ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

帯広のオススメ観光スポット41選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは、北海道の東部にある街「帯広」をご存知でしょうか?帯広市には、名物「豚丼」をはじめ様々なグルメスポットから、歴史や自然を肌で感じられるネイチャースポットまで、たくさんの魅力ある見所が存在します。

今回は定番の観光スポットから、穴場スポットまで、帯広のお勧めスポット41ヶ所をご紹介いたします。

 

1.愛国駅・幸福駅(愛国町・幸福町)

photo by pixta

旧国鉄広尾線の「愛国駅」と「幸福駅」は、「恋人の聖地」に認定されている全国的に有名な場所です。

ここでキップを買うと「愛と幸せがやってくる」ということから、なんと当時1300万枚も売れたそう。広尾線の廃線に伴い廃駅となったのちは、交通記念館として利用されています。
■詳細情報
・名称:愛国駅・幸福駅
・住所:[愛国駅]北海道帯広市愛国町基線39-40
[幸福駅]北海道帯広市幸福町東1線
・アクセス:[愛国駅]十勝バス:帯広駅バスターミナルから広尾行き乗車、 「愛国」下車徒歩2分 [幸福駅]十勝バス:帯広駅バスターミナルから広尾行き乗車、「幸福」下車徒歩5分
・営業時間:9:00~17:00(交通記念館:12月~2月は日曜日のみ開館)※SL車は冬期間12月~3月は見学できません。
・マップ:
・電話番号:0155-65-4169(帯広市商工観光部観光課)
・料金:無料
・オススメの時期:春~秋
・公式サイトURL:http://www.koufuku-eki.com/aikokuinfo

 

2.おびひろ動物園(緑ヶ丘)

photo by pixta

身近な動物から猛獣まで、約70種400種類以上の動物たちが飼育・展示されている「おびひろ動物園」。

北海道で2番目に誕生した歴史ある動物園で、規模は小さいながらも、北海道ではここでしか見ることができないアジアゾウも鑑賞できます。
■詳細情報
・名称:おびひろ動物園
・住所:北海道帯広市字緑ヶ丘2
・アクセス:十勝バス:駅前9番乗り場より約18分  70系統大空団地行き「動物園前」下車約300m坂道を上ると南門着 拓殖バス:駅前2番乗り場より約16分 南商業高校線・帯広の森線「緑ヶ丘6丁目美術館入り口」下車  約600mで正門着
・マップ:
・営業時間:[夏期開園期間]平成27年4月29日~9月30日:9:00~16:30 平成27年10月1日~11月3日:9:30~16:00 [冬期開園期間]平成27年12月5日~平成28年2月28日の間の土・日・祝日 11:00~14:00
※12月29日~1月3日、氷まつり期間中の金曜日は開園
・電話番号:0155-24-2437
・料金:入園料大人420円、高校生210円、中学生以下無料、65歳以上210円
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/zoo/

 

3.ばんえい十勝 帯広競馬場(柏林台駅周辺)

photo by pixta

帯広市街地から車ですぐの所にある「帯広競馬場」では、サラブレッドよりも大きなばん馬がソリを引くばんえい競馬を楽しむことができます。

このばんえい競馬が見れるのは世界でここだけなので、是非とも足を運んでみてください。
■詳細情報
・名称:ばんえい十勝 帯広競馬場
・住所:北海道帯広市西13条南9丁目
・アクセス:十勝バス:帯広駅バスターミナル12番乗り場から「競馬場」停留場で下車 とかち帯広空港ビル玄関前から「帯広競馬場前」下車
・マップ:
・営業時間:毎週土曜~月曜:10:00、13:00、13:30など(HPで事前にご確認ください)
・定休日:レースのない日(敷地内施設は営業しています)
・電話番号:0155-34-0825
・料金:入場料100円
・公式サイトURL:http://www.banei-keiba.or.jp/info/obihiro_racetrack.html

 

4.馬の資料館(帯広競馬場内)

Tau Subaruさん(@subarutau)が投稿した写真 – 2013 10月 12 8:12午後 PDT

帯広競馬場敷地内にある「馬の資料館」では、十勝開拓に活躍した農耕馬の歴史を紹介しています。

リアルな姿の馬や人の像もあり迫力満点!競馬と併せて、こちらの資料館で馬にもっと触れあいましょう。
■詳細情報
・名称:馬の資料館
・住所:北海道帯広市西13条南8丁目3
・アクセス:十勝バス:帯広駅バスターミナル12番乗り場から「競馬場」停留場で下車 とかち帯広空港ビル玄関前から「帯広競馬場前」下車
・マップ:
・営業時間:10:00~16:00
・電話番号:0155-65-4169
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.nokyoren.or.jp/horsecenter.html

 

