体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

働きながら世界一周!“リーマントラベラー”東松さんが語る「僕が旅に出る理由」

「海外旅行」は、多くのビジネスパーソンにとってなかなかハードルが高いものだ。「何年かに一度、夏や冬の長期休暇中にお金を貯めて行く」というスペシャルなイベントと位置付けている人が多いのではないだろうか。

しかし、広告代理店の営業として働く東松寛文さんは、平日は多忙な日々を過ごしつつも、頻繁に「週末海外旅行」を楽しんでいる。この10月からは毎週末海外に出かけており、12月までに全大陸制覇を目指しているという。

東松さんはなぜ、ここまで頻繁に海外旅行を続けているのだろうか?そして、仕事と両立するコツは?詳しく伺った。

f:id:itorikoitoriko:20161028163554j:plain

“リーマントラベラー”東松寛文さん

突発の一人旅で、「語学力がなくても海外旅行は楽しめる」と気づく

大学卒業後広告代理店に入社し、忙しい日々を過ごしてきた東松さん。毎日終電近くまで仕事をして、金曜日の夜は合コン、そして土日は平日やり残した仕事をする…という、彼いわく「社畜寸前」の生活だったという。

転機は、入社3年目の2012年のゴールデンウイーク。高校時代にバスケットボールに明け暮れていた東松さんは、「超レア」と言われるNBA(北米の男子プロバスケットボールリーグ)のプレイオフチケットを手に入れた。ただし、ロサンゼルス・クリッパーズが勝ち上がらなかったら無効、というものだった。

その後、仕事に明け暮れ、チケットの存在も忘れかけていたが、試合1週間前に思い出し慌てて確認したところ、同チームは見事勝ち上がり、日本時間のゴールデンウイーク中に試合が行われるとのこと。「試合が見られる!嬉しい!」と喜んだものの、試合日まであと1週間しかない。友人たちの連休の予定はすでに埋まっているし、ホテルや航空券も取れていない。結果、航空券だけをなんとか押さえ、ロサンゼルスに単身乗り込むことになった。しかし…。

「それまで海外旅行といえば、友人たちとツアー旅行に行ったぐらい。初めての一人旅でしたが、『地球の歩き方』(ガイドブック)が1冊あればなんとかなるだろうと思っていたんです。しかし…肝心の本を忘れたことに、機内で気づいたんです。自慢じゃないですが、TOEICスコアは400点台、英語力にはまったく自信がありません。これはマズイ…と青ざめました」

しかし、結果的に、東松さんは実に快適な旅行を楽しめたという。

空港に着き、とりあえず地図を買って、ホテルが多くありそうなエリアを確認。現地に行って「Ⅰwanna stay here!」とジェスチャーを交えて伝えたら見事通じ、ホテルに泊まることができた。そして、地図を見ながら試合会場の方面に行きそうなバスを探し、身振り手振りで周りに聞きながらもどうにか会場に到着。無事に試合を見ることができたのだ。

英語力も、知識も、土地勘も何もない。それでも旅が楽しめたんです。この経験で、海外はハードルが高いもの…という僕の『海外旅行に対する固定概念』がガラリと変わりました」

その際に印象に強く残ったのは、現地の人たちはみな17時ぐらいに仕事を終え、ビーチに出て遊んだり寛いだり、バーでワイワイ飲んだりして、それぞれのナイトライフを楽しんでいる、ということ。「日本だったら、17時なんてまだまだ仕事の真っ只中。こんな生き方もあるんだ」と驚かされた。

「スキあらば海外」のリーマントラベラー生活は、仕事にも好影響

f:id:itorikoitoriko:20161028163559j:plain

▲左上から時計回りに、ラオス、マイアミ、香港、キューバ。現地の人々と積極的に交流し、生き方に触れる

これを機に、「スキさえあれば海外に行く」という“リーマントラベラー生活”がスタートする。2013年以降は、3連休を中心に年8回ペースで海外にわたり、今年はすでに10回も海外旅行を楽しんでいる。10月からは「毎週末海外」を目指しているので、年末までには18回に増える見通しだ。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。