ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中井貴一が語る武田信玄という因縁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、全国東宝系にて公開中の映画『グッドモーニングショー』に主演する中井貴一の言葉から、1988年に大河ドラマ『武田信玄』で主人公の信玄役を演じた当時について語った言葉をお届けする。

 * * *
 中井貴一は1988年、NHK大河ドラマ『武田信玄』で主人公の信玄役を演じた。ちなみに、大河第一作『花の生涯』は、父・佐田啓二が主演している。

「『信玄』は26作目なんですが、綺羅星のごとく素晴らしい俳優さんが出てきた中で、26名しか主役を演じた人はいないわけですよね。その最初を父がやり、26本目に話をもらったということだけで光栄な気がしました。しかも、父は山梨の韮崎で亡くなっているのですが、その父が亡くなった土地の武田信玄という役が僕のところに来たというのも大きな因縁だと考え、引き受けました。

 でも、多くの方からは止められました。前の年が『独眼竜政宗』でしたので、『比較されるし、そんなに視聴率はとれないよ』と。だけど、そう言われれば言われるほどやりたくなるのが僕なんですよ。『じゃあ、やってやろう』と思いました。

 僕を主役として認めないスタッフもいたようです。いじめに近いこともありました。でも、それに徹底して立ち向かおうという一年でしたので、人間的に鍛えられましたね」

 物語の終盤では、当時まだ二十代の中井が晩年の信玄の貫禄や声色などを巧みに演じている。

「歳を重ねるとはどういうことだろう、と思って、お年寄りの歩き方を常に見ていました。歳を取ると何が違うのかといったら、歩き方だと思ったんです。足が上がらなくなるとか、両足の間隔が開いていくとか。

 時代劇の口跡は、いろいろな先輩を観て勉強しました。『こういうトーンで喋った方が時代劇にはいいだろう』って、家で練習しましたね。ですから、家にいる自分は見せられないです。どういうトーンで話すかをずっと探っているわけですから」

 デビュー間もない1982年のNHK時代劇『立花登青春手控え』に始まり、近年も映画『柘榴坂の仇討』など、数多くの時代劇に出演し続けている。

「『立花登』から数本は、時代劇は『大変』という印象しかありませんでした。支度は大変だし、セリフ回しも違うし、台本を理解するのも難しいですから。

 でも、後々に分かったのは、時代劇は役者の世界で唯一、継承されるべきものだということです。役者には徒弟制度はないと思っていて、感性のある者だけが生き残れる、サバイバル的な世界です。でも、時代劇は違う。
 
 先輩が後輩に教え、後輩がまたその後輩に教えていく。それは、役者だけじゃなくてスタッフも同じです。時代劇が無くなったら、その瞬間にその文化も消える。ゼロから新たに立ち上げるのは不可能です。脈々と続いていることに意義があるんです。

 時代劇の大切さに気づいたのは、四十を過ぎてからでした。テレビからシリーズものが消え、衰退がささやかれるようになった時、継承しようと思ったんです。あまのじゃくですから。

 僕らの世代が次の世代に残さなきゃいけないものがある。バトンを受け取る立場から渡す立場になった時、『お前ら、次の世代に渡してくれよ』という先輩たちの声が聞こえたような気がしたんですよ」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/五十嵐美弥

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
武田家と上杉家当主に質問 信玄と謙信役俳優で最高なのは?
平泉成の芝居論「スターはベンツに、役者は電車かバスに乗れ」
『水戸黄門』番組終了で若者からも「やめないで」コール発生

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。