ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気の街・吉祥寺に選民意識感じる人や誇りに思う人々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宮藤官九郎は、この街の喫茶店をハシゴして数々の名作を世に送り出した。又吉直樹が芥川賞を受賞した『火花』の舞台もこの街。敬愛してやまない太宰治の住まいがあったから、又吉は上京した時、迷わずこの街を選んだ――。

 今年こそ恵比寿に明け渡したものの、10年間にわたって、東京の「住みたい街ランキング」の1位に君臨してきた東京・吉祥寺(武蔵野市)。そこは多くの人々の憧れの地、のハズだった…。

 吉祥寺が広く名を馳せるようになったのは、1917年。日本初の郊外型公園として『井の頭公園』が誕生したことから。高度経済成長期には、吉祥寺パルコなど次々とショッピングモールができていった。

 1937年に松本清張や山田洋次がひいきにしていた歌舞伎劇団『前進座』ができたのを皮切りに、ジャズ喫茶やライブハウスが登場。宮藤官九郎氏(46才)や西原理恵子氏(51才)、志茂田景樹氏(76才)など、文化人だけでなく、例えば小栗旬(33才)が「ぼくが好きだった場所を子供にも好きになってもらいたい」と『井の頭公園』について語るなど芸能人がフツーに暮らす街としても知られるようになった。

 武蔵野台地という自然豊かな土地に、古の文化と歴史が根づき、一方でおしゃれなカフェや雑貨店なども並ぶ。それゆえ納得の人気。しかし市内の公立小学校で教員をしていたA子さん(46才)がため息をつく。

「同じ武蔵野市内の『関前』から『吉祥寺東町』の小学校へ異動したのですが、保護者会や三者面談で“前の学校では…”と話を出した瞬間、“先生が前にいらっしゃったのは吉祥寺地区外ですからねえ”と遮られて…。ここは有名私立小…? とツッコミたくなるくらいの選民意識をバシバシ感じました」

 この『吉祥寺地区』とは、吉祥寺北・南・東・本町の4つの町に御殿山を足した地域を指す。いわゆる高級住宅地で、例えば家族向けの3LDKマンションの相場で比べると、その差は歴然。吉祥寺が約23万円なのに比べて、すぐお隣の三鷹では約18万円。山手線沿線の大塚でさえ17万円台なのに、である。

「特に吉祥寺地区の一戸建ては、同じ武蔵野市の別区域と比べて、保護者の職業に医師や弁護士、有名企業に勤めるかたが多く、明らかに学歴や年収も高かった。家の敷地面積も広くて、庭の手入れもしっかりされていましたねえ…」(前出・A子さん)

 東京・港区東麻布からこの地へ越してきて20年以上経つというB男さん(61才)は、「東麻布と同じにおいがする」と、ドンと胸を張る。

「子育てにいい環境を…と思って、緑豊かな多摩地区を見て回ったんだけど、もともと東麻布住民だったから、八王子はちょっとね…(笑い)。吉祥寺は街が洗練されているし、手入れの行き届いた一戸建てを見ても、一軒ずつが自信と地元への愛に満ち溢れていて安心感がある。“あっ、東麻布と同じにおいがする!”と今の住まいを即決したんですよ。多摩地区の中では群を抜いて素晴らしいし、クドカンのような有名人もここに住み続けていると聞くと、ものすごく誇らしいね」

 それだけに、「景観」には人一倍厳しい。2007年に起きた“まことちゃんハウス騒動”を覚えているだろうか。

 赤と白のビビッドなデザインが目を引いた漫画家の楳図かずお氏(80才)の自宅が、緑が多く白やベージュを基調にした外観の一戸建てが並ぶ吉祥寺地区の中で「景観が破壊される」「神経が参ってしまう」と住民から訴えられた。その後不当な内容として取り下げられたが、気まずくなってしまったのか、現在楳図氏は「まことちゃんハウス」には住んでいないという報道も…。

 そんな「地元愛」に引き気味の人も。吉祥寺界隈でたびたび「うつむいて歩いていた」と目撃情報が上がるお笑いコンビ・ハリセンボンの箕輪はるか(36才)だ。「私、吉祥寺に限らず普段から、そういう歩き方なんです」と苦笑い。とは言うものの、“吉祥寺ぎらい”について聞くと、テレビで見るより饒舌に語り出した。

「生まれ育ったのは同じ武蔵野市でも吉祥寺から30分離れたところだったので、その後吉祥寺駅前に引っ越した今は、なんだかこの界隈の人って『格上』だなあって気後れしています。

 家賃は高いし、買い物も高級スーパーの紀ノ国屋。たまに足を踏み入れても、ワンランク上のかたがたはこんな高級な調味料を…なんて思いながら眺めるだけで、結局何も買わずに西友の特価品を買って帰ります」

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
電車に乗り継いででも行きたい吉祥寺の美容室の客層は0~97才
「住みたい街」上位常連、吉祥寺、覚王山、西宮北口の魅力
首都圏の葬儀費用は平均256万円で近畿地区より40%高い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。