ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

左脇腹が痛い人は要注意! 気をつけたい病気と治療法

  • ガジェット通信を≫


左脇腹がズキッと痛む経験は誰しもあるかもしれません。

実は脇腹には数多くの臓器がある事が知られていて、脇腹の痛みには感染症・腫瘍・外傷などの様々な問題を考える必要があり、注意が必要なのです。

要チェック項目

□脇腹の痛みの原因は内臓の場合がある

□帯状疱疹などの感染症が脇腹の痛みになるときもあるので要注意

□ぶつけたのちに痛みが続く場合には一度病院で相談しよう

左脇腹には大切なものが詰まっている

左脇腹には人体の非常に重要なものが集まっています。そのため、左脇腹の痛みを考えるときには様々な構造物に起こる異常を考えなくてはなりません。

まず、重要な臓器として考えられるのが脾臓・胃・膵臓・大腸です。脾臓は体内の血球を壊し、古い血液と新しい血球を入れ替える働きをしている臓器で、免疫の機能にも非常に大きく関与しています。

このため、免疫疾患や白血病などの病気が原因となって血球が壊されるようになると脾臓が大きく膨らんでしまうのです。

胃の痛みや膵臓の痛みがときに脇腹に出てくることがあります。

通常胃の痛みはみぞおちに現れ、膵臓の痛みは背中側に現れることがあるのですが、異常が起こる部位や異常の原因によっては脇腹に痛みが出てくることもあるので注意が必要です。

また、結腸の痛みも非常に気をつけなくてはならない痛みの一つです。結腸は一般的に大腸と呼ばれる超で、大腸に潰瘍があったり、炎症が起こるときに痛みが発症します。

結腸は左の脇腹部分を上下に走っている臓器なので、結腸に痛みが出てきた場合にも脇腹の痛みとして感じられるのです。

左脇腹の痛みを引き起こす内臓の病気

左脇腹に痛みを引き起こす内臓の病気が幾つか知られています

脾腫

脾腫というのは脾臓が大きく膨らんでしまった状態で、このような症状が起こる病気に白血病や免疫の異常があります。

脾臓が膨らみ過ぎてしまい、肋骨に触れてしまったり、他の臓器に圧迫を与えてしまうと痛みが出てくることがあるのです。

腸炎

腸の炎症がひどい場合には脇腹の痛みが出てきます。腸が局所的に炎症を起こしたり、収縮を繰り返していると痛みが強くなるので注意が必要です。

このような内臓の炎症は最近以外にもウイルスや放射線、腫瘍など様々な原因で起こるといわれています。

また、内臓に炎症が起こらなくてもストレスなどで体の機能に異常が起こった場合には同じように痛みが出てくることがあります。

胃炎

胃というのは実はかなり体の脇腹の方に偏った臓器で、胃に炎症が起こった場合には痛みが脇腹に出てくることがあります。

胃の痛みは非常に激しく現れてくるので、症状が重い場合にはかならず医師に相談して症状を緩和してもらいましょう。

感染症が原因で起こる左脇の痛みに要注意

実は一部の感染症は脇腹に強い痛みを引き起こすことが知られています。水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスに感染して起こる帯状疱疹という病気は、肋骨の間を走っている肋間神経という神経に沿って発症します。

肋間神経は感覚を担っている神経で、この神経が傷つけられたりこの神経に炎症が起こることで非常に強い痛みを伴います。この痛みによって起こる感覚の異常は初めはわずかな痛みから始まります。

人によってはピリピリとした痛みを伴う感覚を感じこともあり、脇腹に異常な感覚を感じた場合には注意しなくてはなりません。

帯状疱疹は体調の悪化や、免疫状態の異常によって引き起こされ、痛みが激しい場合には動いたり呼吸をするだけで痛みを感じてしまいます。

最近では帯状疱疹に特によく効く薬によって治療が行われていて、激しい神経の炎症に耐えながら治療を行う必要がなくなってきました。困った時には必ず医師に相談をしてみましょう。

左脇腹の怪我は命に関わる事も

左脇腹には先に述べたように大切な構造が集まっていて、この部分に痛みやダメージを感じた時には自分の体に起こる異常に注意をしなくてはなりません。

もし打撃などを左の脇腹に受け、その後に急激に体調が悪化した場合には脾臓破裂などの人命を脅かすようなトラブルの可能性も考えなくてはなりません。

しっかりと体調の変化を観察し、思わぬトラブルが起こった場合には病院で治療を受ける必要があります。

このほかにも、慢性的に左脇腹に痛みを感じる場合には腫瘍などのトラブルも検討しなくてはなりません。

悪性腫瘍の場合には手術や抗がん剤などの治療を行うので、日常生活に与える影響は非常に重大です。独断で判断をせず、医師と相談をしながら症状を見極めましょう。

迷ったときには病院で相談しよう

左脇腹の痛みというのはその程度によってはほとんどの方が不安を感じることなく過ごされるのではないかと思います。

しかし、大切な臓器の場所を考えると実は左脇腹の痛みは決して簡単に見過ごすことができない問題なのです。

脾臓が膨れていたり、脾臓が急に収縮することで起こるトラブルや帯状疱疹などの日常生活に悪影響を与える病気の場合には一度医師の診察を受けることが重要です。

免疫疾患や血液の病気などで体調を崩してしまうとなかなか元に戻すことができません。自分だけで判断するのではなく、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

左脇腹の痛みというのは

左脇腹の痛みというのは実は非常に厄介なもので、放っておくと思わぬトラブルを引き起こすのです。

痛みを感じだときにしっかりと治療を行えば大した症状に悩まされる事もなく過ごす事ができるのですが、一度長時間放置してしまうと生活に大きな支障をきたしてしまいます。

左脇腹にトラブルを抱えてしまった場合には独断で判断を下すのではなく、必ず医師の指示に従って治療を受けるように心がけてください。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

帯状疱疹の原因と対処法 気をつけたい後遺症のリスク
胸の痛みを放置すると、胸が痛い事態になるかも。胸の痛みから気付ける病気。
子どもだけじゃない!おとなの水ぼうそうに気をつけよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP