ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜお金が貯まらない? 4つのタイプ別“貯金貧乏”とその解決策

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

貯金はぜんぜん増えないのに、これから年末にかけてさらに出費が増えてどうしよう…と悩んでいる人は少なくないかもしれません。

『なんで貯められないのかわからない! まだ間に合う30代からの貯金改革』(マキヒロチ著、大竹のり子監修、竹書房刊)はまさに、「なんで貯められないのかわからない!」という人にうってつけ。2014年に出版された一冊で、アラサーで貯金額30万円弱というマンガ家の著者が貯金を決意し、奔走するコミックエッセイです。

「お金を貯めること」は「お金を知ること」。ここでは本書からその貯金術の一部をご紹介しましょう。

■支出は「○」「△」「×」で評価する

貯金の第一歩は「支出を知ること」です。手を抜いたやり方でもいいので、まずは家計簿をつけはじめましょう。自分が何にどれだけお金を使っているのか把握することで、「どこを削ればいいのか」「頑張ればいくら貯められるか」が見えてきます。

また、大事なのは、家計簿をつけたあとに自分の支出を評価すること。その買い物は自分にとっていい買い物だったかどうか、「○」「△」「×」で評価してみましょう。

■貧乏は4つのタイプに分けられる。あなたはどれ?

お金が貯まらない理由は人それぞれ。貯金する際に大事なのは、自分はなぜ「貯金貧乏」なのかを把握することです。

ここでは、本書に書かれている“貯金貧乏”4つタイプと、その解決策をご紹介します。あなたはどれに当てはまりますか?

○趣味貧乏

趣味にお金をかけるのが“趣味貧乏”の特徴です。

そんな“趣味貧乏”の人は、趣味の知識や経験を活かして副収入を得る方法を考えましょう。例えばブログやワークショップ開催があげられます。また、その趣味に本当に思い入れがあるなら、思い切って本業にしてしまうのも一つの手です。

○ペット貧乏

“ペット貧乏”の特徴は、ペットのためにこまごまとした費用がかさんでしまうこと。ペット可のマンションの高い家賃・敷金礼金、ペットのえさ代・病院代・予防接種代、旅行……など、枚挙にいとまがありません。

そんな“ペット貧乏”の人はペット保険に入って急な出費を抑えましょう。SNSなどを駆使しておトクな情報を得ることも重要です。

○二次会貧乏

飲み会に行くと必ず二次会、三次会まで付き合ってしまうのが“二次会貧乏”です。

“二次会貧乏”の人は、一次会から時間制限のない店を選んだり、二次会以降は家飲みにシフトする、おごってくれる上司などのグループと飲みに行くなどして出費を抑える工夫をしましょう。

○資産運用ベタ貧乏

資産運用で損をするとさらに資金をつぎ込んでしまうのが“資産運用ベタ貧乏”。

そんな“資産運用ベタ貧乏”の人は、自分で「損はここまで!」という限度額を決めることが有効です。ほかにも、長くやるなら結果が安定しやすい投資信託がオススメです。

 ◇

いかがですか?

貯金があると選択肢は広がります。リスクある道を行けるようになるかもしれません。どれだけお金があるかで次の目的地に進むための選択肢が変わってくるのです。

本書によると、お金を人生のガソリンにして前進するためには、「まずは百万円貯めること」が重要なのだとか。コツコツと支出管理して、上手に貯蓄していきましょう。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

要チェック!財布に出てくる「お金が貯まる人と貯まらない人の差」

この画像が示す「贅沢してないのにお金が貯まらない人」のNG習慣4つ

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP