ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェニファー・ローレンス、ロン・ハワード監督の伝記映画にゼルダ・フィッツジェラルド役で主演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジェニファー・ローレンスが、狂乱の20年代に生きた有名なソーシャライト、ゼルダ・フィッツジェラルドの人生を描く映画に主演する。

ロン・ハワードが、映画『Zelda(原題)』を企画しており、監督も務める可能性がある。ローレンスは、映画『ハンガー・ゲーム』のエグゼクティブ・プロデューサーで同作のプロデュースを手掛けるアリソン・シェアマーと再びチームを組むことになる。同作では、著名な作家F・スコット・フィッツジェラルドと結婚した後、夫が偉大なアメリカの作家のランクを駆け上がる一方で、ジャズ・ミュージックシーンで活躍を試みたフィッツジェラルドの姿が描かれる。

同作は、映画『Hacksaw Ridge(原題)』のブライアン・オリヴァーが、ローレンス、ジャスティン・チアロッチと共にプロデュースを手掛ける。エマ・フロストが脚本を執筆中で、オリヴァー率いる製作会社クロス・クリーク・ピクチャーズが出資する。

アカデミー賞にノミネートされた映画『ジョイ(原題)』に続き、ローレンスは、実在の人物を演じることに興味があるようだ。ローレンスは最近、アダム・マッケイ監督の映画『Bad Blood(原題)』で、ヘルス・テクノロジーと医療実験サービスを扱うセラーノス社の設立者エリザベス・ホームズを演じることが決まっている。また、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『It’s What I Do.(原題)』では、写真家のリンジー・アダリオを演じる。

ローレンスは、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによる映画『Passengers(原題)』でクリス・プラットの相手役を演じる。SFスペース・ロマンス作品である同作は、12月21日に米劇場公開する。また、ダーレン・アロノフスキー監督の最新作映画で、ハビエル・バルデムと共演することも決まっている。同作は2017年に公開する。

シェアマーは、プロデュースを手掛けた映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の劇場公開を11月に控えているほか、エグゼクティブ・プロデューサーを務めた映画『Power Rangers(原題)』、米テレビ局ABCによるリメイク版映画『ダーティ・ダンシング』が2017年に公開となる。

ローレンス、シェアマー、ハワードは、CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。フロストは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、ザ・ライターズ・カンパニーと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。