ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK有働由美子アナもイラついた幸せ自慢の年賀状

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《年賀状で幸せ自慢は、新年うざい人第一号!》
《家族のこと以外話題がない奥様もいるからね》

 10月19日に放送された『あさイチ』(NHK)で有働由美子アナ(47才)がぶっちゃけた本音に、ネット上で大論争が起こった。

 この日のテーマは「年賀状の家族写真」。年賀状に子供の写真を入れると「幸せの押し売り」「気を使えない人」と思われないかと悩む女性たちの声が紹介された。すると、井ノ原快彦(40才)がこう切り出した。

井ノ原「学生の時に彼氏を取られた人から“私たち結婚しました”みたいな(年賀状がきたら)」

有働「それは嫌だ! でも、相手の人がブサイクだった時に、“ああよかった、ざまあみろ”みたいな。そういう喜びはありますよね(笑い)」

 この発言に、スタジオは爆笑。ふたりはさらにこう続けた。

有働「あと、学生時代からすごく自慢しいだった人が、“私の息子は私立の○○小学校に入りました”みたいな、完全に自己アピールっていうのは…“はいはい”っていう」

井ノ原「それはちょっと…ね。“ウチすごいでしょ”系」

 有働アナに賛同する声が噴出する一方で、子育て世代の主婦や新婚夫婦からは、戸惑いの声も出ている。

《子供の写真入り年賀状を子供がいない友人に送るのは酷? 別パターンの年賀状を送った方がいい?》

《私は晩婚で、今まで友達夫婦の2ショットや赤ちゃんの写真を見てきて嫌だった。でも結婚した旦那さんは子供の写真を入れたいそう。どうしよう》

《子供だけの写真は意味わからないけど、家族写真なら目くじら立てなくてもいいのでは…》

 関西作法会会長の田野直美さんは、受け取る側の気持ちを大切にすべきだと話す。

「目上のかたやビジネス上の相手はもちろん、友人に対してもマナーからいえば気配りは必要です。受け取るのが子供に恵まれないかたであれば、子供や家族の写真を載せず、その話題には触れない方がいいでしょう」

 そんなに気をもむくらいなら、いっそ年賀状をやめてしまおうか…との声もあがるが、その際にもちょっとした気遣いがあると印象がいいという。

「やめる時は、理由を添えた上で“来年からはどなた様にも送らない予定でおりますので、今年で失礼させていただきます。”と一筆書けば誤解を招かずに済みます。最近は、プライベートでおつきあいのある人にはメールや電話で新年の挨拶を済ませるかたも多いです。お互いに気を使わず気持ちよくいられるなら、構わないと思いますよ」(田野さん)

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
作家・佐藤愛子 97~12年にコスプレ年賀状作成・初回はトトロ
爆笑問題事務所社長・太田光代 毎年数千枚以上の年賀状出す
携帯写真をお正月っぽくデコれる年賀状メールおすすめサイト

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP