ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

迫力ある景色が広がるアドリア海の穴場!モンテネグロの旅行記まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

モンテネグロの隣国、クロアチアは聞いたことがあっても「モンテネグロ」という国名を聞いたことがない方も多いのでは? 今回は知られざるアドリア海の国、モンテネグロの魅力に迫ってみたいと思います。

① のどかな風景+ゴツゴツした山のコンビネーション 


最初に紹介するのはShohei Watanabeさんの旅行記。Shohei Watanabeさんはコソボから海岸部のコトルまで、モンテネグロを縦断する形で旅しました。前半はのんびりとした景色が、後半はモンテネグロらしいゴツゴツとした山の風景が楽しめます。のんびりとした村で一泊するのもいいでしょう。

Shohei Watanabe「モンテネグロ アドリア海と美しい町並みを味わう

② 世界遺産コトルをじっくり楽しめる旅行記 


次に紹介するのはDaichiさんの旅行記。Daichiさんはクロアチアからモンテネグロ入りし、世界遺産に登録されているコトルをじっくりと楽しみました。この旅行記にはコトルの写真が数多く載っています。クロアチアと比較すると、素朴な雰囲気が伝わってきますね。最後はかわいいネコで終わっています。

Daichi「モンテネグロ

③ モンテネグロの魅力をたっぷりと味わえるツアー


最後の2つは私の旅行記から。私はコトルから現地のホステルが運営する「モンテネグロツアー」に参加しました。コトルからペタル2世のお墓、古都ツェティニェ、港町ブトヴァというコースでした。印象的だったのが山の風景。「モンテネグロ」は「黒い山」という意味で、ちょうど太陽が山を照らすと影の影響で黒く映ります。その独特の風景は非常に興味深く、今でも記憶に残っています。

Nitta Hiroshi「モンテネグロツアーに参加してみた「黒い山」の国を堪能

④ コトルの城壁にチャレンジ 


最後にコトルの城壁を紹介しましょう。コトルは城壁で囲まれた町です。今でも城壁が残っており、町の中心部から城壁にアクセスすることができます。しかし道のりは完全な「登山」。城壁の頂上に到達するのに本当に苦労しました。頂上で待っていたのは凛々しいモンテネグロの国旗。なかなかかっこいいですよ。

Nitta Hiroshi「城壁登りにチャレンジしたモンテネグロ、コトル

モンテネグロへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP