ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2PM、2度目となる東京ドーム公演で10万人を動員

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2PMが10月26日と27日に、3年6ヶ月ぶりに2度目となる東京ドーム公演『THE 2PM in TOKYO DOME』を開催し10万人を動員した。

客電が落とされると、2010年12月に両国国技館で行われた日本初のショーケースの映像が映し出され、これまで行ったすべての日本ツアーのダイジェスト映像がスタート。映像が終了するとともに100人を超えるダンサーがオンステージし、2PMのヒットシングルの振り付けを次々とパフォーマンス。圧巻のオープニングが終わると幕が振り落とされ、巨大なステージの天井から2PMの6人がフライングで「降臨」すると、5万人の観客は絶叫。1曲目からグループの代表曲「Heartbeat」を披露すると、立て続けに「I’m your man」「GIVE ME LOVE」とヒット曲を連発し観客の熱狂に応えた。2PMならではの激しいダンスパフォーマンスを盛り上げる巨大なLED画面は、自由自在にその形を変え、形を変えるたびに観客から驚きの声が漏れる。

最初のMCではメンバーのJUNHOが「いよいよこの日がやってきました!今日はスペシャルな東京ドーム公演最終日です!」と挨拶すると、各メンバーカラーに彩られたペンライトが大きく会場をゆらす。続々と日韓のヒット曲、まさに「THE 2PM」なセットリストで息つく暇なくパフォーマンスを続け、観客もメンバーも全力でこの特別な時間を過ごしていた。

本編ラストは日本デビュー曲「Take off」を披露し、アンコールではJun. Kがプロデュースした「離れていても」を5万人の観客とともに歌唱。会場は、メンバーカラーのサイリウムが点灯され、東京ドーム全体に6色の虹が現れた。テギョンはMCで「今日は、泣きません。また帰ってきたら、この場所でこの笑顔で逢いましょう!」と涙をこらえ、最高の笑顔を見せた。2PMは、この東京ドーム2日間公演で一旦6人の日本でのコンサートはお休みとなる。5万人の客席は、涙に包まれ最後の時間を終えた。











カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。