ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長 ポケットマネーで高須賞「ノーベル賞より健全」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は投票間近となったアメリカ大統領選やノーベル賞、そして「高須賞」について、お話を聞きました。

 * * *
──そろそろアメリカ大統領選も迫ってきましたね。ヒラリー優勢の情勢は変わりませんが、トランプ候補もまた少し支持率を回復しつつあるようです。

高須:大統領としての資質とか人間性っていう部分は、ひとまず措いとくとして、強いアメリカを求めるアメリカ人はやっぱり多い。田舎に行ったら特にそうだろうね。自国が強くて嬉しくない国民なんていないよ。

──たしかにその通りですね。

高須:ヒラリーさんのほうは、いろいろと問題が多いからね。私用のメールを公務に使っていた問題もそうだし、それにからんで犯罪行為の隠蔽があったみたいな話もある。はっきり言って、ヒラリーはいろいろと怪しい動きをしているわけだ。大統領になるんだったら、こっちのほうがヤバいかもね。トランプの場合は不適切な発言はあっても、政治家としてヘンなことをしているわけではないから。ここは重要な点だと思う。

 あと、報道なんかでも、トランプの発言ばかりがピックアップされて、それ以外の問題については、あまリ掘り下げられていない印象がある。特に日本国内だとその傾向は強いけど、アメリカでもそうなんだと思う。「私はトランプを支持しています!」って宣言すると、人間性を疑われるみたいなところもあるだろうしね。マスコミもなかなか「トランプ支持です!」とは言いづらいのかもよ(笑い)。

 でも、そういう意味だと、表向きはヒラリーを支持してるけど、実はトランプを支持しているっていう人は多いはず。都会のインテリ層でもそういう人はたくさんいると思う。表立っては言いにくいアメリカ人の本音を代弁しているわけだしね。だから、劣勢だと言われていても、いざ投票してみたらトランプ勝利っていうこともありうるんじゃないかな。

──さて、話は変わります。少し前ですが、今年のノーベル文学賞がボブ・ディランに決定しました。

高須:連絡を無視し続けるっていうのはカッコいいね。僕もやってみたい(笑い)。まあ、爆弾を作って得たお金でできた賞だから、反戦を歌うボブ・ディランが拒否するのも当然だ。ノーベル賞もちょっと権威的になりすぎてるのかもね。

──そして、院長も「高須賞」を作るとか…。

高須:そうなんだよ。ノーベルが爆弾のお金で「ノーベル賞」を作ったんなら、僕は美容整形のお金で「高須賞」を作る。ノーベル賞なんかよりも何倍も健全だよ。これなら、ボブ・ディランだって拒否しないと思うね(笑い)。

──ノーベル賞のように、遺産で賞を作るんですか?

高須:最初はそうしようと思ってたんだけど、弁護士や会計士に相談したら、遺産だとまず遺族が相続税を払って、そこから高須賞財団に寄付する形になって、そこでもう1回贈与税がかかるっていうの。そしたら、遺産よりも税金のほうが多くなっちゃうらしくてね。だから、遺産で賞を作るのはやめて、今すでに活動をしている「かっちゃん基金」のほうで始めることにした。

──その場合、税金はかからないんですか?

高須:かっちゃん基金は、完全に僕のポケットマネーだからね。ちゃんと税金を払って残ったお金で設立したもの。「高須克弥記念財団」もそう。あと、よく税金対策でいろんなところに寄付しているって言われるけど、それも間違いだね。僕は国や自治体、特定の公益法人というよりも、個人に寄付することがほとんどだから、所得控除の対象にはならない。完全にポケットマネーを出してることになる。

 ただね、西原(理恵子)が、高須賞第1号を狙ってるんだよ。これはもう渡すしかないのかな(笑い)。

──鳥取の地震発生直後にも1億円を寄付する準備ができたとツイッターでつぶやかれてましたね。

高須:ヘリを飛ばして救援物資を届けようかと思ったけど、救援が必要な地域もなかったし、要請もされなかったから。求められてもいないのに勝手に行くのはただの迷惑。ボランティアでも何でもない。

 でも、どんな状況になっても被災のために勉強ができなくなる子供が出ないよう、被災地支援のための1億円はすでに高須奨学金として確保してある。いつでも寄付できる状態になっているよ。

 僕の子供たちはみんな、僕より稼げるくらいのお医者さんになってるんだし、財産を残す必要もない。だから、僕のお金は自由に使うし、僕が助けたいと思った人を助ける。絶対にお金が必要なはずなのになかったり、何かを頑張りたいと思ってるのにお金がないせいで頑張れなかったりするのは、おかしいもん。僕のお金で幸せになる人がいるんなら、それはこれからもどんどん出していきますよ。

 * * *
 ポケットマネーで「高須賞」設立を宣言した院長。果たして誰が受賞するのか? 西原さんの受賞はあるのか? 気になるところです!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)など。


【関連記事】
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須克弥&西原理恵子が2人揃って熱愛宣言 すでに交際2年
高須院長 恋人の西原理恵子さんには整形も脂肪吸引も許さず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP