ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

緑内障手術は病気の進行を止めるだけ、病気完治はしない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国内では失明原因トップの恐ろしい病とされる緑内障。眼圧の上昇などによって目の視神経の障害が進み、視野が徐々に狭まっていく病気である。40代以上の20人に1人、70代の10人に1人が緑内障と診断されている。

 主な要因は加齢や喫煙、遺伝や糖尿病だが、現代人の多くが抱えるストレスも緑内障の引き金となる。

 彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長の平松類さんはこう解説する。

「心臓や精神面ならともかく、目の病気とストレスが関係するのは意外に思われるかもしれませんが、目の血管は髪の毛より細く、わずかなストレスで血管が収縮して血流が低下します。それが緑内障の要因となるんです」

 最大の特徴は、自覚症状がないことだ。緑内障にかかると少しずつ見える範囲が狭くなるが、視力は落ちないため、免許センターや健康診断では見落とされることがほとんど。発症に気づかず、狭くなった視野が原因で交通事故を起こしてしまう人もいる。

 ゆっくりと症状が進行するため、「あれ、何かおかしいな」と気づいた時には、すでに取り返しのつかないところまで症状が進んでいるケースが多いという。実際、日本緑内障学会の調査では、緑内障を持つ人の9割は検査を受けるまで、自分が緑内障であることを知らなかった。筑波大学医学医療系眼科教授の大鹿哲郎さんは、こう語る。

「緑内障で痛んだ視神経は決して回復せず、放置すると、時間の経過とともに悪くなるだけです。発覚したその日から点眼薬を用いて、進行を止める治療が一般的です」

 とはいえ、進行のスピードが早い場合や、進行度合いが進んでいる場合は手術も求められる。

『週刊現代』の記事では、「緑内障の手術はするな」という強烈な見出しで、「手術で視力は回復せず、術後感染症を起こしやすい」、「なるべく受けないほうがいい」と主張されていた。 緑内障の手術は受けるべきではないのか。平松さんは、手術のリスクを認める。

「基本は目に小さな穴を開けて、角膜と水晶体の間を満たしている房水(ぼうすい)の通り道をつくる手術なので、難易度は高く、傷口からばい菌が入って術後感染症を引き起こすリスクも白内障よりはるかに高くなります。手術によって視力低下をきたすこともあります」(平松さん)

 しかし、リスクを認めつつも、今回取材した医師は皆、「緑内障の手術はするべき」と口をそろえる。なぜなら、それは「最後の手段」であるからだ。平松さんが続ける。

「もちろん、手術を受けずに済めばいいのですが、目薬では効果がない状態をそのままにすると失明してしまうため、やむなく手術に踏み切るケースがほとんどです。リスクはありますが、手術以外の方法がないのです」(平松さん)

 では、そのリスクを少しでも回避するためにはどうすればいいのか。大鹿さんはこう語る。

「医師の腕前がかかわってきますので、まずは主治医に緑内障の専門医を紹介してもらうこと。緑内障患者団体のネットワークもあり、会員同士で情報交換もできるので、利用するのも方法でしょう」(大鹿さん)

 ここで強調しておきたいのは、たとえ手術をしても緑内障は治らないことだ。

「あくまで病気の進行を止めて失明を避けるための手術で、成功しても病気が治ったり、視野が広がるわけではありません。手術で目が見えるようになる白内障の手術とは全く違うのです。術後にまた病気が進行すれば、再手術もあります。一回緑内障になれば、手術をしようがしまいが、一生病気とつきあう必要があるんです」(平松さん)

 自覚症状のないこの病気を早期に発見する唯一の手段は眼科での検査だ。

「今は検査の性能も上がっていて、眼底カメラなどで調べてみれば、緑内障を早期に発見できます。早く見つかれば、点眼薬の治療で進行を止めることができ、手術をする必要はありません。40才以上ならば、2~3年に1回は眼科で検査を受けてほしいですね」(平松さん)

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
白内障 唯一の治療法は人工レンズを入れる手術
失明原因1位の緑内障 予防に効果がある食品2つ紹介
目の成人病“緑内障”の治療法は4種類 いずれも眼圧を下げる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP