ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

淡路島3年とらふぐ、山口のふぐ…2大ブランドの旨さに迫る!【関西・中国】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰もが憧れる冬の旬の食材、ふぐ。2大産地である兵庫県・淡路島と山口県では、ふぐのご当地ブランドがぐんぐんと進化を遂げています。

今回は、淡路島3年とらふぐ&山口のふぐが豪華共演!進化型の2大ふぐブランドと、それを味わえるお店をご紹介。

さらにじゃらん編集部が伝授するふぐ宿選びの極意も必見!これであなたも美味しいふぐを思う存分堪能できること間違いなしでしょう♪

さあ今すぐチェックして、美味なるふぐに会いにおでかけしましょう。

淡路島

両立したサイズと旨さ同様生産者の夢も膨らみ続ける。

淡路島3年とらふぐとは?

通常2年という生育期間を1年延長したふぐ界の大物。

潮流の速い鳴門海峡の影響を受ける福良湾沖で、通常よりも1年長く養殖される南あわじのブランドふぐ。1.2kg以上を対象とした3年とらふぐは大きくて旨みが濃く、水温の下がる冬はより一層身も締まる。

大きく育てた養殖ふぐで舌に見せるは天然の幻。

ふぐは大きいほど、絶品。その真説を淡路島から発信するのは、福良湾沖の生け簀で3年かけて育てられる約10万匹のふぐ。10月より順次出荷される頃には、たっぷりのイカナゴを餌に与えられて丸々と太り、身に甘い旨みもしっかり蓄える。サイズも旨さも一段とアップした3年モノは、天然に近い仕上がりとまで。

てっちり

身のハリは天然モノを彷彿。出汁の出るアラまで美味

部位によって食感や旨みも異なる

焼き

加熱してもぷりぷり。塩でどうぞ

てっさ

もっちり弾力があり、旨みの奥からは甘みが

食べられるお店はコチラ

11月~3月中旬にかけてプレミアムも登場予定。

絶景レストラン うずの丘

昨シーズンのプレミアム鍋コース一例

シーズン中はてっさや焼きふぐも追加できる、淡路島3年とらふぐの美福鍋コースが好評。今年もプレミアム版コースの販売を検討中だそう(要問い合わせ)。 絶景レストラン うずの丘

TEL/0799-52-2888

住所/兵庫県南あわじ市福良丙936-3(うずの丘大鳴門橋記念館2階)

営業時間/9時~15時30分(LO15時)

定休日/なし

アクセス/神戸淡路鳴門道淡路島南ICより2分

駐車場/150台(無料)

「絶景レストラン うずの丘」の詳細はこちら

こんなご当地メニューも

メイドイン淡路島を追求した新てっちり。

美福鍋

淡路島3年とらふぐをメイン食材に、出汁には地酒を用い、淡路島産レタスに包んで食べるなど、地産地消を徹底。宿&飲食店を合わせ、島内16カ所で提供中。

編集部より伝授【淡路島】ふぐ宿選びの極意

白子で贅沢するか、ご当地感を取るか。好みで選択すべし。

白子好きなら奮発してフルコース、淡路島限定のご当地グルメを楽しみたい人には美福鍋をおすすめ。淡路ビーフなども味わえる、欲張りなプランも魅力的。

今すぐ予約!編集部おすすめ淡路島のふぐ宿はこちら

山口

ブランド強化や技の全てに本場のプライドを垣間見よ。

下関ふく・萩の真ふぐとは?

下関ふく(とらふぐ)が王様なら萩の真ふぐは女王様と称す。

下関に集まるとらふぐは、最高級の食用品種。大型は体長70cm、重さ10kg近くあり、まさに王様サイズ。2~4月に漁の最盛期を迎える萩の真ふぐは全て天然。飴色の身が美しく、女王様と呼ばれる。

ダブルキャストで口福(こうふく)2倍ふぐ王国のシーズンを待て。

ふぐの本場といえば下関。明治時代にふぐ食が解禁されてからというもの、毒を処理する加工技術が発達。今では全国のとらふぐが下関に集まる。地元では縁起を担いで「ふく(福)」と呼び、技巧を凝らした飾り盛りもおめでたいモチーフばかり。晩冬には萩の天然真ふぐも旬を迎え、山口はダブルふぐ王国と化す。

菊盛り / 鶴盛り

(右)/下関の料理人が腕を振るう飾り盛りの主流は菊 (左)/トレンドは長寿や繁栄を祈る優美な鶴

こんなご当地メニューも【下関】

淡いピンクの萩焼にハートで福を描く新名物。

ふく恋盛り

下関に伝わるふく刺しの飾り盛りもまた、ハートフルに進化。大切な人への気持ちを表し、福をも招いてくれそうな「ふく恋盛り」は市内8カ所の宿や飲食店にて。

編集部より伝授【山口】ふぐ宿選びの極意

まずは本場の洗礼を。定番コースの流れに舌を任せてみるべし。

歴史ある本場の味は、定番料理にあり。初心者は迷わず、白子やヒレ酒までフォローしたフルコースを予約あれ。他、豪華な飾り盛りや朝食にふぐ料理が付く宿も。

今すぐ予約!編集部おすすめ山口のふぐ宿はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

地元民が通う!本当にウマくて安い店9選【東北】
ブランド牛なのにコスパ良すぎ!カレーライス&ハヤシライス4選【東海】
肉汁に悶絶!松阪牛、飛騨牛etc…1500円以下のブランド牛ハンバーグ【東海】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP