ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

《心療内科と精神科の違い》症状・病気別にそれぞれ区別しよう

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

《心療内科と精神科の違い》症状・病気別にそれぞれ区別しよう
心療内科と精神科って、同じようなものだと思っていませんか?脳外科と脳神経外科などという科もありますし、素人には判断が難しいですよね。

今回は、心療内科と精神科の違いや、どんな病気を扱うのかを見ていきたいと思います。

要チェック項目

□心療内科は体の問題を扱う

□精神科は心の問題を扱う

□どちらに行けばいいか分からない場合は相談

心療内科とはどのようなところですか?

概説

心療内科は、一言でいうと「心身症」を扱う科のことをいいます。心身症自体がわかりにくい疾患ですが、詳細については後述したいと思います。

目的

心療内科では、心身症によって体に現れる症状の改善を主眼とし、同時にその背景にある心理的要因や社会的要因にも対処することを目的としています。

心身症とはどのような病気のことを言うのですか?

《心療内科と精神科の違い》症状・病気別にそれぞれ区別しよう

心身症とは?

心身症というと心の病という風に捉えがちだと思います。間違ってはいないのですが、若干本来の意味とは違う理解をしている方が多いようです。

心に問題があるのは間違いないのですが、心身症の本来的な意味は、心の病ではなく「体の病」です。ただし、風邪などの感染症とは違って、心理的な要因を背景にした何らかの異変によって体に現れる症状が心身症という訳です。

胃がもたれたり下痢をするなどした場合は内科を受診することになりますが、人間関係のストレスや心労によってそういった症状が出ている場合には、心療内科を受診することとなります。

つまり心療内科は、精神的な負荷によって起きる病気を診てくれるところということです。

心身症の代表的なもの

・循環器系…本態性高血圧(もしくは低血圧)、起立性低血圧、不整脈など

・呼吸器系…気管支喘息、過換気症候群、神経性咳嗽(しんけいせいがいそう)など

・消化器系…胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群、心因性嘔吐など

・神経系…自律神経失調症、異常知覚、偏頭痛、慢性疼痛、心因性のめまいなど

・筋肉系…チック、痙性斜頭、筋収縮性頭痛、冷え症など

・内分泌・代謝系…神経性食思不振症(または過食症)、甲状腺機能亢進症、糖尿病など

子供の心身症について

心療内科は主に大人の心身症を専門としている所が多く、子供についてはそれほど詳しくない傾向も見られるそうです。

子供は大人と違って感情をうまく言葉に表すことができないため、子供の心身症を専門に扱っているクリニックなどを受診すると良いでしょう。

精神科とはどのようなところですか?

概説

精神科は一言でいうと、「心の病」を扱うところです。不安やイライラ、抑うつ状態や不眠、幻覚や幻聴など、心の問題を専門に診てくれます。

目的

精神科では精神症状を中心に、それにともなう身体症状も扱うことを目的としています。どちらにウェイトを置くかが心療内科の違いだと言えます。

精神科ではどのような病気を診てくれるのですか?

《心療内科と精神科の違い》症状・病気別にそれぞれ区別しよう

うつ病

うつ病と言えば精神科、精神科と言えばうつ病というくらいにポピュラーな疾患です。現代はストレス社会と言われていますが、うつ病を患う方も増加傾向にあることはみなさんもご存知のことと思います。

憂鬱な気分になったり、気持ちが落ち込んでいることを抑うつ気分といい、それがひどくなったものが抑うつ状態です。治療は薬物療法や精神療法を行い、場合によっては入院して治療が行われることもあります。

双極性障害

双極性障害は躁うつ病とも言われ、気分が落ち込むうつ状態と、やたらと高揚している躁状態を繰り返す病気のことです。

躁状態の時には、周りがちょっと持て余すくらいの気分の高揚感が見られます。睡眠を取っていなくてもエネルギッシュに活動できたり、周りの目を気にすることなく振るまったり、自分の喋りたいことを延々と喋っていたりします。

躁うつ病のうつ状態は、うつ病とは根本的に異なったものであることから、専門家による治療が必要となります。

統合失調症

統合失調症は青年期によく見られる疾患で、幻覚や妄想、自我障害といった陽性症状と、感情の働きが鈍くなって閉じこもりがちになるといった陰性症状が現れます。

統合失調症の治療は、薬物療法と並行して心理社会的療法も行われることとなります。

不安障害

不安障害とは、パニック障害や強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などがあります。

心療内科と精神科、どちらで見てもらえばいいの?

心療内科と精神科は先述したように、体の問題を扱うのか、心の問題を扱うのかといった明確な違いがあるとはされていません。

ただ、心療内科では体の問題にともなうと同時に、背後の心理・社会的要因にも対処します。

また精神科においても、心の病を中心に、それにともなう身体症状も扱うということなので、それほど厳然とした違いがあるとは素人には判断がつきかねると思います。

ざっくり言えば、体がしんどければ心療内科へ、精神的に辛ければ精神科を受診すると良いでしょう。

何らかの異常がある場合は早めに病院へ!

心療内科を受診するような病気もそうですが、基本は早期治療が早期回復へのカギです。

心身症はもはや珍しい病気ではありません。体が辛い時には早めに心療内科を受診しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【不安障害ガイド】知っておくべき原因・症状・対処法
ネガティブな考えから抜け出すには?気持ちを上手に切り替えるコツ
不安がつきまとう…不安神経症って何?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。