ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRでリフレッシュできるって初めて知りました。表参道で森林浴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仮想現実(VR)のニュースをいろいろ耳にしては、「どうせ男性のものでしょ」って思っていました。

いままでは。

実際に体験してみると、これがあれば自宅にいながら森のなかでコーヒーを飲んだり、青く広がる海を見ながらビールを飲んだりできるんだなあ…とやりたいことが広がるばかり。

そんな素敵なテックフレンドリーの世界に導いてくれたのが、ボタニカルバスブランド「BOTANIST(ボタニスト)」が実施している体験型イベント。

青山通りにあの「恋のトンネル」が出現

写真/Shutterstock

「恋のトンネル」として有名な、ウクライナにある緑のアーチ。恋人と手をつないでトンネルを歩けば、願いが叶うというジンクスもあり、世界中から恋人たちが訪れる人気スポットでもあります。

この「恋のトンネル」がCOMMUNE 246に出現。仮想デートを体験できるというイベントです。

さっそく、ブースに入ってVR端末を頭に装着。一気に街の喧騒から、静寂な森のなかへ引き込まれます。

上を見上げると、木々の間からのぞくキラキラとした木漏れ日が。横を向けば、どこまでも続く深い森が見えます。

この森の道案内をしてくれるのは、ウクライナの美男 or 美女(男性客には”美女の彼女”が、女性客には”美男の彼氏”が登場する設定)。

プレスで体験できるのは”美女の彼女”だけだったので、女同士のデートという奇妙なかたちになってしまったのですが、線路の上を歩いたり、「私を見つけて!」と隠れた彼女を探したり、ドキドキの森林デートを体験することができました。
通りから体験している様子を見ることもできます

じつはVRを体験したのはこれが初めてだったのですが、視覚だけではなく、聴覚・嗅覚にも働きかける仕掛けになっているので、思った以上にリアル!

体験したのはほんの数分と短い時間だったのですが、本当に森に行ってきたかのような、清々しいリフレッシュした気持ちになれる場所でした。

NEW RRODUCT LAUNCH PARTY “恋のトンネル”を体験しよう!

日程:2016年10月28日〜10月30日(日)

場所:COMMUNE246

取材・文/グリッティ編集部

■ あわせて読みたい

何着たらいいの? 中途半端な時期にこそ着たいアウトドアアウター
パンチ効いてるね。KENZO×H&Mのランウェイがディスプレイに
休日のひとりブランチ。そして美肌になる
コスプレなんかじゃもの足りない。どうせなら本気のハロウィン
ハロウィンに本気を出すNYのおばあちゃん
「いま買うでしょ」決めたら、徹底的に買うサンフランシスコ女子
東京。自分に意思があれば思っいきり楽しめる #ちゅうもえ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP