ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケモンGOの孵化は距離が長いタマゴを優先

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポケモンGOの孵化は距離が長いタマゴを優先

『ポケモンGO』の遊び方において、2~10㎞歩かなければポケモンが生まれない「タマゴ」は面倒なもの。とはいえ距離が長いタマゴほど、レアなポケモンや強いポケモンを手に入れやすくなるのです。『ポケモンGO』のタマゴの孵化について詳しく見ていきましょう。

ポケモンGOはタマゴを孵化させる

ポケストップで手に入る「タマゴ」は、孵化に必要な移動距離ごとに2/5/10kmの3種類あります。入手後、「メニュー」→「ポケモン」→「タマゴ」を開き、好きなタマゴをタップし「ふかそうちを使う」を選べば準備完了です。

『ポケモンGO』を起動した状態で、表記の距離を時速10数km未満で移動すると孵化し、ポケモンが生まれる仕組み。この際、あまり速く移動し過ぎると距離がカウントされなくなるのです。

タマゴのメリットは、距離が長いものほどレアなポケモンが誕生すること。そして、タマゴ生まれは個体値が高いこと。ポケモンGOの遊び方としては、タマゴはどんどん孵化した方がいいのです。

ポケモンGOのタマゴを自動孵化

『ポケモンGO』では距離が長いタマゴほどレアなポケモンが誕生するのに加え、普段の地域では出ないタイプのポケモンが手に入る可能性があります。そのため5km以上のタマゴを優先して孵化させたいところです。

とはいえ1度に孵化できる数も限られ、いちいち歩くのも大変。できれば自分で歩かず、自動で孵化できる装置がほしいところです。そこで、世界中でポケモンGOの孵化を自動化するさまざまな装置が作られています。

ペットの背中やお掃除ロボット、ターンテーブルににスマホを取り付けるというもの。また、ポケモンGOの孵化を自動化させるには、GPSが安定しない機種だと効果が出やすいとか。古めのiPhone(iPhone5以前)やAndroid端末が向いています。(文/秋本録画)

関連記事リンク(外部サイト)

「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
無音カメラアプリを無料で探すなら「忍アプリ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。