ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスパー・モリソン監修の日用品展「Chairs,Baskets+Books」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャスパーのサイン入り書籍も数量限定で販売

2016年10月28日(金)から11月6日(日)まで、東京・日本橋のマルニ東京にて「Chairs, Baskets + Books」が開催されています。

本展はMARUNI COLLECTIONのデザイナーのひとりであるJasper Morrison(ジャスパー・モリソン)氏が監修し、優れた日用品を集めて紹介するもの。ジャスパー氏の最新著書のほか、同氏の新作であるFLOSの照明「Superloon」、荒物問屋・松野屋の日用品を使ったインスタレーション、そしてマルニ木工の家具が展示されます。

展示会コンセプトの「Craft, Daily Life, Quality of Objects」はジャスパー氏自身とマルニ木工のものづくりにも共通するテーマ。人の手による仕事を感じられ、暮らしを豊かに美しくしてくれる道具たちが融合し、「用の美」を感じることのできる空間となっています。

会場ではジャスパー氏のサイン入り書籍(『Super Normal』『The Good Life』『A World Without Words』『A Book of Things(別冊和訳つき)』が数量限定で販売されるほか、最新著書の『The Hard Life』の予約販売が行われています。

国や分野を超えて同じ志でつながる日用品たちに出会いに、ぜひ訪れてみてください。

松野屋の荒物(ほうき、ちりとり、ざるなど)を使ったインスタレーション。製作したのはスタジオノート代表の寺山紀彦氏。

Chairs, Baskets + Books

会期:2016年10月28日(金)~11月6日(日) 10:00~18:00 ※会期中無休

会場:マルニ東京

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

新しいだけが価値じゃない、定番品の意味を考える「意味>新 imi-shin」展、開催中
JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2016開催中! OZONEには日本の伝統工芸が集合
SOMEWHERE TOKYOで「見えないもの、みえるもの」展、井上隆夫と寺山紀彦の新作登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP