ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

超低カロリーな肉料理ができる!「氷こんにゃく」の作り方と活用術

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

超低カロリーな肉料理ができる!「氷こんにゃく」の作り方と活用術
ダイエット中だけど、お肉大好き!どうしてもやめられない・・・!なかなかやせられないもどかしさと、食べたい欲求との戦いにストレスを溜め込んでいませんか?上手に摂取カロリーを調節するには、満足感を得ることができて低カロリーな食材を活用するのがおすすめ。今回は、超低カロリーな「氷こんにゃく」の活用法をご紹介します。

氷こんにゃくの作り方

「氷こんにゃく」とは、文字通りこんにゃくを凍らせたもの。肉のように薄くスライスしたり、ぶつ切りにしたりしてお好みの大きさに切ります。そのままジップロックなどに入れて冷凍庫で凍らせるだけ。1日以上しっかり冷凍しましょう。

こんにゃくのイメージ

使い方

氷こんにゃくを料理に活用するときは、氷こんにゃくをボールに入れ、熱湯をかけて解凍します。そしてぎゅっと水分を絞ったら準備OK。

野菜炒めにしたり、生姜焼きにしたり、唐揚げにしたりと、肉料理に「肉」の代わりとして使用できます。食感がお肉に似ているので、大満足なのに超低カロリーなおかずをつくることができますよ。

氷こんにゃく料理のイメージ

氷こんにゃくのダイエット効果

低カロリー
こんにゃく自体のカロリーはほとんどないため、調理や味付けで加わるカロリーのみで済んでしまいます。ただし、エネルギー源がないと体内を活性化することができず、むしろ代謝を下げてしまうため、低カロリーな食事ばかりにすることは避けましょう。摂取カロリーを調整するのに活用してくださいね。

早食い・食べ過ぎの予防
よく噛んで食べると満足感を得やすく、食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。じっくり噛んで食べることで、1回の食事で食べる量をセーブすることができますよ。

便秘の予防・改善、美肌効果
こんにゃくには食物繊維が豊富。腸内環境が整い、代謝が高まります。便秘の予防・改善効果や美肌効果が期待できます。

たくさん食べても罪悪感を覚えず、楽しくカロリーカットができる氷こんにゃく。味付け次第でさまざまな料理に活用できるので、ぜひ新しい味を発見してくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

【紅たき占星】2016年ハロウィン開運仮装!あなたの願いは・・・?
解熱剤は逆効果?発熱から受け取る体のサイン
クマは3つの原因からつくられる!正しいケア方法【青クマ編】
2週間が勝負!かんたん生理後ダイエット5選
【秋太りを防ぐ!】引きずる不調を解消して代謝を高める生活のコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。