ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

11月はアクティブにおでかけしよう!11月の金沢おすすめ20選はココ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月はアクティブに金沢のおすすめスポットへおでかけしよう!

紅葉の時期の兼六園や金沢城公園、尾山神社を楽しんだり、武家屋敷跡野村家や長町武家屋敷跡土塀や主計町茶屋街で風情ある情景を楽しむもよし、湯涌温泉で身も心も癒されるのも○!

この時期ならではの金沢で、家族や恋人と素敵な想い出作っちゃおう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

第7ギョーザの店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000178943/photo/

ギョーザの概念をくつがえす、もちもちのボリュームある皮にジューシーな具がポッテリと包まれた「ホワイト餃子」が有名。パリッと香ばしく焼き上げられたギョーザを目当てに、学生や根強いファンが店を訪れる。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

普通の餃子とはひと味違った餃子が楽しめます!

一口目はかなり熱いので火傷に注意してください。

席はカウンターと有料の個室があります。私は断然個室派です!ゆっくり食べれるので。

ご飯の時間帯に向かうと必ずしも行列なので、時間帯をずらすか早めに向かうことをおすすめします。

(行った時期:2014年6月)

これって餃子?って位不思議な感じのオリジナルな餃子が楽しめるお店です。ホワイト餃子はボリュームがありモチモチしていて美味しかった。

(行った時期:2014年4月) 第7ギョーザの店

住所/石川県金沢市もりの里1-259

「第7ギョーザの店」の詳細はこちら

金沢港いきいき魚市

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000119022/photo/

威勢のいい掛け声が飛び交う金沢港いきいき魚市では、金沢港をはじめ石川県内の漁港で水揚げされた捕れたての魚介類が販売されている。館内には漁業者や産地仲買人が直営する個性豊かな店が6軒そろい、旬の魚を存分に品定めできる。向かいのせり市では、活気あふれる朝せりや夜せりの様子も見学できる。

捕れたての魚を手に入れるならここ

\口コミ ピックアップ/

水曜は市場お休みだけど 土日はイベントもあったりして 生きのよい新鮮な魚介類を買える場所

しかし金沢駅から遠く 皆車で来場 アクセス見たらやはりバスの乗り継ぎのようで

私またもや自転車でえっちらおっちら 結構金沢駅から遠かったぁ

(行った時期:2014年11月)

カ二解禁になってから家族でカニを買いに行きました!コウバコガニを買いましたが、内子や味噌がたっぷり詰まっていて美味しかったです。ここはまだ地元の人が訪れることが多いので比較的値段は良心的だと思います。カニ以外にもさまざまな魚介類があるので見るだけでも楽しいです。

(行った時期:2015年11月) 金沢港いきいき魚市

住所/石川県金沢市無量寺町ヲ52

「金沢港いきいき魚市」の詳細はこちら

兼六園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ah2140016713/photo/

小立野台地の西北端近くにあり、金沢城跡とは百間堀をへだてて相対している。江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。延宝年間(1673年~1681年)、五代藩主綱紀の時代に最初の庭が造られ、1822年(文政5年)十二代藩主斉広が竹沢御殿を建てるに際し、拡張整備を行い、さらに1837年(天保8年)、十三代藩主斉泰が竹沢御殿を壊して霞ガ池を造りほぼ現在の形となった。

兼六園の名は奥州白河藩主白河楽翁が宋の李格非の“洛陽名園記”にちなみ、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つを兼備する名園であるとして命名した。その名に恥じず、10万平方mを超える園内には池や滝があり、曲水が造られ、日本海方面や医王山方面の眺望もすばらしい。

\口コミ ピックアップ/

やっぱり癒されますね、日本庭園の代表作ですよね。

広大な敷地と美しい景色に癒されました。行って見てください。

(行った時期:2015年11月)

ちょうど訪れた時期に、紅葉のライトアップを行っていました。昼間に一度散策し、用事を済ませてからまた夜のライトアップしてる時にチケットを持って入園しました。

入口からすぐの所は、混んでいましたが、奥の紅葉山は比較的人が少なく、山の上にある休憩所に腰かけて、ライトアップされた紅葉をうっとり眺めていました。

同じ赤でも様々なコントラストを感じられ、とても素敵な経験ができました。

(行った時期:2015年11月21日) 兼六園

住所/石川県金沢市兼六町1-4

「兼六園」の詳細はこちら

ひがし茶屋街

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201aj2200023579/photo/

金沢には「西」と「東」・「主計町」と3つの茶屋街があった。なかでもひがし茶屋街は料亭街となった現在でも、全体が保存区域になっているのでお茶屋建の家並みが続き、夜ともなれば三味線や太鼓の音が聞こえ、雅な伝統文化の世界を垣間見ることができる。金沢素囃子は金沢無形文化財に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

家族3人で初めての金沢旅行で午後に訪問。

時間が止まったかの様な美しい風景に思わずうっとり(☆☆)

途中にお茶や和菓子を頂けるお店に立ち寄りひとやすみ。

また行きたいです!

