ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サローネで話題を呼んだ皆川 明 × Kvadratを再現! ショールームにテキスタイルの森が出現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミラノサローネの展示を再現

2016年10月26日(水)から11月7日(月)まで、東京・青山のKvadratショールームにて「Akira Minagawa for Kvadrat in Tokyo」が開催されています。

デンマークのテキスタイルブランド・Kvadrat(クヴァドラ)とminä perhonen(ミナ ペルホネン)のデザイナー・皆川 明氏がタッグを組んだテキスタイルコレクション「Akira Minagawa for Kvadrat」を紹介する企画展です。

期間中、ショールームでは2016年4月のミラノサローネで展開されたインスタレーション「FOREST COMES HOME.」が再現され、見本市会場さながらの雰囲気でコレクションが展示されます。

コレクションは無地の「Forest Nap」、刺繍入りの「Stick Tree」、織りで幾何学的なパターンを配した「Crystal Field」、レースのようにパターンを織った「Frost Garden」の4種。それぞれ8~18色を展開しています。

繊細でしなやか、なおかつ深みの質感が本コレクションの特徴です。自然と暮らしの共存をテーマにしたというインスタレーションはまるでテキスタイルでできた森のよう。その心地よさと彩りをぜひ体感してください。

ミラノサローネ2016のインスタレーション

Photography by Patricia Parinejad

Akira Minagawa for Kvadratの「Stick Tree」。刺繍が施されています。

写真左:Akira Minagawa for Kvadratの「Stick Tree」

写真右:こちらはレースでパターンを織った「Frost Garden」

Akira Minagawa for Kvadrat in Tokyo

会期:2016年10月26日(水)~11月7日(月) 9:00~18:00 ※会期中無休

会場:Kvadratショールーム

展示アイテム:テキスタイルコレクション「Akira Minagawa for Kvadrat」

インスタレーション「FOREST COMES HOME.」

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

新しいだけが価値じゃない、定番品の意味を考える「意味>新 imi-shin」展、開催中
JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2016開催中! OZONEには日本の伝統工芸が集合
SOMEWHERE TOKYOで「見えないもの、みえるもの」展、井上隆夫と寺山紀彦の新作登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP