ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「人から嫌われるのが怖い」を乗り越えるには?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「人に嫌われたくない」「周囲の目が気になる」、周りの反応を気にして何もできなくなってしまうことはありませんか?

気にしなくていいことでも気にしてしまう。そんな性格を改めて、些細な悩みを抱え込まないように生きるにはどうすればいいのでしょうか。

『ぜんぜん気にしない技術』(クロスメディア・パブリッシング刊)は、ともに実業家ながら正反対の経歴を持つ家入一真さんと森田正康さんという2人の共著です。

しかし、この2人には共通点があります。それは、自分に正直に生きていること。では、2人は私たちの悩みをどう考えているのか覗いてみましょう。

■「人から嫌われるのが不安」に対して

人から嫌われるよりも好かれたいと思うことは誰もがそう。ですが、それが高じて「誰からも好かれたい」ということになると、悩みは大きくなります。

どんな人にも好き嫌い、合う合わないがあります。また、それは変化するものでありますよね。それを踏まえて家入さんはこんなアドバイスを送ります。

『「この人ならって絶対的に信用できる」って言い切れる人を一人だけ見つけてほしい』

100人に何となく好かれるよりも、1人でもいいから何があっても信頼できる人を見つける。そうすれば他の人に嫌われても、少々のことなら気にならないはずです。

■「要領よく立ち回れない」に対して

口下手だと、どうして世渡りも苦手になってしまいがち。しかし、この悩みに対して家入さんも森田さんも「世渡り下手で何が悪いのかわからない」と口を揃えて言います。

むしろ、自分は世渡り下手だと開き直ってしまいましょう。そうすれば自分に正直に生きることができるはず。別の生き方の可能性を探るのです。

■「嫌なことがあるとすぐイライラする、自分の心の狭さが嫌」に対して

自分の心の狭さを実感すると、落ち込んでしまいますよね。イライラしている自分が情けない、格好悪いと思ってしまいます。

でも、どんな人でもイライラするときはあります。自分だけが特別に心が狭いわけではなく、その波とうまく付き合っていくことが大切。

2人もイライラするときがあると語り、「一人になるためにオフィスを出る」(森田さん)「イライラと向き合ってその原因を探る」(家入さん)と、それぞれに対処法を持っているといいます。

ただ、2人は最初から自分らしく生きてきたわけではありません。様々なことに悩み、自分を納得させる方法や前に進むための考え方を見つけてきたからだと言います。

本書は、少しのことなど気にせず自分の道を進み続ける2人からのメッセージとアドバイスが満載。悩んでいる人をきっと勇気づけてくれるはずです。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「伸び悩み人生」から抜け出すために今すぐやるべき6つのこと

職場でも家庭でも人間関係が壊れる「ダメな怒り方」

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。