5.愛国神社(愛国町)

masahi_deluxeさん(@lupo_dorato)が投稿した写真 – 2016 4月 19 1:05午前 PDT

先にご紹介した「愛国駅」の駅舎近くには、これまた幸せになれそうな名前の「愛国神社」があります。

島根県出雲大社より大国主命を拝受しており、無病息災・縁結び・安産などの御利益があります。
■詳細情報
・名称:愛国神社
・住所:北海道帯広市愛国町基線25-5
・アクセス:JR帯広駅から車で20分 十勝バス:広尾行きで36分、「愛国」下車徒歩約20分
・マップ:
・電話番号:0155-22-8600(帯広観光コンベンション協会)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://obikan.jp

 

6.グリーンパーク(緑ヶ丘)

photo by pixta

昭和53年に開園した約8ヘクタール・全面芝生の公園で、かつて世界一「長いベンチ」としてギネスブックにも掲載された「400メートルベンチ」があります。
■詳細情報
・名称:グリーンパーク
・住所:北海道帯広市緑ヶ丘2 緑ヶ丘公園内
・アクセス:JR帯広駅より車で5分 十勝バス:自衛隊稲田線、畜大線行きで15分、「グリーンパーク」下車すぐ 拓殖バス:南商、ニュータウン23条、帯広の森、白樺学園線行きで15分、 「西12条」下車徒歩約10分
・マップ:
・電話番号:0155-21-3172(帯広市都市建設部みどりの課)
・料金:無料
・オススメの時期:春~秋
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/toshikensetsubu/midorinoka/a_01midorigaoka_midokoro.html#green

 

7.緑ヶ丘公園(緑ヶ丘)

photo by pixta

50.5ヘクタールという広大な敷地面積を誇る総合公園で、園内には 百年記念館や美術館などの文化施設や、児童遊園などがあります。

休日にはバーベキューをする人々で賑わう、市民の憩いの場です。
■詳細情報
・名称:緑ヶ丘公園
・住所:北海道帯広市緑ヶ丘2
・アクセス:JR帯広駅から車で10分 十勝バス:帯広駅バスターミナルからヨーカドー行き乗車、 「グリーンパーク」下車 自衛隊稲田線、畜大線行きで15分、「グリーンパーク」下車すぐ 拓殖バス:南商、ニュータウン23条、帯広の森、白樺学園線行きで15分、 「西12条」下車徒歩約10分
・マップ:
・電話番号:0155-21-3172(帯広市都市建設部みどりの課)
・オススメの時期:
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/toshikensetsubu/midorinoka/a_01midorigaoka.html

 

8.真鍋庭園(稲田東)

photo by pixta

1966年から開放している「真鍋庭園」は、24,000坪の敷地に、世界中から集めた数千品種の植物コレクションが揃っている場所です。

日本庭園・西洋風庭園・風景式庭園という3つのテーマで構成されている、日本初のコニファー庭園です。
■詳細情報
・名称:真鍋庭園
・住所:北海道帯広市稲田町東2-6
・アクセス:JR帯広駅から車で15分 十勝バス:循環西廻り・工業高・北高方面行きで12分、「西4条39丁目」下車 徒歩約5分
・マップ:
・営業時間:レギュラーシーズン(6~8月以外)8:00~日没まで(お問い合せください) サマーシーズン(6~8月)8:00~18:00までご入園(19:00閉園)
・休園期間:12月~4月下旬
・電話番号:0155-48-2120
・料金:大人800、子供(小・中学生)200
・オススメの時期:春~秋
・公式サイトURL:http://www.manabegarden.jp/index.htm

 

9.北海道立帯広美術館(緑ヶ丘)

Yoshiko Yamadaさん(@yoshiko_yamada)が投稿した写真 – 2016 9月 15 11:50午後 PDT

道東ゆかりの作家の作品や、版画などのプリントアートを中心に収集している「北海道立帯広美術館」。

主展示室やギャラリーでは常時様々な展覧会を実施しているので、アート好きな方はもちろんのこと、そうでない方も十分に楽しめる施設です。
■詳細情報
・名称:北海道立帯広美術館
・住所:北海道帯広市緑ヶ丘2 緑ヶ丘公園内
・アクセス:JR帯広駅から車で約10分拓殖バス:帯広駅バスターミナル②番から帯広の森線、南商業高校線乗車 「緑ヶ丘6丁目・美術館入口」下車徒歩4分 (平日=毎時2便、土日祝日=毎時1便)
・マップ:
・営業時間:9:30~17:00(展示室への入場は16:30まで)
・定休日:毎週月曜日(月曜日が祝・休日の時は、翌平日が休館) 1月1日から3日まで及び12月29日から31日まで
・電話番号:0155-22-6963
・料金:一般170円、高大生100円
・公式サイトURL:http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-obimu/index1.html

 

10.まっすぐな道(中札内)

photo by pixta

北海道といえば、雄大な大地とどこまでも続くまっすぐな道を連想する方も多いのではないでしょうか?

ここ十勝にももちろんまっすぐな道があり、緑の大地の中をどこまでも道が続くような景色は、訪れる人々の心をゆっくりと癒してくれます。
■詳細情報
・名称:まっすぐな道
・アクセス:帯広市東戸蔦方面/帯広から国道236号線を通り、中札内へ向かい、「なかさつない道の駅」の手前の道路(道道清水大樹線55号)を、右折して直進すると坂道になります(東戸蔦方面へ)
・マップ:
・電話番号:0155-22-8600(帯広観光コンベンション協会)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://obikan.jp

 

11.ポロシリ自然公園オートキャンプ場(拓成町)

Toshiharu Takayamaさん(@toshitaka_gram)が投稿した写真 – 2016 8月 11 10:44午後 PDT

帯広市街地から車で約45分の場所にある「ポロシリ自然公園オートキャンプ場」。

日高山脈、十勝幌尻岳の山麓にあるキャンプ場で、北海道の美しい四季の移ろいが楽しめると人気です。
■詳細情報
・名称:ポロシリ自然公園オートキャンプ場
・住所:北海道帯広市拓成町第2基線2-7
・アクセス:帯広市街から車で45分
・マップ:
・開設期間:6月第1土曜日~9月最終日曜日
・営業時間:チェックイン13:00~17:00/チェックアウト10:00
日帰り(デイキャンプ)10:00~16:00
・電話番号:0155-60-2000(管理棟)
0155-65-4169(帯広市観光課)
・料金:[オートサイト]Aサイト1,800円、Bサイト:3,000円
[トレーラーサイト]1,800円
[フリーテントサイト]1張800円
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/shoukoukankoubu/kankouka/poroshiri.html

 

12.十勝千年の森(清水町)

photo by pixta

東京ドーム85個の広さを持つ「十勝千年の森」は、非常に美しい庭がある、広大な自然に囲まれた素敵な場所です。

セグウェイに乗って庭を散歩したり、チーズ体験工房があったりと、雄大な自然を丸ごと楽しめます。
■詳細情報
・名称:十勝千年の森
・住所:北海道清水町羽帯南10線
・アクセス:帯広市街から車で45分
JR十勝清水駅からタクシーで15分
・マップ:
・開園期間:2015年4月25日(土)~11月3日(祝)
※11月4日(水)より冬期閉園
・営業時間:[4月25日~6月30日]10:00~17:00(セグウェイ10:00~16:00)
[7月1日~8月31日]9:00~17:00(セグウェイ9:00~16:00)
[9月1日~11月3日]10:00~16:00(セグウェイ10:00~15:00)
・定休日:
・電話番号:0156-63-3000
・料金:入場料:一般・大人(高校生以上)1,000円、小中学生(学生証提示)500円
小児(小学生未満)無料
セグウェイ試乗:10分 1,000円 ※16歳~69歳
チーズ造り体験:大人 3,000円、中学生以下 2,000円(要予約)
・公式サイトURL:http://www.tmf.jp/index.php

 

13.紫竹ガーデン(美栄町)

photo by pixta

18000坪の広さを誇る「紫竹ガーデン」は、当時63歳だった紫竹昭代さんというおばあちゃんが、「子供のころに遊んだ、野の花が咲く野原のような風景を作りたい」という思いを込めて作った庭園です。

ガイドブックにもよく掲載されている定番観光スポットです。
■詳細情報
・名称:紫竹ガーデン
・住所:北海道帯広市美栄町西4線107
・アクセス:JR帯広駅から車で35分
・マップ:
・開園期間:4月第4土曜日~11月30日(レストランは閉園後も営業)
・営業時間:8:00~18:00
・電話番号:0155-60-2377
・料金:大人800円、子ども200円
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:http://shichikugarden.com

 

14.岩内仙峡(岩内町)

きたざわ まりえさん(@m.m.ga)が投稿した写真 – 2016 10月 16 5:41午前 PDT

「岩内仙峡」は岩内川の渓谷で、帯広市街から車で約1時間15分ほど離れた場所にあります。

長さ62mにもなる仙峡橋があり、春は桜やツツジ、秋は紅葉が楽しめます。
■詳細情報
・名称:岩内仙峡
・住所:北海道帯広市岩内町70
・アクセス:JR帯広駅から車で1時間15分 ※岩内仙峡もみじまつり開催時は臨時バスが運行(平成27年度は要確認)
・マップ:
・電話番号:0155-65-4169
・料金:無料
・オススメの時期:春・秋
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/jidoukaikan/iwanaisenkyo.html

 

15.幸福神社(幸福町)

miwaさん(@miwa_ym325)が投稿した写真 – 2016 7月 21 1:40午前 PDT

幸せを求め、人々が全国から参拝する「幸福神社」。近くには「幸福駅」があり、その名の通り「幸福(しあわせ)」巡りができる人気スポットです。
■詳細情報
・名称:幸福神社
・住所:北海道帯広市幸福町基線155
・アクセス:JR帯広駅から車で約30分 十勝バス:帯広駅バスターミナルから広尾行きで50分、「大正27号」下車 徒歩約1分
・マップ:
・電話番号:0155-22-8600
・料金:無料
・公式サイトURL:http://obikan.jp

 

16.ビート資料館(稲田)

@norippe1970が投稿した写真 – 2016 7月 17 1:15午前 PDT

平成元年にオープンした「甜菜」の資料館で、大正9年に完成した帯広製糖所の模型や所縁の品々、ビート糖業の歴史を紹介・展示しています。

日常生活に欠かせない砂糖や甜菜の製造方法や歴史を知ることができるので、興味のある方は是非訪れてみてくださいね。
■詳細情報
・名称:ビート資料館
・住所:北海道帯広市稲田町南8線西14番地
・アクセス:JR帯広駅から車で約10分 十勝バス:帯広駅発70系統大空団地線「西12条34丁目」下車徒歩3分
・マップ:
・営業時間:9:30~16:30
・定休日:8/15、9/5、年末年始
・電話番号:0155-48-8812
・料金:一般300円大学生200円、高校生以下100円
・所要時間:1時間
・公式サイトURL:http://www.sugarbeets-museum.com

 

17.十勝ヒルズ(幕別町)

photo by pixta

十勝の魅力がいっぱい!「十勝ヒルズ」はその名の通り丘の上にあるガーデンで、季節ごとに表情を変える花々やおいしい空気が楽しめる癒しの空間です。

またここには、ハンガリー料理のファームレストラン「ヴィーズ」があり、園内で収穫した食材を使ったこだわりの料理をゆったりと味わえます。
■詳細情報
・名称:十勝ヒルズ
・住所:北海道中川郡幕別町字日新13番地5
・アクセス:JR帯広駅から車で15分
・マップ:
・営業時間:[ガーデン]4月下旬~10月下旬 9:00~18:00
・電話番号:0155-56-1111、0155-56-1113(ファームレストラン ヴィーズ)
・料金:大人800円、中・高生400円
・オススメの時期:春~秋
・公式サイトURL:http://www.tokachi-hills.jp/

 

18.八千代牧場(八千代町)

photo by pixta

国営事業により昭和57年に完成した「八千代牧場」。ポロシリ岳のすそ野に広がる自然豊な牧場には、乳用育成牛など約1400頭が放牧・育成管理されています。
■詳細情報
・名称:八千代牧場
・住所:北海道帯広市八千代町西4線187番地1
・アクセス:JR帯広駅から車で約50分
・マップ:
・放牧期間:5月中旬〜10月中旬
      ポロシリ高原パークゴルフ場:4月下旬〜10月下旬(木曜定休)
・電話番号:0155-60-2514
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/shoukoukankoubu/kankouka/yachio.html

 

19.カウベルハウス(八千代牧場内)

Hiroki Masubuchiさん(@heropy_m)が投稿した写真 – 2016 7月 14 9:41午後 PDT

八千代牧場の敷地内にあるレストランで、帯広名物の豚丼から、ボリュームたっぷりの十勝牛ステーキまで、バラエティーに富んだこだわりの料理が味わえます。

新鮮な地場食材を使ったお料理は、まさに絶品です!
■詳細情報
・名称:カウベルハウス
・住所:北海道帯広市八千代町西4線194
・アクセス:JR帯広駅から車で約1時間
・マップ:
・営業時間:9:00~21:00(受付は17:00まで) ※レストランは11:00~17:00(L.O.16:30)
・定休日:11月1日~3月31日の月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
・電話番号:0155-60-2919
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/nouseibu/nouseika/tikusankensyuusenter.html

 

20.コスモスファーム直営 レストラン風車(清水町)

nanbuさん(@motch1014)が投稿した写真 – 2015 8月 24 7:19午前 PDT

コスモス牧場直営「レストラン風車」では、コスモス牧場で生産されたブラウンスイスの若牛「十勝ぼうや」を使用したメニューや、十勝清水のご当地グルメ「牛玉ステーキ丼」などがいただけます。

大きな風車が目印のお店で、レストラン横ではソフトクリームも販売しています。
■詳細情報
・名称:コスモスファーム直営 レストラン風車
・住所:北海道上川郡清水町御影南1線45番地
・アクセス:帯広市街から車で30分(国道38号線沿い)
・マップ:
・営業時間:11:00~16:00
・電話番号:0156-63-2080
・公式サイトURL:http://kosmosfarm.com

 

21.帯広市野草園(緑ヶ丘)

ゆか/Yukaさん(@primoordine)が投稿した写真 – 2016 5月 4 7:32午後 PDT

北海道で最初にできた野草園で、緑ヶ丘公園内にあります。自生している草木を昔のままに残しており、82科380余種の野草樹木を観察することができます。

園内には散策路もあるので、散歩がてら楽しく野草のことを学んでみるのも良さそうですね。
■詳細情報
・名称:帯広市野草園
・住所:北海道帯広市緑ヶ丘2 緑ヶ丘公園内
・アクセス:JR帯広駅から車で10分 十勝バス:70系統大空団地行きで20分、「動物園前」下車徒歩約5分 拓殖バス:南商、ニュータウン23条、帯広の森、白樺学園線行きで15分、 「緑ヶ丘6丁目」下車徒歩約5分
・マップ:
・開園期間:4月29日~10月31日
・営業時間:9:00~16:30
・定休日:開園期間中は無休
・電話番号:0155-24-2434(帯広児童会館)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/yasouen/ayasou_yachou_2.html

 

22.タニホ菓子店(JR帯広駅直結)

十勝ならではの商品や北海道の銘菓など、豊富なバラエティーのお土産を取り揃えたお店です。

十勝産小豆を利用して作った竹屋製菓の銘菓「そばやき」や、白い恋人からじゃがポックルまで、お土産探しに迷ったら「タニホ菓子店」へと向かいましょう!
■詳細情報
・名称:タニホ菓子店
・住所:北海道帯広市西2条南12丁目 エスタ西館
・アクセス:JR帯広駅直結
・マップ:
・営業時間:8:30~19:45
・定休日:第3水曜日(エスタに準ずる)
・電話番号:0155-24-0934
・公式サイトURL:http://www.esta.tv/obihiro/shops/nishi-04-taniho.html

 

23.食品関連総合センター(柏林台駅周辺)

帯広地方卸売市場内にある「食品関連総合センター」は、一般の人も出入りや買い物が自由にできる施設です。海の幸、山の幸、季節の食材、十勝ならではの特産品など、おいしい食品がたくさん並んでいますよ。
■詳細情報
・名称:食品関連総合センター
・住所:北海道帯広市西21条北1丁目5番1号 帯広地方卸売市場内
・アクセス:JR帯広駅から車で約20分、柏林台駅から
・マップ:
・営業時間:6:00~15:00
・定休日:日曜・祭日・月1~2回の市場休市日
・電話番号:0155-37-3333
・公式サイトURL:http://www.geocities.jp/nagahara_360/ichiba/kanren/index.html

 

24.とかち物産センター(JR帯広駅直結)

ゆか@馬写真さん(@banbaphoto)が投稿した写真 – 2016 5月 18 7:49午後 PDT

十勝管内の特産品と物産情報が満載!「とかち物産センター」は、JR帯広駅直結・エスタ東館2階という好立地にあるお店で、十勝ならではの商品を数多く取り扱っています。

商品はまとめて購入でき、また発送もしてくれるので楽ちん♪皆さんも、是非利用してみてはいかがでしょう?
■詳細情報
・名称:とかち物産センター
・住所:北海道帯広市西2条南12丁目 エスタ東館2階
・アクセス:JR帯広駅直結
・マップ:
・営業時間:9:00~19:00
・定休日:年末年始
・電話番号:0155-22-7666
・公式サイトURL:http://obihiro-bussan.jp/tokachi_bussan

 

25.柳月スイートピアガーデン(音更町)

taiさん(@shin_t)が投稿した写真 – 2015 11月 21 5:04午後 PST

「三方六(バームクーヘン)」が有名な「柳月」の工場で、実際に製品ができるまでの工程が見学できます。

特にこの工場でしか買えない「三方六の耳」は、オープン前から行列ができるほど人気だそうです。
■詳細情報
・名称:柳月スイートピアガーデン
・住所:北海道河東郡音更町下音更北9線西18-2
・アクセス:JR帯広駅から車で15分
・マップ:
・営業時間:[夏期](4月第3月曜日~11月3日)
店舗…9:00~18:00
喫茶…9:00~17:00
工場見学…店舗開始時間から16:00
[冬期](11月4日~4月第3日曜日)
店舗…9:30~17:30
喫茶…9:30~16:30
工場見学…店舗開始時間から16:00
・電話番号:0155-32-3366
・公式サイトURL:http://www.ryugetsu.co.jp/sweetpia/

 

26.坂本民芸品店(JR帯広駅周辺)

帯広駅から徒歩5分の距離にある「坂本民芸品店」では、北海道名物「木彫りの熊」などはもちろんのこと、他に十勝石の彫刻品なども置かれており、民芸品好きの方には堪らない空間です。
■詳細情報
・名称:坂本民芸品店
・住所:北海道帯広市西2条南9丁目16
・アクセス:JR帯広駅から徒歩2分
・マップ:
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:土日祝
・電話番号:0155-22-0132
・公式サイトURL:http://www.sakamoto-bs.com/mingei.html

 

27.六花の森(中札内村)

photo by pixta

本社は帯広!北海道を代表する菓子メーカー「六花亭」が展開する庭園として知られる「六花の森」。

遊歩道が敷かれた園内には、坂本直行氏が包装紙に描いたことで知られる北海道の山野草など、美しい草花が育つ癒しの空間が広がっています。
■詳細情報
・名称:六花の森
・住所:北海道河西郡中札内村常盤西3線 249-6
・アクセス:JR帯広駅から車で45分 リムジンバス十勝帯広空港線「東横イン前」乗車「とかち帯広空港」下車、タクシーで約25分
・マップ:
・営業時間:[4/24~5/31、9/1~9/30]10:00~17:00※売店は10:30~
[6/1~8/31]9:00~17:00※売店は9:30~
[10/1~10/18]10:00~16:00※売店は10:30~
・定休日:10月19日-4月23日
・電話番号:0155-63-1000
・公式サイトURL:http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index2.html

 

28.とかちむら(帯広競馬場内)

photo by pixta

「ばんえい十勝」が開催される帯広競馬場の敷地内にある「とかちむら」。

ここは、産直市場、レストランゾーン、カフェゾーンで構成されており、産直市場には、十勝の生産者が持ち寄る季節に合わせた新鮮野菜やチーズ、地酒、ハム・ベーコンなど多彩な商品がずらり並びます。
■詳細情報
・名称:とかちむら
・住所:北海道帯広市西13条南8丁目1
・アクセス:JR帯広駅から車で約7分 十勝バス:帯広駅バスターミナル12番乗り場から「競馬場」下車
・マップ:
・営業時間:産直市場:夏期10:00〜19:00(4/29~10/31) 冬期10:00〜18:00(11/1~4/28) スイーツ&セレクト:夏期10:00〜19:00(4/29~10/31) 冬期10:00〜18:00(11/1~4/28) キッチン:11:30〜21:00(店舗により異なる)
・定休日:キッチン:[ビストロコムニ]木曜日/[十勝拉麺LABO 小麦の木]水曜日 [此処的風土 十勝カリー]水曜日/[ぶた丼 たむら]水曜日 ※産直市場、スイーツ&セレクトは年中無休
・電話番号:0155-34-7307
・公式サイトURL:http://tokachimura.jp/

 

29.から松林防風林(稲田)

keishiさん(@kc_t0429)が投稿した写真 – 2016 9月 8 9:29午後 PDT

帯広駅から北へ車で約20分ところにある「から松林防風林」は、全長約420メートルもあり、北海道の厳しい寒風から農作物を守る役割を果たしています。

また新緑の春に始まり、夏に多くの葉をつけた木々は秋になると一気に紅葉します。四季の美しい景色が楽しめるのも、この場所の魅力です。
■詳細情報
・名称:から松林防風林
・住所:北海道帯広市稲田町西1線9(※帯広農業高等学校敷地内)
・アクセス:帯広駅より車で約20分 十勝バス畜大線行き 畜大前下車徒歩約3分
・マップ:
・電話番号:0155-22-8600
・公式サイトURL:http://www.obikan.jp/cgi-bin/kanko/kankou.cgi?no=20

 

30.リバティヒル広瀬牧場・ウエモンズハート(帯広の森周辺)

Taiki Sakazakiさん(@zakky_sak)が投稿した写真 – 2016 7月 5 3:01午前 PDT

「リバティヒル広瀬牧場・ウエモンズハート」は、広瀬牧場で搾られた無脂乳固形分の高い、濃厚で新鮮な「搾りたての生乳」を低温殺菌で処理しています。

また、自家生産のカボチャ・小豆・苺など、十勝の地場産にこだわった食材を使用したジェラートが非常に有名です。
■詳細情報
・名称:リバティヒル広瀬牧場・ウエモンズハート
・住所:北海道帯広市西23条南6丁目13番地(本店)
・アクセス:JR帯広駅から車で約20分
・マップ:
・営業時間:11:00~18:00(夏期)、11:00~17:00(冬期)
・定休日:冬期(10月~12月)、アイスクリーム店/水曜日 ※12月末日~2月末日はすべて冬期休業に入ります。
・電話番号:0155-33-6064
・公式サイトURL:http://www.uemons.com/

 

31.幸福駅民芸センター(幸福町)

旧幸福駅の向かいにあるお土産屋さん「幸福駅民芸センター」では、愛の国から幸福への「記念切符」や幸福駅にちなんだお土産を販売しています。
■詳細情報
・名称:幸福駅民芸センター
・住所:北海道帯広市幸福町東1線
・アクセス:帯広駅より車で約30分 十勝バス広尾行き、「幸福」下車徒歩約5分
・マップ:
・営業時間:[夏期]8:00~18:00、[冬期]9:00~15:00 ※時間は変動があるため、確認して下さい。冬期間(開いている場合があるため、必ず確認をして下さい)
・定休日:無休
・電話番号:0155-64-4007
・公式サイトURL:http://www.obikan.jp/cgi-bin/kanko/omiyage.cgi?no=4

 

32.Agri-Fashion(大正本町)

「農家をもっと明るくおしゃれにしたい」との思いで、平成26年にオープンした『Agri―Fashion(アグリファッション)』。

店内には、カラフルなつなぎや長靴など、農業をより楽しくするためのアイテムが売られています。
■詳細情報
・名称:Agri-Fashion
・住所:北海道帯広市大正本町本通3丁目6番
・アクセス:JR帯広駅から車で約25分 十勝バス広尾行き乗車、「大正本町」下車、道路向かい側
・マップ:
・営業時間:11:30~17:30
・定休日:日曜日
・電話番号:0155-67-0370
・公式サイトURL:http://agri-fashion.com/

 

33.十勝エコロジーパーク(音更町)

kyoka hayashiさん(@__kyoka.h)が投稿した写真 – 2016 9月 11 3:24午前 PDT

十勝エコロジーパークは、木製遊具をはじめ、絵本や自然の図書スペースなどがあります。

また、カレーライスやソフトクリーム等が食べれるエコパカフェ、各種展示物などなど見所がたくさんあり、家族で1日中楽しむことができる場所です。
■詳細情報
・名称:十勝エコロジーパーク
・住所:北海道河東郡音更町十勝川温泉南18-1
・アクセス:JR帯広駅から車で約35分 ●十勝バス十勝川温泉行き、「エコロジーパーク」下車すぐ(要バス会社への事前予約)
・マップ:
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:12月29日〜1月3日
・電話番号:0155-32-6780
・公式サイトURL:http://www.tokachi-ecopark.jp/

 

34.北の屋台(帯広駅周辺)

かーりんさん(@kaaa_rin)が投稿した写真 – 2016 1月 9 7:00午前 PST

2001年7月より始まったここ「北の屋台」は、帯広を元気にしたいという人々によって作られた広場です。

和食、串焼き、居酒屋からラーメンまで、個性豊かな20軒のお店が集まっています。
■詳細情報
・名称:北の屋台
・住所:北海道帯広市西1条南10丁目7番地
・アクセス:JR帯広駅から徒歩5分
・マップ:
・営業時間:17:00~0:00 ※店舗により異なるのでご確認ください
・定休日:店舗によリ異なる
・電話番号:0155-23-8194(北の起業広場協同組合)
・公式サイトURL:http://www.kitanoyatai.com/index.htm

 

35.とかち農機具歴史館(川西町)

「とかち農機具歴史館」では、人力から馬などの畜力から、現代の大型機械へと移り変わった十勝帯広の農業機械の歴史を知ることができます。
■詳細情報
・名称:とかち農機具歴史館
・住所:北海道帯広市川西町基線61番地
・アクセス:JR帯広駅から車で約20分 十勝バス:帯広駅前バスターミナルから広尾線乗車、「川西」下車
・マップ:
・営業時間:9:00~17:00(5月〜11月、冬期休館)
・定休日:月曜日(月曜日が祝日のときは翌日)
・電話番号:0155-59-2323
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/shisetsuichiran/a60noukigurekisi.html

 

36.帯広百年記念館(緑ヶ丘)

xmotorさん(@xmotor)が投稿した写真 – 2016 7月 11 8:50午後 PDT

「帯広百年記念館」は、十勝の自然や、人と文化、またアイヌ民族などの歴史を紹介する「十勝のおいたちと先住の人々」などのコーナーがあります。

さらには、開拓期の十勝の自然や人々の生活ぶりを追った「開拓の夜明けと発展」といったコーナーもあり、様々なテーマで歴史を学ぶことができます。
■詳細情報
・名称:帯広百年記念館
・住所:北海道帯広市緑ヶ丘2 緑ヶ丘公園内
・アクセス:帯広駅バスターミナル2番乗り場より(約15分)
・マップ:
・営業時間:常設展示室9:00~17:00(入場は16:30まで) 創造活動センター9:00~22:00(夜間の利用がないときは17:30まで)
・定休日:月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日(土・日は開館)、年末年始(12/29~1/3)
・電話番号:0155-24-5352
・公式サイトURL:http://www.octv.ne.jp/~hyakunen/

