体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デトックスで心身ともにスッキリ! メリットと実践方法とは?

デトックスで心身ともにスッキリ! メリットと実践方法とは?
雑誌やテレビなどのメディアでよく耳にする「デトックス」。ダイエットや美容に良いということですが、一口にデトックスとは言ってもその方法は様々です。

今回はそんなデトックスについて解説します。

要チェック項目

□毒素を出すと身体はすっきりとし、不調も軽減され、ダイエットにも効果がある

□デトックスをしようと思ったら、まずは食事を見直しましょう

□便や汗など出るものをしっかりと出しましょう

デトックスとはどういうこと? 「毒素」って何?

「デトックス」とは簡単に言うと、体内にたまった毒素や老廃物を排出する、という意味です。毒素や老廃物が体内にたまると新陳代謝を妨げ、健康や美容の敵になるのです。

そのようなものを積極的に排出して、新陳代謝をあげ、美容やダイエットにいい結果をもたらすというものがデトックスの基本です。

人間は生きている限り食事や排せつをします。そして身体には毒素や老廃物がたまってしまうと言われています。

この場合の毒素や老廃物というのは、人間が食事や呼吸によって体内に摂り入れたもののうち、有害な物質(例えばダイオキシンや食品添加物など)を毒素と呼んでいます。

また新陳代謝によって生み出された不要物が老廃物と呼ばれています。

そしてこれらをデトックスをするには様々なアプローチがあります。

デトックスのメリット~毒だしするとどうなる? 〜

毒素や老廃物が体内にたまると、身体は不調をきたします。例えば、便秘、肌荒れ、むくみ、なんとなく体調不良を感じる…などです。

具体的には、腸内に様々な老廃物が溜まることで腸の動きが悪くなり便秘を引き起こしたり、肌の不要になった細胞が剥がれ落ちないことでニキビができたり、キメが荒くなったり…。

また、不要な老廃物を運んで流すリンパが滞ることでむくみを引き起こしたり…。しかし、逆にそのような毒を出すと身体はすっきりとし、不調も軽減されダイエットにも効果があると言われています。

身体にとって不要なものがスムーズに体外へ排出されるので、新陳代謝もあがります。デトックスがダイエットの重要なファクターとなっているのも頷けますね。

デトックスの方法その1~ドリンクで~

デトックスで心身ともにスッキリ! メリットと実践方法とは?
デトックスをしようと思ったら、まずは食事を見直しましょう。良くない食生活は腸内環境の悪化や新陳代謝の低下につながります。

毒素を排出する効果のある食材を積極的に活用しましょう。もっとも簡単なデトックスの食材は、水です。

水を1日に1.5~2リットル飲むとリンパの流れがよくなり、尿がたくさん出ることで老廃物がきちんと流され、新陳代謝が促されます。

ただし、冷たい水だと内臓が冷えてしまうので常温でこまめに飲むようにしましょう。

身体が冷えている方は白湯もおすすめです。デトックスにはお茶も効果的だと言われています。

ローズヒップティーやルイボスティーなどはその効能に毒だしがあるだけでなく、精神的にもストレスを解消し、リラックスさせてくれます。身近な緑茶やマテ茶なども解毒作用があります。

最近はデトックスウォーターも人気です。お水にフルーツや野菜、ハーブを浸したドリンクで、見た目もオシャレでカワイイと話題になっています。

また、週末などにスムージーや酵素ドリンクなどで行うプチ断食も、働きづめの胃腸を休ませてリセットするのには良い方法です。胃腸を休めることで内臓の本来の働きを取り戻すと言われています。

デトックスの方法その2~野菜で~

次に手軽な食材は野菜。野菜にはさまざまな栄養素が含まれているだけでなく、身体をキレイにする力があります。

解毒作用がある野菜

ほうれん草やタマネギ、トマト、りんご、にんにく、アボカドなどです。これらの野菜には抗酸化力が高い成分などが含まれています。

デトックスで心身ともにスッキリ! メリットと実践方法とは?

肝機能のサポートをしてくれる野菜

ワサビ、ラディッシュ、タマネギ、小松菜、春菊、クレソンなどです。肝臓はアルコールを分解してくれる臓器としてご存知かもしれませんが、それ以外にも体内に入った毒素や薬品成分を無毒化する機能があります。肝臓もデトックスには重要な器官です。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。