ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

解熱剤は逆効果?発熱から受け取る体のサイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。今回は発熱の原因や対処法について話しいたします。

平熱が正常に保たれている理由は?

健康な状態の私たちの体温は、36.5℃前後ですが、この体温が1℃でも違ってくると、体内酵素がうまく働かなくなり、細胞や血液の再生能力が低下してしまいます。体が一定の体温を保とうとするのはこのためなのですね。

私も食生活を改善する前は、平熱が35.5℃でした。いわゆる健康状態が保たれていない状態ですから、免疫力も健康的な人に比べると30%以上低下している状態です。

そうなると極端な冷え性、代謝機能も滞り内臓機能も働かないため、栄養も吸収されず、肌は老化していく一方でした。

発熱の主な原因は

風邪やインフルエンザは細菌やウィルスによる感染が主な原因です。熱が出るのは、体が熱でそれらの菌をやっつけようとする自己防衛反応になります。

発熱は健康のバランスが崩れていることを教えてくれているサインですから、熱を出すことで正常に戻そうとする自然治癒力の一種ともいえるのです。

微熱も体調不良のサインです

微熱が続く方がいらっしゃいますが、それも体のバランスが崩れている証拠。高熱とは違い、動けてしまうところや食欲もあることから、なかなか治らない方が多く長引きます。ですが、熱が出る原因のひとつに「食べ過ぎや過労」もあります。

そういうときは、やはりゆっくり体を休め、できる限り少食で過ごすことです。食べ過ぎも過労も、内臓を疲弊させていることになりますから、できれば断食する方が早く治る可能性が高いでしょう。

また微熱がかなり長く続く場合は、重い病気が潜んでいる場合もありますから、専門医に診ていただくのがよいでしょう。

熱が出るのは内臓の腫れ

発熱の原因のもう一つは、酸化している食品、いわゆる動物性食品、添加物も含め、白砂糖など、血液を汚し酸化させる原因を作ってしまったがために、臓器が炎症を起こしてしまったことで発熱へとつながります。


そうなると、全身の細胞に酸素不足の血液が回っていますから、異物の侵入や増殖にもつながり、体が菌と闘いきれずに衰弱してしまうと、血液が崩壊し、万病の原因を作ってしまいます。

風邪はどなたにも経験があると思われますが、風邪は病名ではなく、体の具合が悪いときの最初のサインです。発熱があってもそれは菌と闘い、体を修復させるために必要な熱ですから、解熱剤などで抑えてしまうのではなく、熱は出し切ってから、しっかり休養をとり、労ってあげるのが最善だと思います。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

クマは3つの原因からつくられる!正しいケア方法【青クマ編】
2週間が勝負!かんたん生理後ダイエット5選
【秋太りを防ぐ!】引きずる不調を解消して代謝を高める生活のコツ
こんな食べ方もアリ?「蕎麦」を使った、美容効果抜群のレシピ3選
「反り腰」は逆に垂れ尻に!?実践エクササイズでヒップアップ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP