ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地獄のアイランド! トム・ヒドルストン主演『キングコング 髑髏島の巨神』衝撃の特報映像解禁で巨大なコングが登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月28日のゴリラの日に合わせて『コング:スカル・アイランド(原題)』の日本公開タイトルが『キングコング:髑髏島の巨神』に決定。秘密のベールに包まれていた巨神の姿を目撃できる、度肝を抜くスケールが伝わる特報が解禁となった。


あらすじは、未知なる生物を発見するため、謎の島に派遣された調査遠征隊。だが、その島は人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ》だった…。というもの。

今回解禁となった特報映像は、”人類立ち入り禁止”のテロップに重なって、3機のヘリコプターが島へと向かうシーンから始まる。ヘリから身を乗り出した隊員は、岩壁には血塗られた巨大な手跡に目を見張る。瞬間、一機のヘリが地上から放たれた椰子の木によって撃墜!やがて地上に降り立った隊員たちは”髑髏島の巨神”=王者キングコングと対峙することに…。32秒の特報ながら衝撃的な映像だ。

人類が決して足を踏み入れてはならない髑髏島の巨神=モンスターの王者キングコングは、2020年には、日本が生んだキング・オブ・モンスターである”GODZILLA(ゴジラ)”と”神”対決することも発表されている。邦題のロゴデザインが古き良き怪獣映画を思わせる

また出演陣には、調査遠征隊のリーダー・コンラッド役をトム・ヒドルストン(『マイティ・ソー』シリーズ)、戦争写真家ウィバー役をブリー・ラーソン(『ルーム』アカデミー賞®主演女優賞受賞)、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリーらが豪華共演。そして、映画界注目のジョーダン・ボート=ロバーツ監督がメガホンをり、『GODZILLA ゴジラ』(2014)、『パシフィック・リム』(2013)で世界に旋風を巻き起こすレジェンダリー・ピクチャーズが製作を担う。2020年、キングコングとの究極の怪獣対決に向けて、巨神の覚醒に期待は高まるばかりだ。

日本の特撮怪獣映画を彷彿とさせる邦題ロゴデザイン。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』は、2017年3月25日(全米は3月10日)日本公開

関連記事リンク(外部サイト)

日本人フードファイター、小林尊が「ヤギの丸焼き」18kgを12分間で平らげる 約100年間優勝できないシカゴ・カブスの「ヤギの呪い」を解く!
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
復活した浜田と小室「WOW WAR TONIGHT」に社畜が感動の嵐 「歌詞が泣ける」
実録!米史上最大の汚職を招いたFBI捜査官とギャングの「秘密の協定」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載②】
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。