(行った時期:2015年11月)

まさに小京都です。町並みが本当に素敵で、ずっといたくなります。オシャレな和風カフェが多いです。お値段はやや高めですが、とても落ち着いて居心地がいいですよ。

(行った時期:2015年11月) ひがし茶屋街

住所/石川県金沢市東山

「ひがし茶屋街」の詳細はこちら

近江町市場

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ga3550124554/photo/

近江町市場は加賀百万石の台所。狭い地域に170あまりの店が立ち並んでいる。鮮魚,青果,精肉,かまぼこ,乾物,塩干,漬物,酒,駄菓子,惣菜,花,セトモノ,洋品雑貨…等々。おみやげに生ものを,という人には買ったものを氷詰めにしてくれる。

\口コミ ピックアップ/

市場はとても広く、市場で接客してくれた方々みんな優しくて良い雰囲気でした。

ちょうど越前がに解禁直後だったので、焼きがきが食べれず残念でした・・・

(行った時期:2012年11月8日)

多数の水産店があり、活気があり楽しいです。鮮魚の飲食店もありますが、肉屋さんや豆腐屋さん、果物屋さんなどもあり、普段の買い物にもよし!

(行った時期:2014年11月) 近江町市場

住所/石川県金沢市上近江町50

「近江町市場」の詳細はこちら

金沢21世紀美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ae3302018402/photo/

平成16年10月開館。円いガラスに囲まれた明るい美術館。気軽に立ち寄れ、無料ゾーンにコミッションワークもあり、建物そのものも一見の価値あり。

\口コミ ピックアップ/

金沢に行くのであれば、絶対に抑えておきたい箇所かと思います。

ジェームズ・タレルのブルー・プラネット・スカイがお気に入りです。

夜に観られる企画もあるようなので、参加してみたいです。

(行った時期:2014年11月)

不思議な作品が沢山あり、見ていて癒される物ばかりだったり、飽きないデートスポットになると思います!

(行った時期:2009年11月14日) 金沢21世紀美術館

住所/石川県金沢市広坂1-2-1

「金沢21世紀美術館」の詳細はこちら

妙立寺(忍者寺)

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ag2130012974/photo/

俗称忍者寺。拝観は予約制。

\口コミ ピックアップ/

1ヶ月くらい前に9:00~の一番早い時間で電話で予約を入れました。。

当日は大雨で、屋根のある待合所みたいなところもありますが、みんな軒下で半分濡れながら待っています。

最初に本堂に座って一通りのお話と注意事項を聞き、20人くらいのグループに分かれて案内の方が他のグループと見学場所が重ならないように案内してくれます。

外国人には数か国語で書かれたお部屋毎の案内のガイドブックが渡されますが、どこのページを見ていいのか分からずに難儀している様子も見られました。

外国人対応としてガイディングレシーバーなど有ったら良いのにと、少し気の毒になりました。

「NINJA寺」というより「からくり寺」という感じです。

国内外からの観光客もそのつもりで行った方がいいですね。

「忍者」とは全く関係がないとお寺の方も言っていました。

(行った時期:2015年11月)

事前に予約をしないと内部の見学はできません。たくさんある仕掛けを説明してもらいながら1時間弱見て回りました。とても価値のある時間を過ごせました!

(行った時期:2014年11月) 妙立寺(忍者寺)

住所/石川県金沢市野町1-2-12

「妙立寺(忍者寺)」の詳細はこちら

金沢城公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201af2122018403/photo/

加賀藩前田家の居城だった金沢城は、五十間長屋や菱櫓が復元され、城址全体を公園として開放しています。

\口コミ ピックアップ/

兼六園の後に訪れましたが、金沢城公園はとても広いところでした。2015年の3月に整備された玉泉院丸庭園は珍しい石垣も見ることができるとても綺麗な庭園でした。

(行った時期:2015年11月)

兼六園に行く前に寄りました。

広くて空いていて散策に最適です。

城跡や大きな門と見所もたくさんありますよ。

(行った時期:2015年11月) 金沢城公園

住所/石川県金沢市丸の内1-1

「金沢城公園」の詳細はこちら

長町武家屋敷跡土塀

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ad2150017158/photo/

武家屋敷独特の武家窓がある長屋門や土塀、丁字路や袋小路などの城下町の遺構を残す。冬には土塀を雪から守るためこもが掛けられる。

\口コミ ピックアップ/

金沢は11月に入ると冬支度です。

兼六園の雪吊は有名ですが民家の庭木も雪吊します。

長町の武家屋敷の長い土塀も雪に備えて囲いをします。

私は雪吊の幾何学的な美しさより、生活感の濃い触れる囲いが好きです。

途中に野村家が有り屋敷内部と庭園が観れます。横に和菓子「たろう」の『カカオ羊羮』は絶品、向かいの和菓子「村上」は落雁、3軒程離れた「俵屋」の『じろ飴』は是非お土産に!因みに「たろう」では野村家の庭を眺めて休憩ができます。季節の上生菓子と抹茶のセットで一息ついて後半の散策へ。

(行った時期:2009年11月)

昔にタイムスリップしたかのように、連なる土塀がキレイで、ところどころにアクセサリーやお土産などのお店があって異空間だけどとても雰囲気がありました。

(行った時期:2015年11月6日) 長町武家屋敷跡土塀

住所/石川県金沢市長町

「長町武家屋敷跡土塀」の詳細はこちら

片町

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201aj2200026083/photo/

香林坊から犀川大橋までの大通り。ファッションビルや昔からの老舗などさまざまな店が立ち並んでいる。一本裏通りへ入ると味処・酒処がひしめき合う界隈になる。

\口コミ ピックアップ/

金沢一の繁華街と考えています。

老舗のお店から若い方向けのお店まで何でもあるような気がいたします。

(行った時期:2015年11月)

とてもこじんまりとしていて、風情がある場所です。金箔のソフトクリームが美味しかったです♪旅の思い出に召し上がってみてはいかがでしょう

(行った時期:2015年11月) 片町

住所/石川県金沢市片町

「片町」の詳細はこちら

俵屋

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ga3550085899/photo/

藩政時代商家老舗のたたずまいそのままに良質の加賀米と大麦を原料とし,独特の風味と栄養をほこる「あめ」。砂糖,人工甘味料,防腐剤等添加物は一切使用していない。

\口コミ ピックアップ/

「俵屋」さんは金沢の老舗あめ屋さんです!

以前金沢に行ったときお土産で購入して以来の大ファンのお土産です!

良質の米と大麦から職人さんが作る水あめ状のやわらかいあめです!

写真のじろ飴は、そのまま食べても煮物などの料理に使っても、お菓子やパンに使っても◎

俵っ子(じろ飴のつぶ)や飴ん子(おこしあめを練り上げて粒状にした半生タイプのような柔らかい飴)が特にお気に入りです!

写真は新宿高島屋全国銘菓コーナーで見つけました!

(行った時期:2008年1月)

金沢での出張では、お土産に必ず「練りあめ」を購入させてもらってます。我が家では、お湯に溶かして水あめジュースとして飲食しています。 サッパリと美味しく、冷やすともっと美味しく飲めます。子供にも安心して飲ませています

(行った時期:2011年4月27日) 俵屋

住所/石川県金沢市小橋町2-4

「俵屋」の詳細はこちら

尾山神社

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ag2130011752/photo/

金沢の藩祖・前田利家公をまつる。神門は全国でも珍しい洋風の建物で重要文化財。18時から22時まで灯りがともり、ギヤマンが美しく映える。

\口コミ ピックアップ/

前田利家公、おまつの方をお祀りする神社で、神門は、ステンドグラスみたいなギヤマンと和の融合で、鳥居と、石造りと木の彫り物とで初めてみる雰囲気にとても素晴らしかったです。夜はライトアップされるみたいです。

(行った時期:2015年11月5日)

バスの乗車中案内を聞く度に気になっていました。バス停からも近く穴場のスポットです。紅葉もキレイなのでお時間があるときはオススメです。

(行った時期:2013年11月15日) 尾山神社

住所/石川県金沢市尾山町11-1

「尾山神社」の詳細はこちら

金沢城石川門

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ae2180022104/photo/

金沢城三の丸にある搦手門で,鉛瓦葺き,表門と左右太鼓塀,櫓門,櫓がある桝形門。

\口コミ ピックアップ/

兼六園の近くにあり金沢城と共にどちらにも観光でき便利である。

(行った時期:2010年11月24日)

大きくて、立派な門です。

良い写真がたくさん撮れました。

空いているのでのんびり散策できますよ。

(行った時期:2015年11月) 金沢城石川門

住所/石川県金沢市丸の内

「金沢城石川門」の詳細はこちら

にし茶屋街

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201aj2200024669/photo/

東山のひがし茶屋街・主計町とともに、かつて栄えた金沢三茶屋街のひとつである。お茶屋建の建物が並ぶ道の両側に今なお料亭が軒を連ね、格子戸の奥から三味線や太鼓の音が聞こえる。金沢素囃子は金沢無形文化財に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

とてもしんみりとした趣がある雰囲気で、静かな整備されたきれいな街でした。二階建ての家が並んでいて、色合いもとても街の雰囲気に合っていて、すてきでした。

(行った時期:2010年11月)

バスで近くまで行っても、普通の住宅が並ぶなあ、と思っていましたが、ちょっと道に入ったら別世界!町家がずらっと並んで、まさに時代劇でみるような風景でした。芸妓さんが歩いている…ということはなかったのですが、夜は今でもお茶屋として開いているところもあるそうです。

テレビや雑誌で見たことのある大通りもいいですが、結構広いのでちょっと大通りから外れた小路も風情があって歩くのが楽しかったです。日没頃からは茶屋に灯りがともってさらに雰囲気が出てました!

(行った時期:2014年11月29日) にし茶屋街

住所/石川県金沢市野町

「にし茶屋街」の詳細はこちら

武家屋敷跡野村家

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ae2180021314/photo/

長町で唯一、一般公開されている武家屋敷跡。代々奉行職を歴任してきた加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡を公開しており、格式を重んじた当時の様式を見学できます。加賀藩のお抱え絵師、狩野派の画人・佐々木泉景による山水画をほどこした襖や、総檜造りの格天井、ギヤマン入りの障子戸など、文化財的な評価も高い屋敷です。

野村家の庭園は樹齢400年の山桃や椎の古木や六尺に及ぶ大雪見灯篭、さくらみかげ石の大架け橋などが絶妙なバランスで配置されており、濡れ縁のすぐ下にまで迫る曲水、落水を配した佇まいは、屋敷と庭園が見事に調和した造りを見せています。

また、石造りの階段を上ると茶室があり、眼下に庭園を眺めながらお抹茶を頂くこともできます。2009年にミシュランの観光地格付けにて2つ星に選ばれ、また過去には米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌の日本庭園ランキングで第3位に選ばれるなど、海外からも高い評価を受けています。

\口コミ ピックアップ/

広いお庭で、池に鯉がいたり、雪つりするくらい立派な松など木々があり、奥の石段を上がれば茶室があって、お抹茶と落雁付きで300円でお茶をいただきました。あんな素敵なお庭を見ながらいただくお抹茶はとても美味しかったです。

(行った時期:2015年11月6日)

風情があり歴史を感じました なかなか見ることのできない貴重な雰囲気を感じられました 一見の価値大です

(行った時期:2009年11月8日) 武家屋敷跡野村家

住所/石川県金沢市長町1-3-32

「武家屋敷跡野村家」の詳細はこちら

主計町茶屋街

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ad2150016807/photo/

浅野川の清流と卯辰山を望む自然と建築美の調和した伝統的茶屋街。情緒あふれるキムスコ(格子戸)が連なる。

\口コミ ピックアップ/

主計町の路地を散策すると金沢に来たなぁと思います。

小さなエリアですけど金沢を象徴する場所です。

(行った時期:2008年11月)

独特な感じのする茶屋街でした。美しく整備されていて、建物もその時代の生活を実感させる、とても雰囲気のあるものでした。街全体が整備されて美しかったです。

(行った時期:2010年11月) 主計町茶屋街

住所/石川県金沢市主計町

「主計町茶屋街」の詳細はこちら

石川県立美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201cc3300033994/photo/

国宝仁清色絵雉香炉他、古九谷から再興九谷焼を含む古美術コレクション。また、石川県を中心とする近現代の美術と工芸作品。加賀藩前田家に伝わる文化財を展示する前田育徳会尊經閣文庫分館など。

\口コミ ピックアップ/

有所ある美術館です。石川県は九谷の里、人間国宝も沢山います。九谷焼を含む伝統工芸展もよくあります。また、百万石の歴史もわかり、エジプト展とかいろいろとイベントがあるので、時々チェックして出かけます。

(行った時期:2014年11月23日)

美術展の内容はもちろん素晴らしいのですが、さらに感動したのが併設されているカフェ「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」のケーキが本当にすごかったです!

お菓子の世界大会で4回優勝されたという辻口博啓さんの絶品スイーツがもう選びきれない位並べられていて、説明を読んでも味の想像が全くつかない!

もうとにかく二つ選んで、ニルギリの紅茶も合わせて注文し、ゆったりとしたお庭を見ながら食べました。

味わいが余りにも複雑で、ひとくちひとくちの味が変化し、それでもケーキとしての美味しさが成り立っていて。もう家の近くにあったら全種類制覇するのに!と思えるくらい何度でも行きたい所です。

是非行ってください!朝のオープン10時に行ったら待たずに入れます。その時間帯以外は並ぶの覚悟で…。お持ち帰りも出来ますから。

(行った時期:2009年9月26日) 石川県立美術館

住所/石川県金沢市出羽町2-1

「石川県立美術館」の詳細はこちら

森八

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_17201ga3550085900/photo/

寛政2年創業、380年の歴史を持つ菓子舗。和三盆と北陸のもち米など厳選された原料から作られる「長生殿」は日本三名菓の一つとして有名。金沢各所に支店や茶寮がある。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

金沢の和菓子といえば森八です。値段はすこし高めですが買う価値ありです。どの御菓子も一工夫されていてさずがだなあと感心させられます。おみやげにもぴったりです。

(行った時期:2014年5月)

上状生菓子を購入しました。見た目も美しく、味も上品で満足です。

併設されている木型美術館は入館料200円で、江戸時代からの落雁の木型を見ることができます。時代を感じさせるものも多数あり、大変興味深かったです。

(行った時期:2013年10月19日) 森八

住所/石川県金沢市尾張町2-12-1

「森八」の詳細はこちら

湯涌温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201cd2110076682/photo/

白山連峰の医王山麓にある標高400mの温泉。加賀藩主の湯治場として歴史を保ち、明治以降から庶民の温泉地となった。大正ロマンの画家竹久夢二が滞在し、薬師堂に碑立が建つ。金沢湯涌夢二館、総湯「白鷺の湯」がある。

\口コミ ピックアップ/

金沢駅から車で30分ほどで行ける温泉街です。どこか懐かしいような気分になる古い温泉街と、大きな旅館やホテル並ぶ新しい温泉街の2つのエリアがありました。湯涌温泉に来たらぜひ足湯に行ってみてください。足湯には観光客だけでなく地元の方もいて、いろいろなお話を聞かせてくださいました。お湯もとても気持ちが良く、時間を忘れてずっと入っていてしまします。ここ湯涌温泉は竹久夢二ゆかりの地だそうで、ミュージアムなどもあり、一日いても楽しめそうでした。

(行った時期:2015年11月)

このあたりは、とても静かでいいですね。1時間くらいかけていきました。あまり車もとおりません。露天風呂からみえる緑と乳白色のお湯が癒されます。

(行った時期:2016年9月) 湯涌温泉

住所/石川県金沢市湯涌町イ1番地

「湯涌温泉」の詳細はこちら

箔一本店 箔巧館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ga3550085045/photo/

金沢は全国の金箔99%以上の生産量を誇る金箔の街です。箔巧館は、その金箔の街金沢で、金箔を「見て、触れて、味わって」楽しむことができる「金箔の総合ミュージアム」です。地下1階には体験スペースと業界随一の豪華さを誇る「金箔の間」で金沢箔の魅了をわかりやすく、楽しく学ぶことが出来ます。

1階には工芸品や金箔コスメなどを販売するお土産スペースと「はくいちカフェ」があります。体験後は「はくいちカフェ」で名物の「かがやきソフト」に舌鼓を♪2階には多彩な箔工芸品をそろえた地元有数のギャラリーをご用意。

\口コミ ピックアップ/

金沢と言えば金箔で有名ですが、ここでは金箔工芸品を購入したり、歴史を探訪したり、

体験することができる施設です。動画コーナーでは、金の塊から、薄い金箔ができるまでの

工程をわかりやすく紹介してくれます。

1000枚の金箔が使われたという黄金の三重の塔や仏像も見所です。

(行った時期:2012年6月)

金箔工芸といえばここ!観光客でも金箔体験ができ作品ができれば持ち帰れます。思い出作りにどうでしょうか?

(行った時期:2013年8月) 箔一本店 箔巧館

住所/石川県金沢市森戸2-1-1

「箔一本店 箔巧館」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

11月はアクティブにおでかけしよう!11月の仙台おすすめ20選はココ!
11月はアクティブにおでかけしよう!11月の横浜おすすめ20選はココ!
11月はアクティブにおでかけしよう!11月の箱根おすすめ20選はココ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP