ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストリング シェルフのある暮らしをアパートメント形式で展示!「THE STRING APARTMENT」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫
thestringapartment_01

2016年10月28日(金)から11月3日(木)まで、東京・青山の「ライトボックススタジオ青山」にて「THE STRING APARTMENT」が開催されています。

ストリング シェルフは1949年に、スウェーデンの建築家・Nils Strinning(ニルス・ストリニング)によってデザインされた壁付け式の収納器具。本展では会場を一つのアパートに見立てており、4人の住居、大家の部屋、そしてオフィスの全6室でストリング シェルフがある空間を提案しています。

4人の住民それぞれのスタイリングを手がけたのは、川合将人さん、黒田美津子さん、中林友紀さん、茂木雅代さんの4人のインテリアスタイリスト。

大家さんの部屋にはセンプレデザインによる「string pop up shop(ストリング ポップアップショップ)」が登場します。

また、オフィスの部屋には来年日本上陸予定の新シリーズ「ストリング ワークス」を使った事務所空間が作られ、用途に応じて活躍するストリング シェルフを体感できる展示となっています。

会期中、3階のルーフトップではストリングの取り付け体験ができるイベントも開催されるほか、数量限定で全10色から自由に組み合わせを選べるマイ ストリング ポケットの販売や、ストリング ポケットが当たるプレゼント企画も用意されているそう。

期間限定のアパートメントです。コーディネートのヒントがぎゅっと詰まった空間に、ぜひ足を運んでみてください。 THE STRING APARTMENT

会期:2016年10月28日(金)~11月3日(木) 11:00~20:00 ※最終日~17:00

会場:ライトボックススタジオ青山1~3階/東京都港区南青山5−16−7

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

新しいだけが価値じゃない、定番品の意味を考える「意味>新 imi-shin」展、開催中
JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2016開催中! OZONEには日本の伝統工芸が集合
SOMEWHERE TOKYOで「見えないもの、みえるもの」展、井上隆夫と寺山紀彦の新作登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。