ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6年ぶりに帰ってきた大黒摩季、ライブ終了後酸欠で倒れこむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ただの女として6年間生きてきた分、女性が普通に抱える悲しみがわかってきて、今まで鳴らなかった音が鳴るようになりました」

 大黒摩季(46才)が10月16日、約6年ぶりとなる単独ライブのステージに立った。

 出身地である北海道・札幌のニトリ文化ホールに詰めかけた約2300人のファンは、オープニングナンバーの『いちばん近くにいてね』から総立ち。往年の力強くハスキーなハイトーンボイスで会場のボルテージを上げたかと思うと、優しく女性らしい雰囲気でしっとりと歌い上げる新境地も見せて魅了した。

 2010年8月にアーティスト活動の無期限休止を発表。理由は、重度の子宮疾患と不妊治療だった。

 1996年に発覚した子宮疾患は、「子宮腺筋症」「左卵巣嚢腫」「子宮内膜症」「子宮筋腫」の4つを併発。約5年にわたってホルモン治療に取り組み、2度の手術を経験した。昨年1月、ファンクラブ向けのブログでは、アメリカで受けたホルモン治療に触れ、《強いホルモン剤に体が負け自分自身の限界を知らされるばかりとなり、幾度となく経験したことの無い様な絶望の縁に立たされました》と告白していた。

 休止期間中、大黒は自身の病との闘いや不妊治療だけでなく、母親の介護も休みなく続けてきた。だからこそ、「女性が抱える悲しみ」が身に染みた。

 同世代の女性たちは、普段の仕事や家事だけでなく、出産から子育て、親の介護、身体的な変化なども重なる大変な時期に、悩み、もがいている。だから大黒は、ライブで観客に「ストレスは全部ステージに投げ込んで、最後はニッコニコで帰します」と語りかけ、忙しいなかでライブに足を運んでくれた同世代のファンたちに感謝の言葉を口にした。

『ら・ら・ら』『熱くなれ』『あなただけ見つめてる』『夏が来る』などの大ヒットシングルや新曲『Higher↑↑ Higher↑↑』含めた全28曲をパワフルに熱唱。10月20日に初回放送を迎えたドラマ『科捜研の女』(主演・沢口靖子、テレビ朝日系)の主題歌に書き下ろした新曲『My Will~世界は変えられなくても~』も初披露した。

 また、ライブ後半には、「地方にいるお母さんにとっては、家を空けるのが大ごと」だから、自分からファンの近くまで会いに行きたいと、自身初となる全国47都道府県を回るツアーを発表。来年2月末の埼玉を皮切りに、“応援ソングの女王”が日本中を盛り上げに回る。

「2回もお腹を切って、(歌えなくなる)覚悟はしていたし、歌えるだけで御の字。まずは私を愛してくださっている日本中の皆さまのもとに出向いて、ご挨拶したいんです」

 3時間を超える熱唱後、大黒は楽屋で酸欠のために倒れ込んだ。「歌い手としてもらった命」を燃やして、新生・大黒は、再び走り始めた。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
大黒摩季、46才の不妊治療 受精卵凍結してチャンスに備える
子宮内膜症 痛みがある場合は年齢を重ねるほど症状重くなる
性交渉で感染するHPV原因の子宮頸がん 年間15000人発症

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。