ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sonyの新型モバイルプロジェクター「MP-CL1A」を試す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony が今月海外で発売したレーザー光源の新型モバイルプロジェクター「MP-CL1A」を入手したので早速試してみました。MP-CL1A は約 2 万時間という長寿命のレーザー光源を採用したスマートフォンサイズのプロジェクターで、HDMI / MHL と Miracast による接続をサポートしており、スマートフォンの場合は MHL や Miracast(スクリーンミラーリング)を利用して接続することができます。本体の側面には、電源ボタン、ボリュームボタンとメニュー決定ボタン、HDMI 入力端子、USB 端子、イヤホンジャックがあります。また、付属のレンズカバーはスタンドとしても機能します。MP-CL1A は短距離投映型の製品で、実際に使ってみると、スクリーンとの距離 1m 以内が私にとっての実用的な設置範囲でした。また、投映サイズはスクリーンとの距離 10cm で約 5 インチ、30cm で約 15 インチ、1m で約 30 インチという感じです。もっと離して使用することも可能ですが、距離が離れるに連れて見づらくなるので、一般的なカンファレンスにおけるプレゼン用には使えそうにありませんでした。サブモニタ代わりにはちょうど良い製品です。1m の範囲なら昼間に照明を点けた部屋の中でも目の悪い私でさえも問題なく投映映像を楽しめたので、デスクに置いた 30 インチ前後のサブモニタのような感覚で使えると思います。MP-CL1A はオーカスフリータイプなので、手動でピントを調節する必要はありません。スクリーンとの距離数 cm でも映像を鮮明に投映していました。キーストーン補正機能があるので、プロジェクターの仰角によって投映画面が台形になることを補正できます。MP-CL1A は昨年発売された MP-CL1 の改良版で、新たに Bluetooth をサポートしており、外部スピーカーと接続できますが、実際に使ってみると Bluetooth 接続中のスクリーンミラーリング機能は 5GHz 帯で動作するようなので、周波数帯の切り替えが手動では行えない Xperia では繋がらないこともあります。その場合は有線接続に切り替える必要があります。MP-CL1A には新色となるゴールドがラインアップされています。今回入手したのもゴールドですが、実際には少し黄色みがかったシルバーという落ち着いた色合いで、まさに「金」という色合いではありません。

■関連記事
音楽アプリ「doubleTwist」がリニューアル、Material Design仕様に刷新され、Android WearやGoogle Cast、Android Autoをサポート
Samsungのハイスペックな2画面折りたたみ式スマートフォン「SM-W2017」が中国で認証を取得
Google、Netflixオリジナルドラマ“Stranger Things”のAllo用ステッカーを無料配布中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。