ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたの目のクマは何色?原因別にご紹介!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

疲れていないのに「なんか疲れてない?」と人に言われてしまう。そんなときはたいてい、顔の表情がさえないこと多いようです。疲労顏になる原因はいろいろとありますが、中でも目のクマがあると、ただちに表情を暗くしてしまいますよね。厄介な目のクマ、実は寝不足だけが原因ではないのです。もしかしたら、毎日何気なくしているあなたの動作が、目のクマを引き起こしているのかもしれません。

どうして目のクマはできやすいの?

目にクマができやすいのは、目の周りの構造に理由があります。目には上下まぶたがありますね。目の眼球は脂肪に覆われるようにして保護されており、この上下まぶたがさらに上から目を支えています。まぶたの皮膚はとても薄く皮脂の分泌が少ない、だからまぶたは乾燥しやすく、頻繁に瞬きをすることで負担がかかりやすい場所です。また毛細血管が集まっているので、血行が悪くなると色に出てしまいやすいなど、目の周りはなんともデリケートな部分なのです。

原因で変わる3つの色のクマ

目のクマは原因により3種類に分けることができ、それぞれ色が異なります。

○青クマ

目の周りの血行が悪くなることで血液の色がくすみ、皮膚の上から青みがかって見えてしまいます。睡眠不足や眼精疲労、体の冷えがなどが原因です。パソコンやスマホの使い過ぎが原因となり、若い世代にも青クマがおこることがあります。

○茶クマ

色素沈着によって皮膚が茶色、または黄色がかってしまいます。原因は紫外線を受けることによりメラニン色素が作られ沈着してしまうことや、目をこすったり化粧落としの際の摩擦によるものです。加齢によっても茶クマが現れやすくなります。

○黒クマ

生まれつき、または加齢によって、目の下がくぼむことで影ができ、黒っぽく見えてしまいます。皮膚の乾燥や顔のたるみ、むくみが黒っぽく見える原因となることもあります。

クマのない顔で生き生きとした表情に!

クマの原因別に対処法をご紹介しましょう。青クマの場合は血行を良くすることが一番です。ホットタオルと冷やしタオルを交互に目の上にのせると効果的、血行が改善されるでしょう。茶クマの場合は色素沈着を治すために、美白成分の入った化粧水や乳液を使うのがおすすめです。そのうえで普段から紫外線対策をし、目は絶対にこすらないようにしましょう。黒クマの場合は目元のケアでハリと弾力を取り戻すことが大切です。コラーゲンやヒアルロン酸配合、またはコラーゲンの生成を促す働きのあるビタミンC配合の美容液でケアすると良いでしょう。
クマがあると疲れたように見せるだけではなく、老け顔にもしてしまいます。クマは年齢と共に出やすくなるものです。毎日のケアでいつまでも生き生きとした顏を目指しましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。