ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地取材】インドで沐浴は危険だ! と言われているが実際どうなのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドで沐浴するのは危険だとよく耳にする。その水質の悪さから、足をつけるだけでも腹痛などの体調不良はおろか、感染症のリスクが高まるとすら言われる。そこまで汚染した川や海とはいったい…。実際に足を運んでみた。

・ベンガル湾に浮かぶ半島へ
筆者が訪れたのは、インドのタミルナードゥ州に属する半島の町、ラメスワラム(Rāmeswaram)。インドの聖地とされる「四大神領」(チャトルダーマ)のひとつといわれる寺院があることから、年間を通して、多くの巡礼者が訪れる神聖な地だ。

朝日が昇るころベンガル湾で沐浴をし、そのあと徒歩3分圏内にある寺院へ参拝するのが、定番のコースという。そこでベンガル湾から徒歩5分ほどの宿に泊まった筆者は、朝6時に起床してさっそく海辺へ向かった。

・早朝とは思えないベンガル湾の光景
先述の沐浴を終えた人が参る寺院「ラーマナータスワーミー寺院(Ramanathaswamy Temple)」は、ヒンドゥー教の最高神シヴァにまつわる重要な聖地。海への道中にあったのだが、6時過ぎの時点で、すでにちらほら巡礼者の姿がみえる。

海に到着すると、すでに100人近くが沐浴していた。静かに一人で水を浴びる者もいれば、幼子の手をひいて沖へと向かう者もいる。だがその水は、“噂”どおり濁っており「よく入れるな」というのが筆者の率直な印象だ。しかし顔をしかめる筆者の目の前には、粛々と水で身体を濡らす者や、はしゃいだ様子で談笑しながら身を清める者が大勢いた。

・海にみるインドと日本の大きなギャップ
その瞬間、当然のことにあらためて気づいた。筆者が暮らす日本には海も温泉もプールもあれば、各家庭にバスタブ、少なくともシャワーか蛇口はある。しかし宗教観に基づいた日々を暮らす彼らにとっての沐浴とは、肉体の病の原因とされる、魂霊にしみついた罪穢をはらうための“儀礼”。それと同時に、居住環境に水源がない人にとっては、顔を洗い口をすすぐという“日常の一コマ”なのだった。

だからわれわれも沐浴をすべきという話ではない。免疫のない者がこの水にふれるのはおそらく、非常に危険だ。ただ「汚い」と避けて見向きもしなければ、インドという国が遠ざかる――そう感じた。この水は、そこで暮らす人々にとっての生命線なのだから。

もっと詳しく読む: インドで沐浴は危険だ! と言われているが実際どうなのか?(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/10/28/india-mokuyoku-column/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。