ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiiaomi未発表の2モデルが中国で認証を取得、Redmi 4シリーズか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xiaomi の低価格ライン「Redmi」の新モデルと見られる「2016090」と「2016112」が中国 工信部の認証を取得しました。Redmi シリーズは現在、Redmi 3 / 3s / 3x が最新で、この 2 ~ 3 ヶ月間は次世代モデルとなる Redmi 4 の噂が度々伝えられていました。既に工信部の認証を取得した「2016060」が最有力と見られています。今回の 2 モデルはどちらも約 5 インチ 1,280 x 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイを搭載したミッドレンジクラスの機種で、背面のデザインが若干異なっています。2016090 は Redmi Pro に似た外観で 4,000mAh バッテリーを搭載。2016112 は Redmi 3 のような外観で 3,000mAh バッテリーを搭載しています。両モデルとも、Android 6.0、1.4GHz 駆動のオクタコアプロセッサ、2GB RAM、32GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラを搭載しています。2016060 に似た形状の 2016090 はおそらく Redmi 4 です。また、2016112 は何かの廉価版だと予想されます。Source : TENAA(2016060)(2016112

■関連記事
Android版「Lookout」のアプリUIがリニューアル
NVIDIA、Android TV「SHIELD」にOTA3.3へのアップデートを配信開始
Sonyの新型モバイルプロジェクター「MP-CL1A」を試す

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP