ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

快適&オシャレキープできる「衣替え」のコツ3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


10月といえば、衣替えの季節。でも、ただお洋服を夏物から秋冬物に入れ替えただけ、なんて方も多いのでは?皆さんも感じているように、10月になったとはいえまだ真夏のような暑い日があったり、寒さを感じる涼しい日があったりとで、もしかしてクローゼットを秋冬物に衣変えしたことを後悔したりしてはいませんか?実は、この時期の衣変えにはあるコツがあるんです。そのコツを取り入れれば、毎日の洋服選びも快適&オシャレに! 今回は、そんな衣替えのコツをいくつかご紹介します。

脱ぎ着がしやすい、あったかアンダーウエアをプラス

気温差が目まぐるしく変わるこの季節、「今日は暖かいから」と涼しい格好をして出かけたら、「電車の中や会社の中は冷房が効いていて、寒くて困った」なんて経験、多くの人が感じているのではないでしょうか。

そこで、衣替えの際にオススメしたいのが、脱ぎ着のしやすいあったかアンダーウエアをプラスすること。具体的には、腹巻、靴下、キャミソールなど。これらのあったかアンダーウエアを着ていれば、「思ったより寒い時」にも体を快適に保ってくれますし、暑くなったらトイレなどで脱げば、暑さと寒さの両方に対応できます。

アウターは見た目は秋っぽく、素材は夏っぽく

10月になったのに、まだ夏物?と思われるような洋服を着ていると、あんまりオシャレに見えませんよね?かといって、完全秋物にしてしまうと暑かったり…。

そこで、オススメなのは、素材自体は綿などの夏仕様のもので、色・柄などはブラウン、チェックなどの秋らしさを感じさせるものを選ぶこと。すると、体は快適でいつつも、見た目もオシャレを実現できます。また、今流行りのトレンチなど、脱ぎ着のしやすいアウターを揃えておくのも、オシャレかつ快適でオススメです。

いろんな柄・素材の「巻物」を投入

「首」を温めるストール、マフラーなどは、体温調整を行なってくれるだけでなく、巻くだけでシンプルなスタイルでも、毎日似たようなスタイルでも、違ったイメージにしてくれる有能なアイテムです。

また、巻物は首に巻くだけでなく、肩から羽織ったり、ひざ掛けにしたり、いろいろ使い方をアレンジできるのも、気温差の激しいこの季節には嬉しいですよね。そこで、衣替えの際にお洋服を買い足すなら、巻物を主に買い足すのがオススメ。いろんな素材・いろんな柄を持っていれば、たとえ持っている洋服の点数が少なくても、巻物を変えるだけで違ったスタイルに見せてくれます。


衣替え=アウターのみだけでなく、アンダーウエア、巻物などの小物類にまでちょっと工夫を凝らすと、まだまだ気温差の激しい10月を快適に、かつオシャレに乗り切れます。「衣替えしたものの、なんとなくしっくりしない」と感じている方は、ここでご紹介したような方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

超低カロリーな肉料理ができる!「氷こんにゃく」の作り方と活用術
【紅たき占星】2016年ハロウィン開運仮装!あなたの願いは・・・?
解熱剤は逆効果?発熱から受け取る体のサイン
クマは3つの原因からつくられる!正しいケア方法【青クマ編】
2週間が勝負!かんたん生理後ダイエット5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP