ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大貫妙子、シンフォニックコンサート演目を事前発表&コンサートへの意気込みを語る動画公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大貫妙子が編曲・指揮を担当する千住明とともに「大貫妙子 Symphonic Concert 2016」 への抱負を語ったインタビュー動画がYouTubeポニーキャニオン公式チャンネルにて公開された。

ソロデビュー40周年プロジェクトの第2弾として、今年12月22日に東京芸術劇場にて初のシンフォニックコンサートを開催する大貫妙子。約6分のインタビューの中で、今回のコンサートでの演奏曲目を事前に発表するという大貫本人も初となる試みが行なわれており、単にオーケストラをバックにしただけのコンサートではなく「大貫妙子というジャンルをお届けしたい」と語る二人のインタビューは必見。またコンサート前日の12月21日には、『TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU~Symphonic Concert 2016』と題された新録アルバムも発売が決定。

コンサートで演奏される予定の曲は以下の通り(順不同)。Overture、黒のクレール、夏に恋する女たち、突然の贈りもの、RAIN、哀しみの足音、Voyage、光のカーニバル、アフリカ動物パズル、ピーターラビットとわたし、金色の翼、Tema Purissima、幻惑、TANGO、グランプリ、RENDEZ-VOUS(ランデブー)、Shall We Dance?

コンサート本番と同じ千住明の編曲、指揮と東京ニューシティ管弦楽団の演奏で、都内のホールとスタジオで事前にレコーディングを行なったもので、本番のハイライトにもなるであろう楽曲6曲が収録されている。大貫の人気曲をメドレーで織り込んだ「Overture(instrumental)」、千住、大貫邂逅の作品でもある大貫作曲の「アフリカ動物パズル~メイン・テーマ(instrumental)」の新録、かつて大貫作詞、千住作曲で発表された楽曲をリメイクした「Voyage」「金色の翼」と、今までの二人のコラボレーションに新たな息吹を与えた選曲となっている。更に「Cliche」収録の「光のカーニバル」をオーケストラにより新録、大貫と数々の共演を果たしてきた名ピアニスト、フェビアン・レザ・パネを迎えた名曲「突然の贈りもの」の新録も収録され、クリスマスシーズンにぴったりのムードも感じられるファン必携の作品となった。コンサート会場では二人の対談も含むパンフレット仕様の豪華ブックレット付会場特別盤が販売される予定。「皆さんの思い出に残るコンサートにしたい。」と二人が語る特別な夜を、会場とCDで堪能してほしい。

「大貫妙子 Symphonic Concert 2016」インタビュー告知映像
https://youtu.be/ioX_93NZbK8

アルバム『TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU~Symphonic Concert 2016』
2016年12月21日発売

PCCA.04442/¥2,593+税

<収録曲>

1.Overture(instrumental)

2.光のカーニバル

3.アフリカ動物パズル~メイン・テーマ(instrumental)

4.金色の翼

5.Voyage

6.突然の贈りもの

「大貫妙子 Symphonic Concert 2016」
12月22日(木) 東京芸術劇場・コンサートホール

開場18:00/開演19:00

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP