体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

効果的な疲労回復方法とは?寝る前にやってはいけない3つのこと

効果的な疲労回復方法とは?寝る前にやってはいけない3つのこと
なかなか体や頭の疲れが取れないと気ってありますよね。しっかりと寝ているし、甘いものを食べたりもしているのに、全然疲れが取れません。ですがその方法、本当に効果があるのでしょうか?

今回は疲労回復のメカニズムから、本当に効果的な方法まで紹介していきます。

要チェック項目

□甘いものだけを食べていてはダメ! ビタミンB1もしっかり摂取!

□質のいい睡眠をとるには、太陽の光が重要!

□寝る前にやってはいけない3つのこと 「スマホ・入浴・食事」

甘いものは疲労回復に効果がある?

効果的な疲労回復方法とは?寝る前にやってはいけない3つのこと
ご存じの通り、体のエネルギーになるのは炭水化物です。炭水化物が唾液や膵液(すいえき)に含まれるアミラーゼなどの消化酵素の効果によって糖に分解され、小腸から吸収。

その後血管などを通して体の各細胞へと運ばれ、エネルギーとして使われていきます。

ということは疲労回復のためには、糖分を摂取して新たなエネルギーを生産すればいいということですよね。

疲れた時に甘いものを取ると良いという話はよく聞くかと思いますが、これが大正解。特に糖分は炭水化物と違ってほとんど分解する必要がないので、より素早くエネルギーに変換されます。

しかし、1つ注意しなければなりません。実は体内に吸収された糖分を効率よくエネルギーに変換していくには、ビタミンB1が必要です。

つまり甘いものばかりを食べていても、効率よく疲労回復はできないということだったのです。それどころか変換しきれなかった糖分が疲労物質である乳酸に代わってしまうことも…。

世の中そんな甘い話はないということですね、とにかく、重要なのは甘いものだけを食べることではなく、甘いものと一緒にビタミンB1も摂るということです。

正しく栄養補給をして、効率よく体の疲労を取っていきましょう。

疲労回復には何が効果的?有効成分

では疲労回復に効果的な食べ物・成分を紹介していきましょう。

ビタミンB1

先ほど紹介したように、糖質・炭水化物をエネルギーに変換する働きがあります。また乳酸が体に蓄積されることを防いでくれる効果もあり、まさに疲労回復の第一人者のような存在ですね。

他にも中枢神経の働きを整える働きもあり、記憶力アップ・集中力アップにも期待できます。

ビタミンB1を多く含む食材としては豚肉(特にヒレ肉やモモ肉)が代表的ですね。炭水化物を多く含むお米とビタミンB1を多く含む豚肉は、実は栄養面でも相性が抜群だったのですね。

それ以外だと大豆や昆布もこのビタミンを豊富に含んでいます。

ビタミンB5

パンテトン酸とも呼ばれている成分で、ハチミツに豊富に含まれています。

どちらかといえば肉体的な疲労よりも精神的な疲労に効果的な食材で、ストレスへの抵抗力を高めたり、精神的な疲労の緩和してくれる働きがあります。

また三大栄養素といわれる脂質・糖質・たんぱく質を分解してエネルギーに変換する手助けをする働きもあるので、こまめに摂取したい栄養素ですね。

おすすめの食材はもちろんハチミツ。パンに塗っても良いですし、砂糖代わりに紅茶に入れてもOK。手軽にとれる疲労回復の救世主です。

クエン酸

クエン酸にはダメージを受けた細胞の修復をサポートしてくれる働きがあります。疲労とは一言で言っても、その原因によって体に起きている現象は様々。

具体的には、体が疲れている時は筋肉細胞、頭が疲れている時は神経細胞がダメージを受けている状態です。

そしてこのダメージを受けた細胞の修復には、アデノシン三リン酸(ATP)という成分が必要になるのですが、クエン酸にはこれを活性化させる働きがあるのです。

このように直接ではありませんが、クエン酸は間接的に疲労回復に一役買ってくれています。

また疲労物質である乳酸を分解・排出してくれる効果があるので、運動した直後などに摂取するとより効果的です。クエン酸はレモンやグレープフルーツなどの柑橘類、あるいは梅干しなどに豊富に含まれています。

特に脳の疲労には睡眠が不可欠

効果的な疲労回復方法とは?寝る前にやってはいけない3つのこと
食べ物を摂取して疲労を回復されるのもいいのですが、やっぱり1番の疲労回復方法は夜にしっかりとした睡眠をすることです。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。