ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オーストリアの物価は?料理は?オーストリア旅行の基本情報まとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オーストリアの物価は?料理は?オーストリア旅行の基本情報まとめ

今回はオーストリア共和国の基本情報をお伝えします。オーストリアといえば、広大な領土を有したハプスブルク帝国の名残が残っている国として知られています。ヨーロッパの中でも治安がよく、ビギナーの方にもオススメの国です。それでは、早速見ていきましょう。

*編集部追記
2016年10月に公開した記事に新たに加筆しました。(2017/9/6)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

1. オーストリアを訪れての感想

Photo by 新田浩之

私はオーストリアの首都、ウィーンに4回訪れています。ウィーンはハプスブルク帝国の都だったので、交通の便がいい都市です。そのため、周辺諸国へ向かう際にウィーンをゲートウェイとして使用しています。訪れた季節は秋が多いですが、冬のウィーンも綺麗でした。

ウィーンに住む人々の印象は質実剛健でありながら優雅。特に、オーストリア・ウィーンで話されるドイツ語とドイツ本国で話されるドイツ語はまったく違う言語のように聞こえます。

 

旅行のルート

Photo by 新田浩之

計4回、オーストリアを訪れていますが、ルートはバラバラです。私の今までのルートを箇条書きでまとめてみました。このように、オーストリアを中継地として使っていることがわかります。

1. 日本→オーストリア(ウィーン・リンツ)→チェコ
2. 日本→オーストリア(ウィーン)→スロバキア
3. ポーランド→オーストリア(ウィーン)→クロアチア
4. スロバキア→オーストリア(ウィーン)→チェコ

 

オススメの都市

Photo by 新田浩之

ここではゲートウェイとしてのウィーンのオススメポイントを書きます。ウィーンは旧東側諸国の玄関口として機能しており、小さな中東欧諸国の首都にダイレクトに行けるのがポイントです。

もちろん、ウィーンは文化の香りがする大都市ですが、頑張れば一日で主要ポイントを見られます。まさしく、ウィーンは使い勝手のいい観光都市です。
オーストリアのおすすめの記事はこちらです
みんなが喜ぶオーストリアの人気お土産22選
華やかな中欧の国「オーストリア」で絶対に外せない観光スポット30選
オーストリアにあるスワロフスキー・クリスタルワールドが美しすぎる!

 

物価

P9280643

Photo by:新田浩之

旧東側諸国(チェコやハンガリーなど)から来られた方は「高い」と感じるかもしれません。首都ウィーンにあるホステルで1泊2,000円前後、ちょっとしたいいレストランですと有名なシュニツェルが約2,300円します。もちろん、安いファーストフードもたくさん存在します。

 

治安

オーストリアは基本的に治安のいい国です。ただし、ウィーンなどの観光地では窃盗団が徘徊している可能性があります。財布は必ず前ポケットに入れて、チェーンを付けるといいでしょう。広場でガイドブックを堂々と広げるのは大変危険です。目立つような行動をしないことがコツです。

 

気候、服装、旅行シーズン

photo by pixta

オーストリアの旅行シーズンは5月から秋頃になります。夏は日差しが強く汗ばみますが、湿度が低いのでカラっとした暑さになります。日中は暑くても夕方になると急に冷え込むことがあります。羽織るものを用意しておくといいでしょう。

冬は大変冷え込みますが、湿度が低いのでピリっとした寒さが体感できるのが特徴。冬のヨーロッパもいいものですよ。

 

通貨

オーストリアの通貨はヨーロッパで広く使われているユーロです。両替所は至るところにあるので、お金の心配は無用です。また、クレジットカードも広く通用します。

 

ビザ

オーストリアは他のヨーロッパ諸国と同じく、90日以内の滞在であればビザは不要です。なお、2016年7月から日本とオーストリアの間でワーキングホリデー制度が開始されました。滞在できる最長期間は6ヶ月となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

世界一美しい「ホワイトヘブンビーチ」の魅力に迫る
華やかな中欧の国「オーストリア」で絶対に外せない観光スポット30選
オーストリアのオススメ観光スポット30選
【オーストリアの世界遺産4選】美しい建築物と世界最古の岩塩坑!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。