多く展示されています。

また、体験コーナーもあり大人も子どもも楽しむことができます。さらに、迫力の全球型シアター36○なども備え、独特の浮遊感を味わうことの出来る施設もあります。

\口コミ ピックアップ/

いつきてもワクワクします。古代から未来までを一気に学ぶことが出来るから素晴らしい。コーナーごとに丁寧に見学すると、そこの知識が深まりおもしろくなっていきます。昔は彼女や子供を連れて来ましたが今は一人が自由なので良い休日の友見たいです。

(行った時期:2016年10月9日)

いろんな企画展が開催されています。それもおすすめですが、常設の展示もかなり見応えあります!時間に余裕をもって行かれることをおすすめします◎

(行った時期:2016年10月) 国立科学博物館

住所/東京都台東区上野公園7-20

「国立科学博物館」の詳細はこちら

NHKスタジオパーク

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13113cc3340044912/photo/

NHKスタジオパークは、懐かしの番組映像から最新の放送技術までNHKの多彩な放送にふれることができる体験型テーマパークです。ドラマの舞台裏や公開生放送番組見学のほか、アニメアフレコ体験やニュース番組作りの体験、どーもくんたちとの出会いなど、放送局ならではの魅力がいっぱいです。テレビの世界を探検してみませんか?

\口コミ ピックアップ/

テレビ番組の制作過程の一部を体験できたり、今放映されているテレビ番組の情報を見ることができたり、大人も子供も楽しめる施設。

(行った時期:2016年10月)

人気のアニメキャラやアフレコそして、スタジオ見学などが出来ます。子供はここでよろこんでアニメのアフレコを楽しんでいました。親子連れにオススメです。

(行った時期:2015年8月) NHKスタジオパーク

住所/東京都渋谷区神南2-2-1

「NHKスタジオパーク」の詳細はこちら

東京都葛西臨海水族園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13123cc3320040660/photo/

世界初のマグロ群泳、世界の海の魚類など。

\口コミ ピックアップ/

入場料が割と安く、多くの人が訪れます。

たくさんの海の生き物が展示されていて、マグロの水槽が見事で感動しました。

可愛いペンギンもおすすめです。

(行った時期:2016年8月)

まぐろの群れにはすごく迫力があってびっくりしてしまいました。またペンギンも可愛かったですね。またいきます。

(行った時期:2016年4月) 東京都葛西臨海水族園

住所/東京都江戸川区臨海町6-2-3

「東京都葛西臨海水族園」の詳細はこちら

東京ソラマチ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179699/photo/

2012年5月、新しい下町のにぎわいを感じさせるバラエティ豊かな312店舗が集う商業施設が誕生。東京スカイツリータウン内に位置し、東京スカイツリーとともに都心と東武沿線、日本と世界とを結ぶゲートシティを目指します。

\口コミ ピックアップ/

スカイツリーを見上げながら、おしゃれなショッピング街で買い物ができます。もちろん、レストラン街もあり、スカイツリーにちなんだメニューも多数用意されていてとても楽しいです。

(行った時期:2016年7月)

食品サンプルや飴細工、お手軽日本のお土産など楽しいお店が多くあり、時間が足りないくらいでした。

特にジャパンスーベニアのフロアが楽しかったです。

30階にはライトアップされたスカイツリーがよく見えるスポットがあります。

(行った時期:2014年5月) 東京ソラマチ

住所/東京都墨田区押上一丁目1番2号

「東京ソラマチ」の詳細はこちら

サンシャイン水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13116cc3320040636/photo/

「サンシャイン水族館」は“天空のオアシス”をコンセプトに掲げています。こどもから大人まで年齢を問わない水族館の魅力である、多種多様な生き物の生命の営みを見せること、アミューズメント機能としてのエンタテインメント性などは維持しつつ、全く新しい非日常空間として「癒し」「安らぎ」「くつろぎ」、そして「ココロ動かす、発見」を提供する、 “大人にも満足していただける”水族館です。

\口コミ ピックアップ/

池袋のサンシャインビルの中にある都会の水族館です。

アシカのショーなどが楽しめます。

水族館を楽しんだ後はサンシャインシティで食事や買い物ができおすすめです。

(行った時期:2016年8月)

サンシャインのなんといってもビルの屋上にある水族館です。

池袋から少しありますが、都会で手頃な値段で楽しめる施設です。

定期的に展示を変えたりと、色々面白いレイアウトの水槽があり、面白いです。

平日午後に伺いましたが、親子連れ等々でそこそこ混んでました。

(行った時期:2012年3月) サンシャイン水族館

住所/東京都豊島区東池袋3-1-3

「サンシャイン水族館」の詳細はこちら

サンリオピューロランド

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13224cc3540060089/photo/

ハローキティをはじめ、マイメロディやポムポムプリン、ぼんぼりぼんなど子供から大人まで大人気のサンリオキャラクターたちと触れ合える全天候型屋内テーマパーク。たくさんのキャラクターたちが登場するパレードやアトラクション、キャラクターと遊べるキャラゲーなどサンリオの世界観をたっぷり味わえます。

\口コミ ピックアップ/

小さな子ども向けかと思いきや、サンリオ好きで育った大人の女性も楽しめるテーマパークです。可愛いキャラクターにテンション上がります!

(行った時期:2016年7月)

屋内型の施設なので雨の日でも一日遊ぶことが出来るので雨の日や寒い日にお勧めです。5歳の男児が行っても少しは楽しめたようです。

(行った時期:2016年6月) サンリオピューロランド

住所/東京都多摩市落合1-31

「サンリオピューロランド」の詳細はこちら

六本木ヒルズ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000176801/photo/

東京の新名所。発案より17年、民間主導の再開発事業として国内最大規模を誇る新しい街が2003年4月に誕生。ランドマークとなる「六本木ヒルズ森タワー」を中心にホテル、映画館や商業施設、美術館、展望台などが集結。多くの店舗がここにしかないオンリーワンを掲げており、密やかな贅沢を手にできる。

ここにしかないスペシャリティが集結

\口コミ ピックアップ/

どこの店舗も並んでるだけでおしゃれ感があります。夏はイベントが多くて遊んで楽しめ、冬にはイルミネーションが素敵な場所になります。

(行った時期:2016年8月)

大きなショッピングモールがあります。高級な食材や美術館などあり、とにかく床からすべてピカピカです。カップル、デートにもオススメします。

(行った時期:2016年8月) 六本木ヒルズ

住所/東京都港区六本木6

「六本木ヒルズ」の詳細はこちら

アクアパーク品川

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178229/photo/

ドルフィンパフォーマンス、ふれあいプラン(有料)、ミニパフォーマンス、フィーディングタイムなど見どころ盛りだくさん!

開業から10年。品川のエキマエ水族館が、生まれ変わりました。音と光と生きものたちがコラボした、かつてないエンターテイメントが集う場所。その名も、アクアパーク品川。2015年7月10日グランドオープン!(品川駅からたったの徒歩2分)

\口コミ ピックアップ/

大型連休に行ったので、オープン前から行列で驚きました!!

中には色んな海の生き物たちがいます。

一番はイルカショー!すごく良かったです!

是非見てください

(行った時期:2011年11月) アクアパーク品川

住所/東京都港区高輪4-10-30

「アクアパーク品川」の詳細はこちら

東京都庁舎展望室

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13104aj2200025349/photo/

平成3年4月に有楽町から新宿に移転した東京都新都庁は,売り物の展望室を中心に人気を呼んでいる。

\口コミ ピックアップ/

都庁の上にある展望室で、無料で楽しめる施設です。

無料ですが景色は、とてもきれいでデートにもおすすめです。

(行った時期:2016年8月)

ネットなどの口コミをみて訪れたのですが、かなり人気だったようで、すごく並んでおり、やっと上に着いた時にはこんなにすごい夜景なのかと本当にびっくりでした!都会ならではの、すごすぎる夜景でした。

(行った時期:2014年10月) 東京都庁舎展望室

住所/東京都新宿区西新宿2-8-1

「東京都庁舎展望室」の詳細はこちら

ダイバーシティ東京 プラザ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179689/photo/

「ダイバーシティ東京 プラザ」は、「劇場型都市空間」をコンセプトに、遊び、学び、くつろぎ、そして驚きや感動を体感いただけるような「東京の新名所」を目指します。

\口コミ ピックアップ/

ガンダム好きではないけれど、迫力とプロジェクションマッピングには釘付けになりました。

2歳の息子もずっとみていられました。

(行った時期:2016年5月)

ファッションのお店や飲食店がたくさんあり、買い物が楽しめます。周辺には観光スポットがたくさんあるので、疲れたときに飲食店で休憩するのもよいと思います。

(行った時期:2015年5月) ダイバーシティ東京 プラザ

住所/東京都江東区青海1-1-10

「ダイバーシティ東京 プラザ」の詳細はこちら

東京スカイツリー

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13107ad3352086481/photo/

日本古来の技と最新技術に支えられた、新しい街のシンボル・東京スカイツリー。人々をやさしく見守ります。東京スカイツリーは、空に向かって伸びる大きな木をイメージしています。シルエットは、伝統的日本建築などにみられる「そり」や「むくり」を意識し、大きな木の下に、人々が集い、心を寄せ合う様子を表しています。

\口コミ ピックアップ/

夜景がとっても綺麗です!

雰囲気があって、カップルでのまったりデートにほんとオススメだと思います。

(行った時期:2016年9月)

さすが東京という感じで、たくさんのエレベーター、ひろーい展望台。それでも混み混みですけどね。透明の床があって、スリリングです。

(行った時期:2014年9月) 東京スカイツリー

住所/東京都墨田区押上2-1-1

「東京スカイツリー」の詳細はこちら

アクアシティお台場

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000151422/photo/

リゾート気分でゆったり優雅にお買い物

地中海の街並をイメージしたパステルカラーの外観がひときわ目立つ、フジテレビ正面に立つショッピングモール。ファッション、コスメ、アクセサリー、雑貨、インテリア等、約120店舗が集まっている。特に約50店舗あるレストランが充実。なかには深夜営業の店もあるので、お台場の夜をゆっくり満喫したい。

\口コミ ピックアップ/

好きなショップがたくさんあるのでよく行きます。

1日いても飽きないし、チビ連れでも安心していける場所です。

(行った時期:2016年9月)

周りにもたくさん楽しめる場所があり、アクアシティはとても良い場所にあると思います。アクセサリーや雑貨屋さん、洋服屋さん、ディズニーストア、映画館など盛りだくさんです。デックスとも橋でつながっており、1日中楽しめると思います。

(行った時期:2016年6月) アクアシティお台場

住所/東京都港区台場1-7-1

「アクアシティお台場」の詳細はこちら

しながわ水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13109cc3320040653/photo/

魚種450種・10,000点・イルカ・アシカ等。イルカショー・アシカショーあり。(平日4回・第2・4土曜日と休日は5回)

しながわ水族館は平成3年10月、東京都品川区の区民公園の一角に、区民の強い 要望により“海や川とのふれあい”をテーマにオープンした。

・平成4年4月には、オープンしてからわずか6ヶ月余りで入館者100万人を突破した。・2006年夏に「あざらし館」がオープンした。

・水族館前の「レストラン ドルフィン」でご当地メニュー、アナゴ天、しゃこ天、あさりの乗った「品川丼」が食べられる。

ホームページ:http://www.aquarium.gr.jp/

\口コミ ピックアップ/

地方の大きな水族館とは違い、コンパクトで料金もお手頃ながら、水槽のトンネルなど工夫がたくさん! イルカショーもよかったです。

(行った時期:2016年8月)

品川に出たら、とりあえずデートスポットとしていくべきでしょう。まだまだ新しい施設なので、きれいですし、ショーあり、ライティングあり、で大満足できます。ビルがいくつか並ぶので、ちょっと迷いやすいですが、ちょっとしたショッピングや食事も楽しめます。

(行った時期:2015年9月17日) しながわ水族館

住所/東京都品川区勝島3-2-1(しながわ区民公園内)

「しながわ水族館」の詳細はこちら

日本科学未来館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000173973/photo/

最先端の科学技術を、たったの500円で体験できる施設がここ。宇宙飛行士の毛利衛さんが館長というだけあり、展示スペースでは地球環境やロボット・情報科学などの最新技術に触れられたり、シンボル展示の「GeoーCosmos」など、インタラクティブに操作できる展示も多く、注目のスポットだ。

最新の科学を詰め込んだお台場の新名所で学ぼう

\口コミ ピックアップ/

色々な科学が遊びながら体験できる施設です。プラネタリウムもあります。 休日の体験ブースは待ち時間がありますがかなり楽しめます。

(行った時期:2016年6月)

日本科学未来館は、最先端の科学技術を体験できる施設です。宇宙飛行士の毛利衛さんが館長というだけあり、展示スペースでは地球環境やロボット・情報科学などいろいろ楽しめます。プラネタリウムもありますよ。

(行った時期:2015年9月) 日本科学未来館

住所/東京都江東区青海2-41

「日本科学未来館」の詳細はこちら

東京お台場 大江戸温泉物語

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000174153/photo/

日帰り天然温泉、地下1400mより湧く天然温泉テーマパーク。9種類のオリジナル浴衣からお好きな柄が選べます。浴衣を着て江戸時代を体験しよう。江戸の下町の賑わいを再現した「広小路」や江戸前の味を楽しめる「八百八町」、エステ・リラクゼーション・あかすりなど至福の時間で癒し指数200%「美楽園」。

\口コミ ピックアップ/

いろいろなお風呂があり、楽しいです。浴衣を貸してくれるので、浴衣で館内をウロウロしたり、外で足湯に入ったりしていると、まるで旅行に来た気分になれます。

(行った時期:2016年10月)

東京都心での温泉施設はあまり数多くないためよくリピートします。館内で浴衣を着たり昭和時代にタイムスリップしたような居心地のいい空間です。

(行った時期:2016年10月) 東京お台場 大江戸温泉物語

住所/東京都江東区青海2丁目6番3号

「東京お台場 大江戸温泉物語」の詳細はこちら

渋谷ヒカリエ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179696/photo/

渋谷から世界を照らす“Shibuya Hikarie”誕生。地上34階、地下4階の高層複合施設で、鉄道8路線が乗り入れる日本有数のターミナルである渋谷駅東口に位置。都内初のプラネタリウムや画期的な大劇場「パンテオン」をはじめとした複数の映画館なども構成されている。

\口コミ ピックアップ/

素敵なショップやレストランが沢山入っているので、1日ゆっくり楽しめると思います。デパ地下も充実しているのでおすすめです。

(行った時期:2015年11月)

渋谷駅直結でとても便利!地下の食品フロアが充実しています。パン屋さんだとロブションが入っていたり、ケーキ屋さんだとサダハルアオキが入っていたりと、心が躍ります。

(行った時期:2016年2月5日) 渋谷ヒカリエ

住所/東京都渋谷区渋谷2-21-1

「渋谷ヒカリエ」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

二人の思い出作りに箱根を満喫しよう!11月のデートは箱根でいかが?おすすめ観光スポット20選!
11月に札幌でデートするならここがおすすめ!ご当地グルメや動物園などおすすめの観光スポット20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP