ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元ラグビー日本代表平尾誠二さん 晩年の奮起

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ノーサイドの瞬間まで、彼らしさを貫いた。ラグビー日本代表で主将、監督を務めた平尾誠二さんが53才の若さで他界した。

「五郎丸(歩)の活躍で日本代表が歴史的快進撃をした昨秋のW杯では、現地イングランドに行ってテレビ解説をする予定でした。それを直前にキャンセルして、東京のスタジオでの出演になったのですが、それでもしんどそうだった。本人は周囲に“胃潰瘍の手術後に体質改善のために食事制限をしたら、ちょっと痩せすぎちゃって”“みんな、病気だ病気だなんていうからひどいよな”と笑いながら話していましたが…」(ラグビー関係者)

 最後に公の場に出たのは今年4月の大阪市内での講演だった。別人のように痩せた姿に、関係者は騒然となった。

「それでも、誰ひとりとして“病気ですか”なんて聞けません。平尾さんが人前で弱音を吐くわけがありませんから。周囲はわかった上で、何も言わず黙っていました」(スポーツ紙記者)

 1963年、京都市生まれ。伏見工高3年時の全国制覇はドラマ『スクール☆ウォーズ』(1984年~)のモデルになった。同志社大学で3連覇、社会人では神戸製鋼で7連覇を達成。日本代表に史上最年少の19才4か月で選ばれ、1997年にはやはり史上最年少の19才で代表監督に就任するなど、まさに「ミスター・ラグビー」と呼ばれるにふさわしい存在だった。

「ポジションは“司令塔”のスタンドオフ。切れ味鋭い華麗なステップワークと視野の広いパス、抜群のキック力、さらに卓越した理論を持ち、誰もが認める天才。端正なマスクで女性からの人気もずば抜けていた」(前出・ラグビー関係者)

 1988年に同い年の恵子さんと結婚。恵子夫人は元女優で、賀来千香子とは『JJ』のモデル時代の友人。よく平尾の試合を2人で観戦していた。

「ちょうど昨秋のW杯の頃、平尾さんは胃の手術を受け、“余命3か月”と宣告されたそうです。さまざまな治療に挑戦しても体調は戻らず、“もうええか”と弱気になったこともありましたが、恵子夫人の“私たち家族のために生きて”という言葉を受け、奮起して病魔と闘ってきた。

 今年のゴールデンウイークに家族旅行に出かけましたが、実は平尾さんが家族と旅行するのは初めて。現役時代から一年中ラグビーで時間もなかったし、合宿や遠征の繰り返しでしたから」(別のラグビー関係者)

 余命3か月と言われてから、1年以上も闘い抜いた。本人と遺族の希望で病名も死因も一切公表されておらず、葬儀も近親者のみの家族葬で営まれた。

「死因も膵臓がんとか、胆管がんとか、がん以外の難病だったとか、さまざまなことが言われていますが、実際には家族以外は誰も知りません」(前出・別のラグビー関係者)

 孤高の存在だった平尾さんらしい、逝き方だった。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
大八木淳史が語る平尾誠二「ラグビー界は彼の提唱通りに…」
92年ぶり五輪復活のラグビー IOCへのロビー活動は一切なし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。