 

37.十勝が丘公園(音更町)

photo by pixta

「十勝が丘公園」は直径18mの大きな花時計「ハナック」がシンボルの雄大な敷地を誇る公園です。

また公園から北に登っていくと、十勝平野を見渡すことのできる十勝が丘展望台もあります。
■詳細情報
・名称:十勝が丘公園
・住所:北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目
・アクセス:JR札内駅から車で約13分
・マップ:
・定休日:無休
・電話番号:0155-32-6633(音更町十勝川温泉観光協会)
・公式サイトURL:http://www.tokachigawa.net/sightseeing/tokachigaoka.html

 

38.帯廣神社(国道38号線沿い)

firstseedさん(@firstseed22)が投稿した写真 – 2016 3月 11 12:06午前 PST

「帯廣神社」は、帯広駅から車で7分のところにある神社で、ご祭神は大國魂神、大那牟遅神、少彦名神となっており、いずれも北海道の開拓の神様です。

十勝支庁前にあるので、アクセスしやすくオススメのスポットです。
■詳細情報
・名称:帯廣神社
・住所:北海道帯広市東3条南2丁目1番地
・アクセス:帯広駅から車で7分
・マップ:
・営業時間:祈祷受付時間:8:00~17:30(4月~9月)8:00~17:00(10月・3月) 8:00~16:30(11月~2月)
・定休日:無休
・電話番号:0155-23-3955
・公式サイトURL:http://www.obihirojinja.jp/

 

39.帯広市役所(帯広駅周辺)

Kazunori.Kanekoさん(@kazunori.kaneko)が投稿した写真 – 2015 3月 25 8:43午後 PDT

帯広市のトレードマーク的な建物と言えばやはり「帯広市役所」でしょう。最上階の11階には、展望ホール、喫茶コーナー、食堂があり、ゆっくりと帯広市内を一望することができます。
■詳細情報
・名称:帯広市役所
・住所:北海道帯広市西5条南7丁目1番地
・アクセス:JR帯広駅から徒歩13分 ●十勝バス:帯広駅バスターミナル8番から「市役所前」下車
・マップ:
・営業時間:[展望ホール]月曜日〜金曜日8:45〜19:00 土曜日、日曜日、祝日10:00〜17:00 [食堂・喫茶]食堂…月曜日〜金曜日11:30〜18:30 喫茶…月曜日〜金曜日10:00〜16:00
・定休日:12月29日~1月3日
・電話番号:0155-24-4111
・公式サイトURL:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/

 

40.とかち観光情報センター(帯広駅)

十勝で観光するなら、まずはとかち観光情報センターを訪れてみましょう。十勝管内の観光パンフレットを揃えてあるほか、割引券が置いてあることも!

ガイドブックには載っていない穴場スポットを発見することができるかもしれませんよ!?
■詳細情報
・名称:とかち観光情報センター
・住所:北海道帯広市西2条南12丁目エスタ帯広東館2階
・アクセス:JR帯広駅直結
・マップ:
・営業時間:9:00~18:00
・定休日:年末年始
・電話番号:0155-23-6403
・公式サイトURL:http://www.obikan.jp/cgi-bin/kanko/kankou.cgi?no=34

 

41.ピョウタンの滝

photo by pixta

帯広市郊外にある「ピョウタンの滝」は、高さ10メートルの落差から豪快に水が流れ落ちる、迫力ある滝として有名です。

雄大な流れを一目見ようと多くの観光客がここを訪れています。
■詳細情報
・名称:ピョウタンの滝
・住所:北海道河西郡中札内村南札内
・マップ:
・営業時間:9時~17時
・定休日:11月上旬~4月下旬
・電話番号:0155-67-2495(中札内村観光協会)、0155-69-4378(山岳センター)※シーズン中のみ
・料金:入場無料
・公式サイトURL:http://tokachibare.jp/post_spot/ピョウタンの滝-2/

 

自然の魅力溢れる帯広へ行こう!

十勝地方の中心地「帯広」には、壮大な自然や歴史を感じられるスポットがたくさんあります。

また帯広でしか味わえない地元食材を使ったグルメは、まさに絶品の一言!今回ご紹介したオススメスポットを参考に、是非皆さんも、帯広を満喫する旅を計画してみてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

バックパッカーの私がオープン前の北海道ウェスティン ルスツリゾートに潜入してきた
【楽しみ方がいっぱい!】四季それぞれで北海道の大自然を楽しめる支笏湖
知床半島の5つの魅力。もし熊に遭遇したら、両手を振って話しけると良いそうです…
寒くても行きたい北海道のイベント7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP