ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“次の瞬間に出てくるかもしれない”気配――鬼才・黒沢清監督の新感覚ホラー『ダゲレオタイプの女』独占映像

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今年公開の『クリーピー 偽りの隣人』で観る者を震撼させた鬼才・黒沢清監督。その最新作『ダゲレオタイプの女』が現在公開中です。そんな今作より本編映像が到着いたしました。

『ダゲレオタイプの女』は、世界最古の写真撮影方法“ダゲレオタイプ”を軸に、狂気と愛を描く新感覚ホラー。被写体を長い時間に渡って固定し、その姿を永遠に焼き付けるダゲレオタイプに固執した写真家は、娘を被写体として独占し、狂気にも似た愛で写真を撮り続けますが、その姿を見ていた助手は彼女を解き放ちたいと願ってしまうのです――。

今作について、「いまは映っていないけれど、隣の部屋にいるかもしれない、次の瞬間出てくるかもしれない。そういう緊張をどこまで引き伸ばせるか。それをあの手この手で考えてやっている」と語った黒沢監督。今回解禁となった映像では、娘らしき影を見つめる助手と、娘らしき気配を感じ怯える写真家の姿が収められています。その存在だけははっきりと感じさせながら、一切感情が見えない娘。この先に描かれる、更なる耽美的恐怖とは――


『ダゲレオタイプの女』
出演:タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー、オリヴィエ・グルメ、マチュー・アマルリック
監督・脚本:黒沢清 / 撮影:アレクシ・カヴィルシ-ヌ / 音楽:グレゴワール・エッツェル
2016/フランス=ベルギー=日本合作/131 分/PG-12/提供:LFDLPA Japan Film Partners(ビターズ・エンド、バップ、WOWOW) 配給:ビターズ・エンド

(C)FILM-IN-EVOLUTION – LES PRODUCTIONS BALTHAZAR – FRAKAS PRODUCTIONS – LFDLPA Japan Film Partners – ARTE France Cinéma

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP