体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

改善したい女性の敵「冷え性」 おすすめの対策や食材を紹介

改善したい女性の敵「冷え性」 おすすめの対策や食材を紹介
女性にとって大きな悩みの1つである冷え性。指先が冷えてしまって、勉強や仕事にも集中できません。

どうにかしてこの冷え性が改善しないものでしょうか…?

そこで今回は冷え性対策やおすすめの食材なんかを紹介していきます。

要チェック項目

□冷え性の原因は自律神経や血流が原因

□生活に工夫を入れて冷え性を改善!

□おすすめの食材はショウガや牡蠣

冷え性の原因は自律神経の乱れ!

冷え性の最も大きな原因は「自律神経の乱れ」でしょう。自律神経とは、意識外の行動をつかさどっている神経のことを言います。

例えば食べるという行為自体は意識的に行うことができますが、消化となるとそうはいきませんよね。そういった時に自律神経が働き、体に必要なことを行ってくれるのです。

そして自律神経には体温を調節する働きもあります。暑い時には汗をかいて体温を下げますが、これも自律神経の仕事です。当然寒くて体が冷えそうな時には、体温を上げて体を冷えさせないように働きかけてくれています。

しかし何らかの原因で自律神経が乱れてしまうと、この体温調節機能が働かなくなり、体が冷えてしまうのです。自律神経が乱れてしまう原因にはストレスや生活習慣の乱れなど。

自律神経が乱れてしまうと、体の冷えだけでなく肌が荒れたりすることもあるので、やはり規則正しい生活を送りたいですね。

自律神経以外の原因

また自律神経以外にも、様々な原因で冷え性になってしまうことがあります。具体的には以下の通りです。

低血圧や貧血気味の体質

低血圧や貧血気味の人は冷え性になりやすいといわれています。血圧が低いということは、血液を送る力が弱いということですから。指先までしっかりと血液が流れないため、冷えを感じてしまいます。

貧血気味の場合は、もともとの血液量が少なく、全身を循環させる血液が足りないために冷えを感じてしまいます。

筋肉の量が少ない

筋肉が少ないという方も同様に全身へ血液を送るための力が少ないことが多いです。特にふくらはぎの筋肉が足りていないという方は要注意。

血液は心臓から出発して全身を流れて、再び心臓へと戻っていくというのは皆さんご存知でしょう。

当然下半身に送られた血液も最終的には心臓まで戻っていかなければならないのですが、下半身から上半身へ血液を流すのは重力に逆らう流れのため、より強い力が必要になります。

その時ふくらはぎの筋肉が弱ければ、ふくらはぎで血液が滞ってしまい、血流が悪くなってしまいます。そうすると代謝が悪くなって身体も冷えやすくなってしまうのです。

このようにふくらはぎは第2の心臓とも言われるくらいに重要な箇所であるため、ここの筋肉を鍛えることは冷え性の改善には非常に重要です。

衣類が体を締め付ける

きつい衣類を着用すると、それだけで血流が妨げられてしまい体の隅々まで血液が行き渡らなくなってしまいます。ここもやはりふくらはぎですね。

特に女性の方は仕事でストッキングを着用することも多いかと思いますので、ふくらはぎで血液が滞りがちです。

冷え性を改善するためには

では冷え性を改善するためにはどうすればいいのでしょうか。いくつか対策はありますが、その中でも代表的なものを紹介しましょう。

部屋を冷やしすぎない

体温調節機能が衰えてしまうと体が冷えやすくなるというのは先ほど説明した通りです。暑いからといって冷房を聞かせ過ぎると、体温調節機能が狂い始めてしまい、だんだんと体が冷えやすくなります。

自律神経が体温調節をできる目安は5℃以内。そのため外の気温と部屋との温度差を5℃以内に抑えておきましょう。例えば外の気温が32℃なら、部屋の気温は27℃くらいが目安です。

冷たい飲み物を取りすぎない

冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまい、代謝が下がって体が冷えやすくなってしまいます。そのため、冷たい飲み物は控え、なるべく常温の水を飲むのが好ましいですね。

少量ずつ、ゆっくりと飲んでいきましょう。一気にたくさんの水を飲んでしまうと、むくみの原因となり、さらに冷え性が進行してしまうので注意してください。

足の筋肉を鍛える

先ほども説明した通り、ふくらはぎ付近は血流にとって非常に重要。そしてここを鍛えるのに最も効果的なのがウォーキングです。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy