ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川本真琴、初のピアノ弾き語り&セルフカバー盤より「愛の才能」と「fish」の先行試聴がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

川本真琴のデビュー20周年記念となる初のピアノ弾き語り&セルフカバーアルバム『ふとしたことです』の先行試聴音源が公開された。

本作は代表曲である「愛の才能」や「1/2」から、インディーズの活動を繰り広げる中で生まれた名曲「アイラブユー」「gradation」、そして今回のアルバムのために書き下ろした新曲「ふとしたことです」などが収録されている。

今回の先行試聴では「愛の才能」と「fish」を先駆けて公開。高音質でとらえられ、ジャジーなアコースティックサウンドによって生まれ変わった往年の名曲「愛の才能」、そして沢田穣治のオーガニックで浮遊感にみちたアレンジによって原曲の印象を一変させた「fish」の2曲で、オトナな川本の歌声の片鱗を体験してみよう。

また、同時にアルバムジャケットと新アーティスト写真も公開された。ジャケットをはじめ、アルバムアートワークの写真はすべて写真家の川島小鳥が撮影した美しい写真となっているので、こちらも期待して待っていてほしい。

「愛の才能」先行試聴映像
https://youtu.be/BuUlSPyM6Ow

「fish」先行試聴映像
https://youtu.be/XZu5MRqAmPE

アルバム『ふとしたことです』
2016年11月23日発売

COCP-39770/¥3,000+税

<収録曲>

1.アイラブユー 

2.fish 

3.愛の才能 

4.gradation 

5.OCTOPUS THEATER

6.ドーナッツのリング 

7.やきそばパン 

8.タイムマシーン  

9.ふとしたことです(新曲)

10.1/2

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。