ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気のスポ根幼児園 川内優輝、武藤嘉紀、土屋太鳳らが卒園

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 運動会は年3回。朝のお迎えバスが到着する先は園舎でなくグラウンド──そんな“スポ根幼児園”が、入園キャンセル待ちが列をなすほどの人気だ。熱血指導の先生に食らいつき、泣きながら走る園児たち。正式名は「バディスポーツ幼児園」。1981年に鈴木威・園長(66歳)が設立した「認可外保育施設」だ。

 園児4人からスタートし、現在は都内4か所、神奈川3か所で開園。総勢1700人が通うマンモス幼児園となった。小学生などを対象にしたスポーツクラブも運営する。幼児園はどこもキャンセル待ち状態だ。幼い子供を相手にしたスパルタ教育の現場をジャーナリストの広野真嗣氏が取材した。

 * * *
 理屈はわかっても、その突き抜けた徹底指導についていけず途中でやめる人もいる。送迎バスの前で癇癪を起こして登園に抵抗する園児の姿は可哀想でもある。

 そうした指導法に世間の目が最も厳しくなったのは2012年、2歳の園児がプールで溺れ、救急車で運ばれる事故が起きた時。一時は入園希望者が急減したが、迷いながらも事故の翌年度入園させたのは、上の子を通わせていた“リピーター”の親たちだった。

 吉田千晴さん(39歳)もその1人。長男(小3)に続いて入園した次男が、来年卒園する予定だ。

「朝はあっちが痛いこっちが痛いと泣くけれど30分後には笑って走っている」

 自身も卒園生の小池安佐子さん(30歳)は2人の息子を通わせた動機を語る。

「スポーツに力を入れている他の園も見たけれど、大人になってまで幼稚園の思い出が残るきつさはなくて、物足りなかった」

“根性”を身につけた卒園生の活躍も目覚ましい。公務員ランナーの川内優輝(1993年卒)を筆頭に、ラグビートップリーグで活躍する須藤拓輝(1998年卒)やサッカー日本代表の武藤嘉紀(1999年卒)らアスリートだけでなく、NHK朝ドラで主演を務めた女優・土屋太鳳も小学生時代、バディの陸上クラブでスポ根を叩き込まれている。

 鈴木園長自身は中学・高校と陸上部に所属した。大学で体育教師の資格を取ったが、教師にはならず清掃会社を起業したビジネスマンの顔を持つ。園長が語る。

「子供を叱る近所の怖いオヤジがいなくなった今、親を鍛えないといけない時代です。泣いて登園を拒む子に対し、心を鬼にして園に置き去りにできる人は“厳しくて優しい親”。迎えに来たときには『今日もよく頑張ったね』と褒めてあげる。

 これに対して“甘くてあたる親”は無理はせず連れ帰る道すがら『泣かないって言ったくせに』と子供にあたってしまう。ゆとり世代の親自身が、自分に甘いのです。幼児期に子供の意思なんてない。親が覚悟を決めれば子供は諦めてやります」

 取材中、サッカークラブに通う小学生が父親と園長室に現れた。悪ふざけでガラス窓を割った謝罪と弁償のため、お年玉から用立てた金を手にしている。鈴木園長はこう説いた。

「父さんが働いてくるからお年玉をもらえる。ちゃんとここで父さんに謝れ、ばかやろう!」

 少年は正座し父に詫びた。

「お前が働くようになったら、絶対に親に返せよ。次はただじゃおかねえぞ」

 実は種がある。金は後でこっそり父親に返すのだ。父親と演じた芝居である。

「本人がお金を払う痛みがないとわからないから。もう2度とやりませんよ」

“怖いオヤジ”が幼児園の最大のコンテンツだ。

【PROFILE】広野真嗣(ひろの・しんじ)/1975年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。神戸新聞記者を経て、猪瀬直樹事務所スタッフ。2015年10月より、フリーランスのジャーナリストとして独立。

※SAPIO2016年11月号

【関連記事】
子供たちが泣きながら走る「スポ根幼児園」に入園希望者殺到
土屋太鳳 感動のマラソン激走を生んだ「スパルタ幼児教育」
福島 園児の被曝避けるため地面に座るのを禁止する保育園も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP