体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性ホルモンを増やす4つの生活習慣と3つの栄養素

女性ホルモンを増やす4つの生活習慣と3つの栄養素
女性の一生を通じてとても重要になる女性ホルモン。一体どんな役割を持っているのでしょうか。

加齢とともに減少していく女性ホルモンの上手な増やし方や整え方を知り、いつまでも元気に過ごす方法をまとめてみます。

要チェック項目

□女性ホルモンは月経、妊娠、出産と女性の一生に大きくかかわわる

□女性ホルモンは年齢や出産などによって減少する

□増やす方法や調べる方法を知って、上手に付き合おう

女性ホルモンとその役割とは

女性ホルモンを増やす4つの生活習慣と3つの栄養素
女性ホルモンとは、女性にとって非常に重要な働きを持つホルモンです。女性ホルモンの量は、月経周期や女性の年齢、妊娠・出産や閉経などのライフサイクルに合わせて大きく変化していきます。また、日々の疲れやストレスなどからも影響を受けます。

女性ホルモンには主に次の2種類があり、それぞれの役割は次の通りです。

エストロゲン

女性ホルモンの中でも特に重要なホルモンです。エストロゲンは主に女性らしい体を作ることと、排卵や月経に関係している性ホルモンです。

この他にも、皮膚や粘膜の潤いを守ったり、骨の量や自律神経のバランスを保つ役割を果たしています。

プロゲステロン

卵巣の黄体部分から分泌されるため黄体ホルモンともいいます。エストロゲン同様に月経かかわっています。

妊娠との関係が深く、子宮内膜を厚くして受精しやすくしたり、妊娠を継続させ、乳腺を発達させます。胎盤が形成されると胎盤からも分泌され、女性の妊娠・出産には欠かせないホルモンです。

女性ホルモンを増やす栄養素と飲み物

女性ホルモンを増やす4つの生活習慣と3つの栄養素

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする成分として注目を集めています。日本には納豆、豆腐、味噌、豆乳など大豆製品が多くあるので、婦人科系の病気が欧米よりも少ないともいわれています。

ただし、女性ホルモンに似た働きをするために、摂取し過ぎるとエストロゲンの過剰摂取と同じ副作用がある場合もあります。

海外では摂取量の勧告が出されており、日本でも食品安全委員会から安全な一日摂取目安量の上限値(食品からの摂取:70〜75mg/日、サプリメントからの摂取:30mg/日)が公表されています※。 ちなみに納豆1パックで約30〜35mgとなっています。

ビタミンE

ホルモン分泌を整えるビタミンEは、アボカド、卵黄、ナッツ類、かぼちゃ、ごま油などに多く含まれています。

ビタミンB

同じくホルモン分泌を整えるビタミンB(特に、ビタミンB6)は、マグロやさんま、アジなどの青魚に多く含まれています。

体を温めるもの

冷えはホルモンバランスを乱します。体を温めてくれる食材としては、ショウガ、紅茶、ココアなどを取り入れるとよいでしょう。

ハーブティー

昔から婦人科系によいとされているハーブがあります。カモミールやセージ、チェストツリーなどがおすすめです。

女性ホルモンを整える生活習慣

ホルモン分泌は生活習慣からの影響も受けます。具体的には次のような生活を心がけるとよいでしょう。

体を冷やさない

冷えは女性の体の大敵です。特に注意すべきは、夏の冷房。冬は気候が寒いので嫌でも体を温めますが、夏はついエアコンにあたりすぎて体を冷やしてしまいます。

シャワーではなくバスタブに浸かる

体を冷やさないことと関係して、しっかり入浴することも大事です。シャワーで汚れを洗い流すだけでなく、湯船にお湯を張ってしっかり温まりましょう。

良質の睡眠を取る

ホルモン分泌には規則正しい生活が必要です。夜更かしせず早寝早起きの習慣をつけましょう。

適度な運動をする

ウォーキングや階段を使うといった簡単にできる運動でいいので、毎日継続して体の代謝能力を高めます。

更年期や骨粗鬆症との関係

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。