ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貯蓄がスイスイ進む、「3口座」家計管理術!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


貯蓄に目覚めるきっかけの多くは、「子どもができたから将来が気になって」というものではないでしょうか。教育費やマイホームのためにと、日々の節約を頑張るのはもちろん素晴らしいのですが、まずお金の流れを整えないと、大きなムダを見過ごしてしまう危険が。そこで今回ご紹介したいのが、銀行口座3つで整理する方法。家計簿をつけなくても、貯蓄がぐっとスムーズになりますよ!

【もっと大きな画像や図表を見る】

やりくりは、3つの流れで仕分けできる!

収入から出ていくお金の行き先は、大きく分けると「貯蓄」、「特別出費」、「生活費」の3つに大別できます。まず、持っている銀行口座をこの3つに集約してみるだけで、解決すべき課題も見えてくるはず!

1.貯蓄用口座

「貯蓄は先取りし、“なかったもの”として暮らすのが一番!」と、貯めてるママは口を揃えます。給与から天引きできる財形や自動積立などを利用し、先取り貯蓄の仕組みを確立しましょう。貯蓄専用口座を作っておけば、先取りはもちろん、やりくりの残りや、臨時収入など「貯める」お金の置き場所が落ち着きます。

2.特別出費用口座

「特別出費」とは、固定資産税や自動車税、旅行、帰省など、毎月はかからないけど年間では必要になるお金のこと。出費の必要が出るたびに貯蓄を崩していては、結局赤字になることもあるので、貯蓄と分けて確保する口座を用意しておきましょう。

3.生活費用口座

家賃や水道光熱費、通信費、食費や日用品など、1か月に必要な生活費をやりくりする口座です。引き落としもすべてこの口座に集約し、手元でやりくりするお金もここから出すようにすれば、通帳が家計簿がわりに。全部使い切っても貯蓄に影響がないので安心です。

3つの数字さえ把握していれば、迷わない!

3つの口座の残高を見るだけで「いくら貯まったか」「いくら使えるか」が一目瞭然! 家計の状況が把握しやすくなり、やりくりがぐっと楽になってきます。家計簿は続かない、いつも予算が足りなくなる…という人は、次のポイントに注意してチェックしてみてください。

「貯蓄」は総額をチェック!

貯蓄口座が1つの場合は、残高=総貯蓄額ですが、目的別に分けている場合などは、全口座の総額でチェック。右肩上がりの残高がもたらす、“モチベーションアップ効果”は絶大です。目標まであとどのぐらいか確認でき、計画を見直すのにも役立ちます!

「特別出費」は何にいくら使ったか確認

通帳から引き出したときは、何に使ったかメモを。大きな出費があっても、「払う必要があったお金」なら納得できます。また、旅行やイベント費など、工夫次第で減らせる出費に注目するようになり、かけどころと削りどころが見えてきます。

「生活費」は我が家に“必要”なサイズか見直し

毎月赤字が続くようなら、家計に無理があるのかも。貯蓄を頑張りすぎていないか、特別出費で削れそうなものはないか確認してみましょう。「気がついたらお金がない」状態なら、1~2か月だけでいいので家計簿をつけ、我が家に必要な生活予算を見直すのがおすすめ。

3口座で家計を管理するやりくりは、家計全体を“俯瞰”してみる習慣がつくのが大きなメリットです。3つの口座のバランスを調整していくことで、家計に無理がなくなり、無駄な出費も減って貯蓄にまわせるように! ぜひ、お試しを!

(イラスト・地獄カレー/文・マネーライター 大上ミカ)

(文・たまひよトレンド編集部)
(R25編集部)

貯蓄がスイスイ進む、「3口座」家計管理術!はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

1世帯の平均貯蓄額「1805万円」にネット震撼
高収入の人ほど「節約能力」高い!?
新社会人向け「理想の家計簿」公開
来年こそ実践したい節約行動TOP10
「貯蓄に課税」の噂にネット民戦慄

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。