ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トイレ掃除、空気と明るさまで気を配って金運UPを実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 トイレがきれいだと清々しくて、気持ちが良いもの。風水研究家・直居由美里氏にトイレの清潔さの重要性を聞いた。

 * * *
 トイレ掃除の重要性はこれまでに何回も触れてきました。金運が低迷している家は、トイレ掃除を怠っていることが多いもの。

「お金の算段に忙しくて、トイレ掃除まで手が回らない」と言い訳されますが、不浄な気のたまり場所であるトイレを汚いまま放置していることが、ますます金運を下げているのです。

 金運アップにトイレ掃除は欠かせません。不潔でじめじめしていると、つい先延ばしにしがちですが、こまめに掃除をしていると、トイレは家中のどこよりも清潔な場所となります。コンパクトなスペースですから、徹底的に掃除してもそれほど時間はかかりません。ぜひ一日の習慣にトイレ掃除を組み込んでください。

 一般的なトイレ掃除は、便器の内側をブラシで洗い、便器の外側、床や壁を拭くという手順でしょう。便器の縁裏は上からは見えませんが、汚れがこびりついていることが多いので、細めのブラシで一度きれいに落としましょう。

 便器の汚れが落ちて、床や壁が清潔になったら、次の段階の金運アップを引き寄せるトイレにしましょう。具体的には、空気と明るさです。

 風水では、トイレから発生する邪気が運気を低迷させると考えます。拭き掃除によって邪気を減らすことはできますが、空気中に拡散している邪気までは除去できません。

 窓があるトイレなら、こまめに窓を開けて換気すること。窓がないのなら、換気扇を長めに回しましょう。盛り塩や炭を置くのも、空気の浄化に効果的です。

 トイレにこだわるお宅では、空気清浄機を置いてあることもあります。私は一歩進んで、トイレにイオン発生機を設置しています。

 もし、トイレが家の中心から見て北東や南西にある場合は、要注意です。北東は鬼門、南西は裏鬼門。日本古来の家相では、鬼門と裏鬼門は避けてトイレを作っていたものですが、集合住宅などでは間取りの都合上、北東や南西にあるトイレが珍しくなくなりました。

 北東のトイレは、相続問題を引き起こしやすく、南西のトイレは一家の主婦の運気に大きなダメージを与えます。

 といっても、鬼門や裏鬼門のトイレが恐れられていたのは、水洗が普及する前の時代です。汲み取り式だと、排泄物がそのまま鬼門や裏鬼門に留まることになるからです。現代はそれほど神経質になる必要はありませんが、日頃の掃除に加えて、空気清浄機やイオン発生機の導入をぜひ検討してみてください。

 空気が浄化できたら、次は照明です。トイレは暗くてじめじめしたところというイメージからもわかるように、陰の気に傾きがちです。陰陽のバランスは東洋占術の開運の基本ですから、照明を明るくして陽の気を強めましょう。

 そして、これから秋が深まるにつれて、冷え冷えとしたトイレは健康にもマイナスです。特に婦人科系や腎臓、膀胱の持病を患っている人は、トイレをできるだけ暖かくしてください。そして、寒いトイレは金運も大きく下げます。冬に向けてトイレ用の小さな暖房器具や温かい便座を設置しましょう。

 空気洗浄機や暖房器具などの出費がもったいないと思うかもしれませんが、一日に何回も使うトイレを快適にするための投資は何倍ものリターンをもたらします。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
風水専門家「トイレ汚れると不浄な空気が広がり運を下げる」
宮城県の中学校素手トイレ掃除批判に PTA副会長が反論
ベストセラーも書ける? 風水師の「幸福つかむトイレ掃除法」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP