ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相田みつを ヘタウマではない全国1位を獲った書道家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で開館20周年を迎える『相田みつを美術館』(東京・丸の内)が熱い。老若男女、幅広い層の来訪者のなかには、書の前に立ち尽くし、徐おもむろに涙する人も少なくない。相田みつをが亡くなってから25年。禅に学んだ彼が抱き続けた思いは、詩となり、書という形で昇華され、世に広まった。魂を込めたその思いは薄れることなく、歳月を重ねる毎ごとに強く熱くなり、百年、二百年後にまで伝播しようとしている。

「にんげんだもの」など、誰もが一度はあの独特な文字と言葉を目にしたことがあるだろう。 今や、小中学校の教科書に多くの作品が収録され、書店にコーナーが作られたりして多くの人に親しまれているが、相田みつを本人については、ほとんど知られていないのが現状かもしれない。

 作品自体は、年々多くの人に知れわたり、はとバスツアーで訪れる外国人観光客や修学旅行で訪れる学生、定期的に訪れるリピーターと、実にさまざまな人たちが美術館に足を運んでいる。

 没後25年経った今でも、彼の言葉が人の心を揺さぶり続けるその理由とは。初めて“みつを”と書かれた書を見たのは、居酒屋のトイレだった…というかたも少なくないのでは?

 みつをは当初、自分の作品は印刷物ではなく原作現物を見てもらいたいと考えていた。そのため、出版物として披露することを拒み続けた。そんな彼がデビューしたのは、書家・詩人として自分の道を歩き続けて30年後、60才の時だった。デビュー作となった『にんげんだもの』(文化出版局)は1984年初版、以降ロングセラーとなっている。

 原作にこだわる一方、「日常の生活の中で、自分の作品にさり気なく触れてほしい」という思いも彼にはあった。そこから生まれたのが、31点作品がつまった『トイレ用日めくり ひとりしずか』だった。

 生涯をかけて鎌倉時代の禅僧・道元禅師の教えを学んだみつをは、禅師の書である「正法眼蔵」のなかにあるトイレの重要さを説いた「洗浄」の巻に触発された。

 トイレの中は自分だけの空間。修行者が行を行うように、誰にも見えないところで自分に向き合い、自分の内面を見つめてほしい…という思いからトイレ用の日めくりが誕生した。

 トイレ用ではないものの、ベストセラーとなった松岡修造の『日めくり まいにち、修造!』は、松岡自身、以前からみつをの「日めくり」のファンだったこともあり、繰り返し繰り返し言葉が味わえる「日めくり」という形をとったという。

 原稿用紙に自分の詩を書き、その詩の中でもっとも伝えたい思いを凝縮した後、ようやくみつをは筆を執り、認めた。

 初の書籍『にんげんだもの』で世間に名を知られるようになったものの、書家が自分で作った詩を書くことはとても珍しく、また独自の書体で書かれていたこともあって、「書を習ったことのない人間が思いつきで書いているのではないか」と誤解をされることが多かった。

 だが実際は、19才で書家・岩澤渓石に師事し、30代で毎日書道展に連続入選するなど、将来を嘱望された若手書道家。その頃の作品はすべて基本に忠実な古典的なものだった。

 が、その後、特定の流派に所属して制約を受けることに抵抗を感じ、自分の言葉、自分の書を書いていく決心をする。鍛錬によるベースがあるからこそ、他の人には絶対に真似できない独特の書が生まれ、詩とのコラボレーションで唯一無二の世界観が生まれたのだ。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
叶姉妹 姉・恭子の名言日めくり集発表会でツーショット
松岡修造 人生が変わる「ラーメンに□□□は使わない」実演
その日に役立つ情報紹介した『はなまる』は日めくりカレンダー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。