ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

炊き、ひとくち、鉄なべ 博多3大餃子を食べ尽くす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今夜はこの店ば、行くと?」──博多のタクシー運転手が笑顔をみせたのは、昭和29 年創業「旭軒」だ。鉄板で焼かれた餃子がパチパチと音を立てると、たちまち店内に漂う香ばしい匂い。屋台から60年以上続く老舗に親子4代で通う地元ファンも多いため、「私が店に入る前から食べよる人がいるから、 味ば変えられん」と語る、大将の松尾秀雄さん。

「旭軒」以外にも博多には、餃子の名店が軒を連ねる。餃子はそれだけ博多市民にとって、ラーメンや明太子と並ぶ馴染み深い食文化なのだ。開店前から行列ができる「博多 祇園鉄なべ」も、屋台時代から半世紀を刻んだ博多餃子の代名詞。鉄なべに隙間なくまん丸く並べられた餃子が運ばれると、歓声が沸く。

「こげん餃子がまぁるく並んどると、ケーキみたいでみんな喜ぶんよ」(女将の二田繁子さん)

 博多餃子の新顔は、「池田商店」の炊き餃子。歴史は浅いが、土鍋入りの熱々スープ餃子は、水炊きやもつ鍋など鍋文化が根付く博多で、早速ファンを増やしている。博多の餃子には温かい人情の味が詰まっていた 。

撮影■松隈直樹

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
小森純 餃子の王将・下北沢店の餃子を「ホッとする味」と絶賛
矢口真里 夫の「餃子食べたい」に張り切って作るとおのろけ
博多の屋台 独のグルメ誌編集長も「ファンタスティック!」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。