ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

いまや小学生だけのものじゃない!“大人向けランドセル”が本気でカッコイイ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:ponparemall:20161027120948j:plain

「ランドセル」というと、小学生限定のカバンというイメージが強いですが、ここ数年“大人向け”が登場し、人気を集めています。毎日使っても壊れにくい耐久性、書類やパソコンを入れやすい箱型の設計、使うほどに味が出る革の風合いのよさが、再認識されているようです。今、知っておきたい“大人のランドセル”をご紹介します。

ビジネスマンが持ちたい“大人のため”のランドセル

大人向けランドセルブームの火付け役といえるのが、革鞄を手掛けている土屋鞄製造所が2015年11月に発売した「OTONA RANDSEL」。発売後、即日完売となり話題を集め、その後も再販の度にすぐ売り切れてしまうほどの人気を博しています。

f:id:ponparemall:20161027121012j:plain

それだけ多くの人が手に入れることを願っている「OTONA RANDSEL」の魅力は、どこにあるのでしょうか。

50年間、職人の丁寧な手仕事によってランドセルを生み出してきた土屋鞄製造所だからこそ追求できた機能性と、大人が持つにふさわしい洗練された佇まいにあるといえるかもしれません。

たくさんの教科書を入れて背負っても負担がかかりにくいランドセルの工夫は、「OTONA RANDSEL」にも取り入れられています。背中にフィットする背面のふくらみ、手縫いで補強された肩ベルトや背カン(肩ベルトと本体の装着部分)などは、経験とノウハウがあってこそ。

f:id:ponparemall:20161027121024j:plain

機能性を重視しながらデザインにも手を抜いていません。装飾を削ぎ落としたスマートさは、スーツ姿で背負っても違和感がなく、リュックスタイルでありながら上品な印象になるから不思議です。

「OTONA RANDSEL」は、使っている革が異なる2タイプ、2色ずつ展開しています。

f:id:ponparemall:20161027121037j:plainf:id:ponparemall:20161027121040j:plain

ビジネスシーンにマッチするシャープな印象のヌメ革製「001」

f:id:ponparemall:20161027121219j:plainf:id:ponparemall:20161027121206j:plain

上品な艶とやわらかさのあるイタリア革製「002」

次回の再販売は2016年10月29日を予定しているとのこと。気になる人は、公式サイトから「販売お知らせメール」を登録しておくとよさそうです。

OTONA RANDSEL/各100,000円(税込)

画像提供:土屋鞄製造所

「OTONA RANDSEL」公式サイト

個性的で遊び心のある“大人子ども兼用”ランドセル

革鞄メーカー・ヘルツのランドセルは、“子どもも大人も使える”がコンセプト。年齢に関係なく使えるデザイン、子どもが大人になっても使える丈夫さが特徴です。

f:id:ponparemall:20161027121310j:plain

一般的なランドセルと印象が違うのは、フラップ(カブセ)でカバン全体を覆うのではなく、半分だけ覆い2本のベルトで留めているから。ハードさとレトロ感が同居したデザインは、ビジネスでもプライベートでも活躍してくれそうです。植物タンニンなめしのオリジナルレザーは、使えば使うほど深みを増してくるところも魅力。

ランドセルならではの機能性も充実しており、A4クリアファイルが収納できるサイズです。カラーは写真のキャメル以外にも、チョコ、黒、グリーン、赤から選べます。

f:id:ponparemall:20161027121344j:plain

縦型ランドセル・玉縫い/59,400~61,560円(税込)

画像提供:ヘルツ

ヘルツ公式通販サイト

どこか懐かしい雰囲気がある“素朴系”ランドセル

東京・吉祥寺に店を構える帆布と革の鞄メーカー・グーワタナベでは、「大人用のランドセルはない?」というお客さんからのリクエストに応えて「大人のランドセル」を完成させたそう。

日本製の牛革で作られたランドセルは、少しへたったキャメルの風合いが温かさややわらかさを感じさせます。

f:id:ponparemall:20161027121509j:plain

フラップの内側に3つのポケットがついているところがほかのランドセルにはない特徴で、使い勝手もよさそうです。大人向けにさらなる機能を追加した…というところでしょうか。

普段はカスタム料(通常価格の10%)がかかる黒革バージョンのランドセルが、開店30周年を記念して、今だけ通常価格で注文ができるそう(2016年12月20日18時まで)。スタイリッシュなランドセルを背負いたい人は、要チェックです。f:id:ponparemall:20161027121452j:plain

大人のランドセル/54,000円(税込)

画像提供:グーワタナベ

グーワタナベ公式サイト

(今回紹介した商品)

OTONA RANDSEL/各100,000円(税込)

「OTONA RANDSEL」公式サイト

縦型ランドセル・玉縫い/59,400~61,560円(税込)

画像提供:ヘルツ

ヘルツ公式通販サイト

大人のランドセル/54,000円(税込)

グーワタナベ公式サイト

取材・文/有竹亮介(verb)

関連記事リンク(外部サイト)

水中撮影をカッコよく撮ろう! 水中カメラマンおすすめ「防水カメラ」4選!
友人に配りたい♪ 簡単キットで作る  かわいい手作りハロウィンスイーツ
足からアンモニア臭が…! 「しつこい足のニオイ」対策術

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。