ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加山雄三 健康な肉体と若さを維持する秘訣は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 上原謙と小桜葉子の俳優夫婦の間に生まれた加山雄三(79)は、高校生の時に祖母に連れられ神奈川・大雄山で修行をしたことがある。

 華やかな芸能界でもてはやされる二枚目俳優の父親の姿を見て、「自分は出来損ないだ」と感じて出家を考えたのだという。この時、滝に打たれて悟りの境地に触れた体験をした。

「自分の中にある汚れた気持ちが洗い流されるような感覚でした。すべてを浄化する気持ちが、いつか自分の心の中に芽生えるのではないか。不思議にそう思えたので、出家することはやめました。

 現実の社会にも苦しみや悩み、越えることの困難な山がたくさんある。そんなとき、僕は祖母の『享楽からは失うものが多く、苦しみからは得るものが多い』という言葉を思い出すのです」(加山、以下「」内同)

 その日以降、加山は1日に2度の水浴びを続け、健康そのものだという。バイタリティあふれる行動力と旺盛な好奇心、そして、健康な肉体。若さを維持する秘訣を聞いた。

「若い? 本気でいってるの?(笑い)。そう見えるのなら、いまだに現役でいるからじゃないかな。現役を退くと途端に気迫がなくなって老け込む人が多いけど、どんな仕事でも目的を持ち、毎日気を張って生活している人は考え方も若くなります。

 僕だって、音楽や絵画だけでなく、エコについても何かできないかと考えている。2020年までに二酸化炭素の排出量の削減を目指す『チャレンジ25』という政府プロジェクトがあって、その応援団のキャプテンをやらせていただいています。まだまだやりたいことがたくさんあるんですよ」

●かやま・ゆうぞう/1937年、神奈川県横浜市出身。1960年に映画『男対男』でデビュー。翌年、若大将シリーズ第1弾『大学の若大将』に主演。1962年、黒澤明監督『椿三十郎』、1965年同『赤ひげ』に出演。同年リリースの『君といつまでも』がレコード大賞特別賞を受賞。2014年に結成したTHE King ALL STARSでフジロックフェスティバルに出演。今年、画業20周年を迎えた。「画業20周年記念 加山雄三アートの世界展」が10月27~30日/大丸心斎橋店北館14階イベントホール、11月23~28日/高島屋日本橋店8階特設会場で開催される。

■取材・文/小野雅彦 ■撮影/二石友希

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
加山雄三の限りない好奇心 油絵、陶芸、書道、ゲームまで
加山雄三 「僕は本当に今が一番幸せだなぁと思うんですよ」
加山雄三 数十億円あった借金を完済するまでの道のりを語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP