ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真田丸 三谷幸喜氏が「伏線の回収」し忘れた4つの案件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 三谷幸喜脚本の巧みな伏線回収が冴え渡るNHK大河ドラマ『真田丸』だが、中には、「?」な展開も。業界屈指の遅筆で知られる三谷氏が焦って回収し忘れた(のかもしれない)話を探した。

●お通はなぜ出てきたの!?

 第38話で登場した、謎の才女・お通(八木亜希子)。九度山に流された信繁(幸村。堺雅人)を助けたい信之(大泉洋)が、“家康に赦免を願うには、まず高台院(鈴木京香)にお目通しが必要。高台院と近しいらしいお通に接触だ!”との前フリで会いに行く。ところが、高台院との接触交渉もろくにないまま、第41話で幸村は無事、九度山を脱出してしまう。結局、お通は何だったの?

●「三成の耳打ち」への疑問

 家康暗殺に失敗した石田三成(山本耕史)が加藤清正(新井浩文)にした耳打ち(第34話)も“煮え切らなかった”との声多数。清正が驚きの表情を浮かべたその内容は4週も引っ張られるが、結局、「秀頼様をお守りしろ」というあっさりしたもの。しかもそれが明かされた数分後に、清正も死んでしまう。

●謎の「幸村の老人メイク」

 大坂城に入城する幸村は特殊メイクで白髪老人に扮した(第41話)。幸村自身が“徳川方を油断させるため”と解説をするが、その異様な姿に驚いたのは豊臣方の後藤又兵衛(哀川翔)くらいで、家康は警戒モードのままだった!

●昌幸の「置き土産」の処理

 第39話で父・昌幸(草刈正雄)が亡くなる直前、幸村に託した兵法書。記号だらけで難解という紹介がされ、大坂の陣で活用されると思われるが、残り10話を切ってちゃんとこの伏線を回収できるのか。最後まで目が離せない。

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
伊達政宗の抜群の記憶力を支えた「豆めし」
徳川家康の甲冑 見た目派手だが機能性・実用性に優れていた
【2016年大予言】綾瀬はるか 誕生日電撃婚に記者が大わらわ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP